TPP交渉が大詰 今回が妥結のラストチャンス

 TPP協定を巡る交渉参加12か国の首席交渉官の会合は、日本時間の25日午前9時ごろから4日間の予定でハワイで始まりました。
 交渉は大詰めを迎えている様で、残された課題は絞り込まれつつあるそうですが、鶴岡主席交渉官が「限られた問題こそが非常に困難な問題」と語っておられる様に、今後の協議は予断を許さない情勢でもある様です。
 今回の会合で合意に至らなければ、来年に大統領選を控える米国の政治日程上、交渉を進めることが困難になるとの指摘も出ているそうで、成り行きが注目されますね。




 TPP首席会合開幕 知財・コメで詰めの交渉 閣僚級へ地ならし (産経新聞) - Yahoo!ニュース
 
TPP合意ならガット以来最大の協定に 甘利氏「今回は集大成」 (7/26 産経)

 TPP交渉がいよいよ“胸突き八丁”の段階を迎えた。交渉参加12カ国は米ハワイで24日開幕した首席交渉官会合で残された懸案の絞り込みを図り、28日からの閣僚会合で大筋合意を目指す。交渉は最後まで難航が予想されるが、合意すれば日本にとって関税貿易一般協定(ガット)の多角的貿易交渉(ウルグアイ・ラウンド)以来、最大の通商協定となる。
 「今回の交渉は集大成になる」。甘利明TPP担当相は24日の記者会見でハワイで開かれる一連の会合の重要性をこう強調した。

 TPP交渉は「歴史上、最も高水準で先進的な通商協定」(オバマ米大統領)を目指しており、
実現すれば世界の国内総生産(GDP)の40%を束ねる巨大な自由貿易圏が誕生することになる。
 ウルグアイ・ラウンドは117カ国・地域が参加し、1993年に合意した。これにより日本はコメについて1キロ当たり341円の高関税を課す代わりにミニマムアクセス(最低輸入量)として約77万トンを輸入することにした。総事業費約6兆円の農業関連対策を打ち出したが、多くは農道整備などの公共事業に消えた。TPP交渉も
合意後は農業対策が想定される。今回はどこまで有効な対策を講じられるかが焦点になりそうだ。
 通商協定をめぐっては、ガットを引き継いだ世界貿易機関(WTO)が2001年に新多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)の開始を決めた。だが、先進国と新興国の利害が対立し暗礁に乗り上げている。
 代わりに主流となってきているのが、2国間や多国間の協定だ。安倍晋三政権は成長戦略の柱としてTPPのほか、欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)など広域協定の交渉に注力している。TPP交渉が合意すれば、他の交渉にも弾みがつく。

 ただ、TPPは知的財産などの難題を残し、
各国とも「最終になるほど譲歩しづらい」(甘利氏)状況だ。今回も漂流懸念と背中合わせの厳しい交渉となるのは避けられそうにない。

 2月に、毎日は、カナダを除いた11ヵ国での合意浮上の報道をしていました。(毎日のサイトでは記事は削除されています。)
 その話がどうなったのでしょう。
 【TPP交渉】カナダ抜き11カ国で今春合意を目指す案浮上

 一方、AIIBに、G7から英、独、仏、伊が分裂参加、TPPからも豪州他の参加があり、TPP合意の障壁とされていた、米国での大統領貿易促進権限(TPA)法案が可決され、合意加速の期待も高まっています。

 日本経済復興への期待のアベノミクス第三の矢は、「薬のネット販売」「カジノ誘致」など、経済基盤の改革とはおよそ縁遠い、目先の現象論議が線香花火の様にちらつくばかりで、TPPは稀有な経済構造改革の柱です。

 交渉結果が待たれます。
 



b0055292_00174619.jpg
  この花の名前は、福寿草



↓よろしかったら、お願いします。



Fotolia




[PR]
by yuji_oga | 2015-07-27 00:24 | 気になる話 | Trackback
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/24729374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 危うし インドネシア高速鉄道受注合戦 来日外国人"おもてな... >>