年明けうどん

 今年の暮れは、「年明けうどん」の話題を、テレビや新聞でよくみかけます。そういえば去年の暮れから今年のお正月にかけて、ちらりと見かけたようなと想い出しました。
 それもそのはずで、「さぬきうどん振興協議会」が普及運動を始めて 2年目というのですから、記憶は正しいのでした。
  2年目で、稲庭うどん協同組合も参加したり、ダイエー、セブンイレブン、日新食品等が力を入れた販売キャンペーンをするなど広がりを見せているようです。
 
幸せの「年明けうどん」食べてみる? : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 紅白に彩ったうどんを食べて新年を祝おうと、香川県の製めん業者らでつくる「さぬきうどん振興協議会」が始めた「年明けうどん」が、2年目で全国に広がる勢いだ。
 うどん店や製めん業者だけでなく、スーパーやコンビニチェーンなどが賛同して、新商品も発売される。「ゆくゆくは年越しそばと並ぶ国民的行事に」との声も上がっている。
 年明けうどんは、うどんの消費拡大を図ろうと同協議会が昨秋、提唱。梅干しやエビ、赤いかまぼこなどをうどんにのせ、元日から1月15日の間に食べてその年の幸せを願う、と定義している。今年1月は同県内の約50店が提供した。
 同協議会は7月、「年明けうどん」を商標登録。ロゴもデザインして全国に無料で使用を呼びかけたところ、42都道府県の約280業者から使用申請があった。

 秋田県稲庭うどん協同組合(19社)は1月に都内であるイベントで、赤いかまぼこをのせて提供する計画で、「うどんどころが手を取り合い、新しい試みを成功させたい」としている。

 一方、スーパーのダイエーは、容器入りの商品を1月1~15日に全国の直営店で販売。セブン―イレブン・ジャパンは元日から期間限定で、梅干しを添えたカップめんや生めん調理セットを売り出す。日清食品は今月21日、梅干し入りカップめん「日清のどん兵衛 年明けうどん」を発売した。

 同協議会は「消費低迷の中、開発費をかけずに新商品が出せる点も歓迎されたのでは」と、さらなる普及に期待している。




 うどんは、太くて長いことから、古来より長寿を祈る縁起物として食べられてきたのだそうで、「年明けうどん」は、純白で清楚なうどんを年の初めに食べることにより、その年の人々の幸せを願うものなのだそうです。
 年明けうどん:さぬきうどん振興協議会

b0055292_11215475.gif 食べる時期は、お正月から、15日までの間なのだそうで、赤い色のものをトッピングして食べるということです。赤い色のものなら何でもよくて、蒲鉾、梅干し、明太子、エビの天ぷら、金時人参のかき揚げなどがレシピで紹介されています。


 景気の活性化には、新規需要や、新規用途開発が唱えられていますが、「年越しそば」→「年明けうどん」の着眼の成功は学ぶべき発想で、更なる拡大を祈っています。今年は我が家でも、「年越しそば」と「年明けうどん」の両方を用意しました。 (^-^)
 来年もいい年でありますように。


b0055292_11411575.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2009-12-31 11:45 | 気になる話 | Trackback
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/12588798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 日本の商社がアフリカ進出に本腰... ボーイング787 ようやく初飛行 >>