DELLと、HP、IBMの国内パソコンシェアー増

 2月25 日の日経朝刊からです。
 2004年の国内パソコンの出荷台数シェアー(IDCジャパンの発表)では、DELL、HP、IBMといった海外勢の伸びが目立ち、日本勢は東芝以外のNEC、富士通、ソニーが下げ、中でもソニーの減が大きく、順位も2002年=3位、2003年=5位から、2004年=7位に下げた。

'02順位 '03順位 '04順位 社名   シェア  前年比
 1 1 1 NEC 20.2%   - 1.0
 2 2 2 富士通  19.3 - 0.5

 4 3 3 DELL 11.2 1.5
 5 4 4 東芝   
 6 6 5 日本IBM 7.3 0.6
 7 7 6 日本HP 6.2 1.3

 3 5 7 ソニー   6.2 - 1.6
 
 
 企業需要が伸びた中を、低価格攻勢で、DELLが2割、日本HPは、3割、日本IBMも1割販売台数を増やしたとか。サーバも米国勢が好調とも。
 NEC、富士通、ソニーが減って、価格で米国勢や品質で国内勢に食われている様に感じます。
 DELL, HPと、ソニーの差は、コスト競争に注力するか、高付加価値に注力するかの違いの結果ですね。
 東芝は、世界ランクで5位に復活だとか。
 Number web;世界パソコン出荷:東芝がシェア5位奪還



 
[PR]
by yuji_oga | 2005-02-27 12:39 | 気になる話 | Trackback
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/2132038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 日経セキュリィティ会議(SB-1) 個人情報保護法対策が全て出来て... >>