インターネット広告が初めて新聞広告を上回った

 インターネット広告が初めて新聞広告を上回り、テレビに次ぐ「第2の広告媒体」となったのだそうです。
 2009年の日本の広告費は 5兆9222億円で前年より11.5%減ったのですが、ネットは1.2%増の7069億円となり、新聞の6739億円(前年より18.6%減)を上回ったということです。
 
asahi.com(朝日新聞社):ネット広告、新聞抜き2位に 総広告費は最大の減少率 - ビジネス・経済

 2009年の日本の広告費は5兆9222億円で前年より11.5%減り、調査を始めた1947年以降で最大の減少率となった。インターネット広告が初めて新聞広告を上回り、テレビに次ぐ「第2の広告媒体」となった。
 電通が22日に発表した。金融危機後の企業業績の悪化を受け、広告費全体が2年続けて前年を割り込むなか、ネットは1.2%増の7069億円。前年より18.6%減った新聞の6739億円を上回った。01年以降、ネットは伸び率で2けた以上の急成長を続け、06年に雑誌を逆転。近年は検索サービスや携帯電話向けが広がり、最大の広告媒体であるテレビの1兆7139億円(前年比10.2%減)の4割ほどに成長した。休刊が多かった雑誌は前年の約4分の3の3034億円に縮小した。
 業種別に広告費をみると、テレビ、新聞、雑誌にラジオを加えた「4媒体」では、21業種のうち20業種で前年より減った。増えたのは、衆院選関連の広告が寄与した「官公庁・団体」だけだった。(伊藤裕香子)


 インターネット広告が増えた理由は、安価であることも大きな理由ですが、広告に使用されているデータベースを活用した技術の発展による、広告元と顧客との関連を絞り込んだ、有効な広告が実現されるようになったことが大きいといえます。
 それと、ロングテールといわれる、ニッチで小規模・多品種の業態でも広告が出せるハードルの低さによる、テレビや新聞にはない新規顧客層の参入が上げられます。

 新技術で画期的なものとは、既に日々体験されていることですが、いくつかあげてみます。
 まずは、Amazonに代表される「リコメンテーション(お勧め)機能」があります。「この商品を買ったユーザーはこんな商品も買っています」という「強調フィルタリング」という手法を使います。購買履歴が似た人は興味・関心が似ていることから推奨商品を割り出しているのです。

 次に実現されているものに「パーソナライゼーション」があります。昔、「ワンツーワンマーケティング」と言っていたものの流れといってよいでしょう。会員登録情報や、Cookiの情報を基にした顧客動向分析から、ユーザー毎にコンテンツの表示を変えたり、画面表示するバナー広告の内容を変えたり、メールで案内する商品の内容を変えたりするものです。

 これは更に、「行動ターゲティング広告」と呼ばれるものに進化してきています。
 ユーザーのWeb上での行動履歴に、年齢、性別、居住地などの「属性」を加味して分析しより精度の高いパーソナライゼーション化を実現し、ターゲットの潜在顧客を絞り込んだピンポイントの効率のよい広告を実現させるというものです。ユーザーの未来の購買に対する広告が出来るといえます。
 また、広告の場所を、ユーザーのコミニティの中に無限に拡大されるアフィリエイト広告も、多くのblogで見かけるようになってきました。
 企業が、商品単位にblogを立ち上げて、企画から商品の上市までのストーリーを描くなどの広告も見られます。

 厳しい経営が迫られる中で、効果のある投資として、技術の更なる進化とともに、今後もインターネット広告やマーケティングは注目されていくことでしょう。

 それに引き換え、20%近い広告収入が減った新聞社、購読料がなく広告料収入に頼る民放テレビ局(約10%減)は、大変ですよねぇ。


b0055292_13433.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。


b0055292_162198.jpg
 

[PR]
by yuji_oga | 2010-02-23 01:10 | 気になる話 | Trackback
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/12886576
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「明治神宮前」駅が、「明治神宮... 長崎の鮮魚を上海へ輸出 >>