パン食は60代が一番多い

 パン食を年代別に見ると、60代の女性が最も多いのだそうです。
 洋食に馴染みだした世代で、調理が簡単なことが理由なのだそうな。
 
パン食、60代が最多 「ほぼ毎日」男女とも4割  :日本経済新聞


製粉協会など調べ、20代は2割弱

 最もパンを食べているのは60代女性――。製粉協会(東京都中央区)と製粉振興会(同)が実施した「小麦食品にかかわる生活者調査」でこんな結果が出た。ベテラン主婦らの間でも、調理に手間をかけたくないという心理がパン食に向かわせているようだ。
 2010年9月と11年2月に、20~60代の男女約3万4千人の食生活を調べた。食パンを食べる頻度を聞いたところ、世代・性別で60代女性の42%、60代男性の40%が「ほぼ毎日」と最も高かった。一方、20代の男性と女性はともに2割に満たない。若者より中高年、男性より女性の方がパンを食べる頻度が高かった。
 調査を担当した博報堂の南部哲弘さんは「パンは基本的に調理が簡単。しかも今の60代は洋食に慣れ親しんでいる。家事の面倒さがパン食を後押ししているのでは」と話す。朝食を自分で調理している人の比率をみると、60代女性は9割にのぼる。20代男性は3割。自炊する率は上の世代ほど高く、比例してパン食が多いことが分かった。
 若い世代は外食や買ってきたもので食事を済ます傾向があり、特に20代男性はラーメン、20代女性はパスタを食べる頻度が高かった。


 女性が男性より 2%多いところも気がかりですが、夫婦で別々の食事をしているということでしょうか。独身・単身か同居かは不明ですが。自炊とパン食が比例するということは、手間いらずが連動しているせいだと。
 若い人は外食や買ってきたもので、麺類が多い。パンを含めた小麦食品の中の順位で、朝昼晩の3食が対象なのでしょうか?お米とか、シリアルとか、小麦食品以外は集計対象外?

 小麦が高騰する中で、脱小麦で国内で自給できるものとして米粉への移行が注目されていますが、パンは米粉パンが普及し始めていますね。パン食党ではない私でも、もっちりしていて小麦のパンより美味しいと思って、普及を願っています。
 米粉の麺となると、ビーフン、フォー、ライスヌードルが思い浮かびますが、たべた~いと言う気がそそられませんね。
 米粉麺のチャレンジは見かけますが、若い人に多いと言う、ラーメンやパスタ用はあまりみかけません。
 脱小麦の角度で観ると、パン食は米粉パン(炊飯器で自宅でも出来る)に移行可能な部分がありそうですが、若い人のラーメンやパスタの移行は難しい...。
 米粉の方が低吸油でヘルシーなのだそうで、人に必要なアミノ酸のバランスが優れているのだそうです。米粉の麺の開発で多く見かけるのはうどん。
 東海農政局/米粉の麺への利用

 お昼にうどんを頻繁に食べている私としては、是非試食してみたいです。


b0055292_23391387.jpg

  ↑ フレンチラベンダー


今日は何の日

↓よろしかったら、お願いします。





Fotolia

[PR]
by yuji_oga | 2011-07-24 23:42 | 食の安全保障 | Trackback
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/15998579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 米国債の長期格付格下げ ボーイング787 やつと飛来。... >>