聯想(レノボ)とIBMの取引に、スパイ活動を憂慮

聯想集団の新会社は収益を上げることができるのか

 聯想集団(レノボグループ)のIBMのPC事業買収に向けて、新たな問題が出ているようです。
 nikkeibp.jp 米国当局、聯想のIBM社PC事業買収に商業スパイ活動を憂慮
 米国外国投資委員会(CFIUS)では、レノボがノースカロライナ州にあるIBMの施設を利用してスパイ活動をするおそれがあると憂慮されていて、最終的に取引が成立するかどうかは、ブッシュ大統領によって決定されるのだとか...。

 国の情報漏洩への安全の意識の高さは、さすがです。
[PR]
by yuji_oga | 2005-01-30 23:55 | 気になる話 | Trackback
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/1879405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< オプトアウト (本人の同意なく... 営業秘密(不正競争防止法)も法改正 >>