西友、ウォルマート式物流導入

  西友は提携先の米ウォルマート流の低価格商品の品揃え(「エブリデイ・ロープライス(EDLP)」)に偏りすぎて業績が悪化していましたが、ウォルマート・ストアーズから導入した物流システムを稼働させ、店舗と取引先でデータ共有し、商品の自動補充を実現し、売れ筋の欠品を減らし作業人員の有効活用をするのだそうです。[6月23日 日経朝刊]
  
 日米の違いもあり米国と同じ効果を出せるとは限らないが、「ウォルマート流」のIT活用で後方業務の効率化を目指す。
 新システムは商品の自動補充システムと、プライベートブランド(PB)商品の生産状況から在庫・販売情報まで一括管理できる新物流システムから成る。投資額は合計約90億円。
 商品の自動補充システムはウォルマートとほぼ同じ仕様。各店の在庫・販売情報を取引先約800社に対し、リアルタイムでネット上に開示、共有する「リテールリンク」と接続し、必要な量の商品を随時発注、供給する仕組み。
 <中略>
 新物流システムは中国など海外から直輸入する商品の生産状況や、国内にある在庫量がリアルタイムで把握できるため、過剰な在庫や発注を防げると見ている。取引先メーカーにとっても、何がどれだけ売れたか把握でき、生産工程管理がしやすくなる。

 欧米と日本の市場・消費者の違いで、ウォルマート流の見直しが進められねばならないなか、消費者の習慣に合わせた品揃えや、短い商品サイクルへの対応が、このシステムで何処までできるか注目してみたいです。
 後方事務(間接業務)の削減による低コスト体質への転換は、古来IT導入で効果の出る課題とされてきていますが、今でも記事になる課題でもあるのですね。
[PR]
by yuji_oga | 2005-06-26 01:34 | IT備忘録 | Trackback
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/3007980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 中国企業が世界企業を目指してM... ホンダの「生産体質改革」 >>