電子ペーパーで広告の実験

 ジェイアール東日本企画と日立製作所は,電子ペーパーを利用した広告表示装置の実証実験を始めていて、12月1日から14日までの2週間,東京駅北口地下1階の「動輪の広場」に設置してあるのだそうです。
 東京駅での実証実験,日立が来春の実用化を目指す - FPD International - Tech-On!

 従来のディスプレイ技術よりも紙に近い視認性を実現できる点のほか,表示を書き換えるときだけしか電力を必要としないため,バッテリー駆動で長時間の駆動が可能になり,電源設備がない場所にも自由に設置できるなどの利点が、広告媒体としての電子ペーパーに着目された所以。

 まだ13.1インチ型で白黒であり、本格需要には、もっと大きく、カラーであることが必要とのことですが、張り替えが要らず、表示が無線LANで自由に変えられて、一度表示すると電気を消費しないで済むというのは、広告媒体の保守管理の立場では、大きな魅力でしょうね。
 東京駅に行くことが在れば、是非立ち寄って観てみたいものです。

b0055292_23163090.jpg

[PR]
by yuji_oga | 2005-12-04 00:33 | IT備忘録 | Trackback
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/3859089
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 中国ハイテク・高度成長企業50 ヤフーとセブン-イレブンが業務提携 >>