ヨドバシカメラがICタグ実用化

 ICタグの利用は、物流での用途が利用範囲・量や、効果も大きく期待されていますが、米国のウォルマートの使用例くらいしか本格的使用例を聞きませんでした。
 話題のわりに低迷しているICタグの物流への導入ですが、日本で、ヨドバシカメラが来年5月から、ウォルマートと同様に取引先であるメーカーの協力を仰いでICタグの活用に乗り出すのだそうです。メーカーが製品をヨドバシに納入する際の検品作業を効率化するのが狙い。

 ヨドバシカメラ、ICタグ実用化・来春から自動検品ビジネス-ICタグ実用化へ:IT-PLUS
 日経コンピュータ:迫り来るヨドバシ・ショック ICタグによる業務改革が始動

 来年5月から、パソコンや薄型テレビなど個別の商品に張り付け、入庫時の検品を自動化し、作業時間やコストをおおむね従来の3分の2に減らせる見込みだそうです。将来は顧客への配送、修理履歴などの管理にも生かすとか...。

 日経コンピュータ誌は、会社にあるので、読んでみなくっちゃ...。


b0055292_3193730.jpg

[PR]
by yuji_oga | 2005-11-13 03:23 | IT備忘録 | Trackback
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/3764784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ヤフーとセブン-イレブンが業務提携 未来から現在を考える >>