ブラウザのシェア

「Firefoxの市場シェアが10%超に、Netscapeは衰退」、米調査より - nikkeibp.jp - IT

 「Mozilla Firefox」は、7.0になってからは、新バージョンの上書きインストールが可能となるなど更に使いやすく改善されていましたが、シェアも増えてきていて、10%台にのせ「最大25%に達することもあり得る」とも言われている様です。
 タブブラウジング、安全性、軽快さなど、IEを凌ぐ基本機能が魅力ですね。

 
2005年4月26日時点におけるブラウザの市場シェアは以下の通り(米Janco Associates者の調査発表)
1. Internet Explorer - 83.07%

2. Firefox - 10.28%

3. Mozilla - 3.81%

4. Netscape - 0.92%

5. AOL - 0.85%

6. MSN - 0.67%

7. Opera - 0.41%

[PR]
by yuji_oga | 2005-05-08 12:05 | IT備忘録 | Trackback
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/2680963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 世界中で電子商取引環境が最もよ... 情報管理確立の遅れは企業の存亡... >>