セシウムの吸収率 牧草がヒマワリの180倍

 福島第一の事故で避難されている方々の帰宅が、徐々にですが始まろうとしています。
 復旧にしろ復興にしろ、大きな課題がある中のひとつに除染があります。広大な農地の除染にはいろいろな方法が試されていますが、植物によるセシュウムの吸収策としてヒマワリが注目されていました。しかし、当初の期待ほどの成果が観られないことから、影を潜めていましたが、研究は進められていて、牧草が効果があることが判明したのだそうです。
 ちょっとがっかりしていたのですが、また、明るい光が見えてきたようです。
 
植物のセシウム吸収率福島で研究 環境中の放射性物質.確実に減少  牧草 ヒマワリの180倍 (4/16 読売朝刊)

 東京電力福島第一原子力発電所事故によって放射性物質がまき散らされた環境を修復しようと、植物学者の有志が植物を利用した浄化法の研究や汚染の実態解明を進めている。事故から1年を経て様々なデータが集まり、放射性物質を効率良く除去できる植物があることや、汚染度が着実に低下している現状がわかってきた。(冨山優介)

 取り組みの柱は、ファイトレメディエーションと呼ばれる方法だ。土壌に染み込んだ放射性物質を植物によって回収することを目指す。日本植物学会長の福田裕穂・東京大教授ら研究者約10人が複数のグループに分かれ、昨年5月から福島県内で調査を行っている。
 福田教授らのグループは、昨年3月11日の事故発生前後に発芽した牧草に着目した。同県内の牧草地で昨年6~10月、3回にわたって牧草を刈り取り、放射性セシウムの含有量を調べたところ、土壌中のセシウムの9%に相当する量を吸収していたことがわかった。
 牧草は、セシウムがたまりやすい深さ5センチまでの地中に根を密に張ることから、発芽の時期に、土壌への吸着より先にセシウムを吸い取った可能性があるという。福田教授は「セシウム吸収に効果があるとされたヒマワリでも0・05%で、極めて吸収性がいい。今後も同じように吸収するかどうか、継続して調べていきたい」と話す。
 福島県立医大の小林大輔助教らのグループは、福島市内の畑でマメ科やイネ科など複数の植物を栽培し、セシウムの減り具合を比較。中でも、中南米原産のアマランサスという植物が、ヒマワリの1.5~5.3倍もの吸収効果を示したという。
 事故から1年たち、環境中の放射性物質が確実に減っていることも確認した。佐々木秀明・いわき明星大准教授らのグループは同県いわき市沿岸で採集した海藻のセシゥム濃度を調べた。昨年5月には1キロ・グラム当たり1万ベクレルを超えていたが、7か月後には同200ベクレルまで下がっていた。
 植物の浄化作用は、同じ種類でも地質によって異なり、年ごとに違う可能性もある。効果を見極めるには長期に及ぶ綿密な調査が必要だ。
 小林助教は「生活の中に放射能がある環境で暮らすことの不安は大変なものだ。しっかりとした調査を行い、住民に正しいデータを届けていきたい」と話している。

------------------------------------
ファイトレメディエーション

植物を使って有害物質を吸収、分解することなどにより、環境を浄化する方法。ギリシャ語で植物を意昧する「ファイト」と、ラテン語で「修復」を意味する「レメディエーション」を組み合わせた用語。公害が社会問題化し始めた1970年代から世界各国で研究が盛んになった。低コストで広範囲を浄化できる利点がある。
------------------------------------


 よくぞくじけず研究を続けていただいていたと、感謝に絶えません。
 「ファイトレメディエーション」という言葉は初めて聞きましたが、1970年代から世界各国で盛んに研究されるようになっていたこともおどろきです。広大な農地を、荒廃するまま放置することなく、低コストで除染できることができるのは、朗報ですね。

 地域や土壌によって植物も異なると、他にもいろいろ研究が進められているのだそうですね。
 研究が、東北の復旧・復興に繋がり、日本の食糧生産拠点である東北での農業が復興されることを願っています。


b0055292_05581.jpg

 この梅の花の名前は、緑萼

今日は何の日

↓よろしかったら、お願いします。





Fotolia

[PR]
by yuji_oga | 2012-04-17 00:57 | 気になる話 | Trackback
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/18147792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 子どもの人口が31年連続マイナ... 家電価格“底なし下落”は、買い... >>