「モバイルスイカ」サービス開始

 延期(?)を重ねていた、待望の「モバイルスイカ」が、28日サービスを開始しました。
 私が持っている携帯は、カラーが出始めたころのもので、当時は先端のものでしたが、今や物珍しがられるほどに古くなり、スイカが内蔵された機種が出たら買い換えようと、待っていたのでした。
 Excite エキサイト : 携帯タッチ、改札通過 モバイルスイカ利用開始

 改札の通過に、携帯電話の厚さが課題で、片側で感知しても反対面では感知しづらいなど、結構難関で、当初の予定より遅れていました。
 28日の日経朝刊によると、JR東日本が改札機との通信の相性をテストして合格した機種のみが利用できるのだそうで、ドコモの9機種(N902i, P902i, SH902i, F902i, N901is, P901is, SH901is, F702iD, SO902i)と、KDDI(au)の2機種(W32S, W32H)に限定されるのだそうです。

 利用するには、JR東日本のビューカードの会員になった後、携帯からJR東日本のサイトに接続し、モバイルスイカ専用のソフトをダウンロードして、カード番号や名前、住所などを登録するのだそうです。
 スイカへのチャージは、「ビューカード」で決済されるのだそうです。スイカ定期券の登録・理容も可能。利用範囲は、既存のスイカと同様で、「キヨスク」や駅中のコンビニ、飲食店、ピックカメラ、ファミリーマート、ジョナサンなど。

 「おさいふケイタイ」は、NTTドコモでは1千万台をこえたのだそうで、生活必需品となってきた携帯電話と、かざすだけで小銭の取り扱いから解放される非接触ICの融合は、"個人の支払い文化"に変革をもたらしつつあります。

 非接触ICを使った主な電子決済サービス(1/28i日経朝刊)
 スイカ (JR東日本) 1,500万人
 エディ (ビットワレット) 1,500万人
 ピタパ (スルッとKANSAI) 20万人
 クイックペイ (JCB) 1万人
 スマートプラス (UFJニコス) 1万人
 三井住友カードiD (NTTドコモ・三井住友カード) 2万人

 セブン&アイ・ホールディングスも2007年春からの参入を決めているのだそうですが、小銭の取り扱いが無くなることで、レジの行列解消に繋がり、利用者にとっても、店舗側にとってもメリットがあります。

 しかし、サービス各社の端末が異なり互換性が無いため、利用者は買い物をしたい店のサービスを見極めて選択する必用がありますし、店舗側ても、複数の端末を用意することは難しいなど、課題が残っています。

 「モバイルスイカ」も、ビューカードに入会して、ビューカードの年会費に加え、別に年会費が必要になるということで、利用可能な店舗も限定され(ファミマ、ジョナサンは近所にない)ので、待ち望んではいたのですが、暫く様子見となりそうです。
 私鉄の定期も包含される。クレジットカードが選択出来て年会費のダブリが無くなる等が在れば、スイカカードのメリットを上回る事になるかもしれません。

b0055292_23264388.jpg

 
[PR]
by yuji_oga | 2006-01-29 23:27 | IT備忘録 | Trackback
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/4091670
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ヤマトが、中小運送業者向けトラ... 東証の技術レベルが日本の技術レベル? >>