液晶 日の丸連合軍は韓国から王座奪還できるのか

 かつて日本が世界をリードした「液晶」を、韓国に負場割れ薄型テレビを撤退するメーカーが出てきていますが、経産省が後押しして、ソニー、東芝、日立製作所の3社が“日の丸連合”を結成し復活を目指すのだそうです。
 
打倒韓国、液晶“日の丸連合” 前途多難の再生モデル(産経新聞) - goo ニュース

 かつて日本のお家芸だった「液晶」の復活を目指し、ソニー、東芝、日立製作所の3社が“日の丸連合”を結成した。スマートフォン向けなど市場が急拡大する中小型液晶パネル事業を統合。官民ファンドの産業革新機構も出資し、「ジャパンディスプレイ」を来春に立ち上げる。「過剰プレーヤーによる国内予選で疲弊し、韓国や台湾などの海外勢に出し抜かれる」という日本の産業全体が抱える課題を克服する再生モデルとなれるのか。

 ■官主導プロジェクト


 「
中小型は日本メーカーに技術的優位性がある。成長投資の千載一遇のチャンスだ

 新会社設立の立役者となった革新機構の能見公一社長は8月31日に開かれた発表会見で、「世界を代表するディスプレーメーカー」の誕生を宣言した。
 先端技術の事業化や大手企業の国際競争力強化を目的に平成21年に発足した革新機構は、新会社にこれまでの最高額の2千億円を投資。うち1千億円を投じて最先端の生産ラインを新設する。金融機関から調達した資金には政府保証が付く。新会社が立ちゆかなくなれば、国民負担となる“
国家プロジェクト”だ。
 交渉関係者によると、昨年春ごろに機構が統合を持ちかけ、交渉がスタート。日立が何度か離脱するなど難航したが、何とか合意にこぎ着けたという。
 「
技術では優れているのに多数の会社が国内市場を食い合って疲弊し、大型投資に踏み切れなかった
 機構を所管する経済産業省の幹部は、日本の液晶産業が凋落(ちょうらく)した原因をこう指摘する。

 韓国では、アジア通貨危機を契機に政府主導で業界再編を進め、サムスン電子とLG電子の2強に事業を集約。巨額投資による物量作戦で価格競争力を強めてきた。友達光電や奇美電子などの台湾メーカーも、下請けに徹する生産受託方式で台頭。薄型テレビ向けパネルの世界市場では、韓国・台湾勢に完全に主導権を奪われた。

 ■中小型は最後の砦


 「
投資を継続しないとリーディングポジションを維持できない」(東芝の佐々木則夫社長)
 「
国内の競争で消耗していては海外勢に勝てない」(日立の中西宏明社長)
 危機感を強める日本勢にとって、スマホやタブレット型端末向けに市場が拡大する中小型パネルは世界市場で4割近くのシェアを握る“最後の砦(とりで)”だ。「事業再編に動くぎりぎりのタイミング」(経産省幹部)という官の焦りも、3社の背中を押した。
 米ディスプレイサーチによると、3社合算の昨年の中小型パネルの世界シェアは出荷ベースで21・6%。14・8%のシャープを抜き、世界首位に躍り出る。
 ただ、日の丸連合の内情は、とても一枚岩とはいえない。2年越しの交渉にもかかわらず、新会社の社長ら役員人事のほか、3社で計6カ所ある工場のどこに新ラインを設けるかなどの重要課題は白紙状態で決まっていない。
 今後の成長を左右する高精細な有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)の開発でも、製品化で先行するソニーは「技術は新会社に移さず、技術協力で対応する」(吉岡浩副社長)とガードを固める。
 3社をまとめる革新機構の役割は大きいが、「高邁(こうまい)な理想を掲げるだけの官製ファンドに主導権争いを抑えつけるのは無理」(民間投資ファンド)と冷ややかな声も聞こえる。
 しかも日の丸連合には、重要なピースが欠けている。中小型パネルで現在、世界首位のシャープだ。


 ■孤高シャープに不安


 革新機構の能見社長は「最初から3社だけで話をしていたわけではない」と、シャープへの統合参加打診をにおわせた。
 だが、シャープは主力拠点である亀山工場(三重県亀山市)で、大型パネルの生産を大幅に縮小し、中小型への生産シフトを強めている。さらに、「iPhone」や「iPad」を擁する米アップルから投資を受け、中小型パネルを大量供給する交渉が進んでいるとされる。
 “液晶のシャープ”の自負もあり、単独での勝ち残りを目指すことにしたが、アップルとのタッグはもろ刃の剣でもある。業界関係者は「
アップルに生殺与奪権を握られ、下請けになり下がるリスクが拭えない」と懸念する。
 「
官が肩入れする3社連合が、日本の液晶産業をリードしてきたシャープをたたきつぶすようなことになれば本末転倒」(アナリスト)
 “液晶ニッポン”復活の前途は多難だ。(古川有希)


 技術では負けていないが、国内の消耗戦で、韓国勢の投資競争に負けたとのことで、スマホやタブレット型端末向けに市場が拡大する中小型パネルの最後の砦を死守・復活を期す戦略だとのことです。

 話を聞いて、日本の復活・巻き返しに官民あげて取り組むとは、素晴らしいと喜んでのですが、どうやら一筋縄ではいかない様子。
 先ず一つは、総論賛成で、3社の連合はなったものの、工場や社長など具体的にはまだなにも決まっていない。
 2つ目は、トップメーカーのシャープが不参加で、独自路線で進もうとしている。3社月山での世界シェアは21.6%になるそうですが、シャープ単独でも14.8%のシェアーがあり、国内での消耗戦が回避されることにはならない状況です。

 どっちも先行きに大きな不安を投げかける問題ですが、目指す方向は正しいと考えますので、すくなくとも一つ目の当然通り抜けなければならない課題は早急に解決し、政府任せではなく民間の活力で解決を目指していただきたいものですね。
 シャープと2社になることは、韓国でもサムスン、LGの2社が並びたっているのですから、日本でも許容可能とも見込めることですし、技術の選択・競争になるメリットはあるでしょう。



 
b0055292_182642.jpg

  この花の名前は、レンゲショウマ

今日は何の日

↓よろしかったら、お願いします。






Fotolia

[PR]
by yuji_oga | 2011-09-26 01:17 | 企業改革 | Trackback
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/16343803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 地球の水の起源は。そして生命の... 東レが電気自動車を開発 >>