去年(2012年)の貿易赤字が、史上最大に

 去年(2012年)の貿易赤字が、第2次石油危機時の1980年を上回り過去最大の6兆9273億円となったのだそうですね。

 貿易赤字、過去最大の6兆9273億円 2012年  :日本経済新聞





 原因は、中国やEUへの輸出の減少と、原発停止に伴う化石燃料輸入の増加。
 中国への輸出減少の内容は、10.8%減の11兆5114億円で2年連続の減少。原動機や鉄鋼の減少といった中国経済成長の低迷によるものと、尖閣諸島の国有化を巡る日中摩擦の影響によるもの。
 輸入では、繰り返しになりますが、火力発電用のLNGの25.4%増による、6兆円超が大きいことが目立ちます。
 耳慣れないのが、中国から携帯電話の輸入の増。
 中国の携帯電話輸出が好調、通年の輸出台数は10億台超を予想--人民網日本語版--人民日報
 スマホ、中国勢にも存在感 ドコモが初の中国製発売  - MSN産経ニュース

 もはや日本勢の名前が出てきませんね。

 円安(異常高の修正)が進んでいます。ぼちぼち欧米から為替操作の非難が聞こえ始めてきましたね。
 化石燃料の輸入増は、円高で薄められて助けられていましたが、円安により一段と赤字要因が増します。
 原発停止以降は火力発電で賄うしかなく、輸入化石燃料に依存する火力発電が続く限り、貿易赤字は定着しそうです。つまり、かつては貿易黒字国として世界の優等生だった日本は、貿易赤字国に転落するのですね。

 アベノミクスの3本の矢では、成長戦略こそが命運を決めます。少子高齢化で市場が縮小を続ける日本での成長戦略とは何か。
 iPS細胞などの医療分野を筆頭に、新技術の開発投資が唱えられていますが、まだトラタヌです。
 そういった、新発明技術で新たな需要を創造する他には、新たな市場との門戸を開き、市場を広げる方法があります。TPP他の自由貿易で市場を繋ぐのです。
 国内戦略を構築し、競争の備えを進め、取り組むべきでしょう。

 貿易赤字国に転落し、円安が加速され、国債金利の上昇を招き、財政赤字が加速的に増え、国家が破綻する。そんな日本になることは、防がねばなりません。
 農業の為に自由貿易を止めました。残ったのは、霞をすって生きられる仙人だけでした。そんなことにはなってほしくない。
 いつも言っていて、同じことを言う人も増えてきている様ですが、高齢化が進んでいる農林畜水産業は、自由貿易の如何に関係なく改革しないと、後継者が絶えて絶滅してしまいます。
 この改革は、貿易自由化と並行して進めねばならないのです。
 林農水大臣に期待しています。



b0055292_228689.jpg

 この花の名前は、アンゲロニア

今日は何の日

↓よろしかったら、お願いします。





Fotolia



[PR]
by yuji_oga | 2013-01-24 22:11 | 気になる話 | Trackback
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/19891082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< チャイナプラスワン 期待のタイ... 日本から金が流出をつづけている >>