世界の人口が70億人に到達

 10/31に、世界の人口が、70億人に達するのだそうですね。
 人口増加が激しいのは、サハラ以南のアフリカだそうです。(今朝の新報道2001では、アジアがダントツのグラフでしたが?)
 
世界人口あす70億 サハラ以南10年で28%増 (10/30 読売朝刊)

 b0055292_21274238.jpg【ニューヨーク=柳沢亨之】国連の推計によると、世界の人口が31日、70億人に達する。人口の爆発的増加はサハラ以南のアフリカで特に顕著で、国連人口基金の「世界人口白書」は、人口増と貧困の悪循環からの脱却を求めている。白書は中東の民衆蜂起「アラブの春」の背景として、増加する若者の失業問題も指摘し、解決を促している。
 国連によると、サハラ以南のアフリカの人口は2000年の6億6912万人から昨年は27.9%増の8億5632万人となり、50年には19億6010万人と倍以上になる見込みだ。サハラ以南では避妊普及率は08年時点で22%と遅れており、15年時点でも人口の約36%が日収1ドル未満の極貧層にとどまる見通しだ。
 ただ、白書は、人口70億人を「大きな機会」とも評価している。労働力人口の増加は、所得や貯蓄の増加を通じて途上国の経済成長を生む可能性があるためだ。「人口配当」と呼ばれる発想で、中国やインドの急成長を導いた要因とされる。しかし、それも雇用確保が大前提だ。白書は「アラブの春」が起きた理由として、アラブ地域で23.4%に上る深刻な若年失業率を挙げ、雇用政策の改善を求めている。

世界人口70億人へ、日本人は初の減少 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 国連人口基金は、今世紀半ばには93億人になり、世紀末の2100年には100億人を超す、と予測しているのだそうですが、早稲田大学特任教授は共同通信のインタビューに、「富を分かち合い、食料、エネルギーの過剰消費を抑えれば100億人程度はなんとか地球上で支えられる」と答えているのだそうです。
 では、人口はさらにそのまま増え続けるのでしょうか。
 経済が発展し、社会が豊かになると人口増加率は下り坂になり、やがて減少に転じると言う説もあるのだそうです。
 ▽世界の人口70億人、こんなに増えて大丈夫か : 47トピックス - 47NEWS(よんななニュース)
 これからの100年 株式会社日立総合計画研究所 100周年記念論文

 つまり、経済が豊かになると少子高齢化に転じるということで、日本はその先端を行っていることの様なのです。ひとりっ子政策の中国が、少子高齢化社会に転じることは周知のことですが、アフリカもそうなる...と。
 誰にもまだ確信できない未来のはなしですが。
 
b0055292_22432968.jpg


 「人類にとって節目となるこの10月31日は、挑戦(challenge)と機会(opportunity)であるとともに、私たち一人ひとりが行 動(action)を起こすきっかけとなるはずです。」と言う、「70億人の世界×70億人のアクション」キャンペーンがあります。
 「70億人の世界70億人のアクション」キャンペーンとは | 「70億人の世界70億人のアクション」キャンペーン

 「電車でお年寄りや妊婦がいたら席を譲る」「近所の人に元気に挨拶をする」「電気の無駄使いはやめて、節電する」といったことでもいいのだそうです。じゃあなにかやってみようかと...。
 


b0055292_2248521.jpg

  この花は、アシタバの花

今日は何の日


↓よろしかったら、お願いします。





Fotolia

[PR]
by yuji_oga | 2011-10-30 22:53 | 人口減少 | Trackback
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/16573823
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ソニー 液晶テレビは売り、スマ... 地球の水の起源は。そして生命の... >>