津波被害で漂流するガレキは太平洋を漂い続ける

 b0055292_22163832.jpg津波の引き波で太平洋に浮かんでいるがれきは、太平洋を漂いハワイへは、1年後と、5年後に流れ着くのだそうです。
 海に流れ出た屋根に乘っていて、4時間後に携帯の明りを振る嫁・姑の二人を津波で沖合に避難していて港に戻る漁船がみつけて救出したケースが報道されていました。犬は 3週間後に発見救出されていましたね。

 東日本大震災:屋根に漂流4時間…携帯の光、漁船が気付く - 毎日jp(毎日新聞)

 流れ出た屋根やがれきは沈まないものは何年も漂流するものなのですね。一寸驚きですし、ハワイには天災とはいえご迷惑をおかけします。
 1年後、5年後に忘れないように備忘録として転載させていただきます。

 
漂うがれき、1年後にハワイ到達 - goo ニュース

 東日本大震災の巨大津波で海に押し流された家屋やタイヤなどのがれきが、1年後にハワイ諸島に漂着することが、米ハワイ大学を拠点とする日米共同研究機関、国際太平洋研究センターの予測でわかった。

 海流や過去に設置した観測用ブイの動きなどをもとにコンピューターで予測した。
 その結果、がれきは太平洋北西部に広がった後、東へ進み、一部がハワイ諸島の海岸に打ち上げられることが判明。2014年3月にはカナダ・バンクーバー付近から米西海岸に漂着する。大半はカリフォルニア沖の海流に乗って向きを変え、16年春ごろ、再びハワイ周辺に達するという。
 同センターは「ハワイには来年より5年後の方が、多くのがれきが流れ着くだろう」と分析している。


 沿岸や港のの海底に沈んだものも多く、こちらの撤去には多くの時間と労力(お金)がかかりそうです。
 地域の漁業、水産物加工業の復興に、お役にたてることは義捐金くらいしかみつかりませんが、わずかづつですが継続したいとおもいます。


b0055292_22184826.jpg


今日は何の日

↓よろしかったら、お願いします。


写真素材 PIXTA


Fotolia

[PR]
by yuji_oga | 2011-04-14 22:20 | 気になる話 | Trackback
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/15266785
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ソニー 外部からの攻撃で情報漏洩 BRICS首脳会議開催 >>