LG社製の携帯電話機も国内登場

 韓国Samsung Electronics Co.,Ltd.製の携帯電話機が、ボーダフォンの「3Gの折りたたみ式携帯電話機では世界最薄」という、2006年春商戦向け新機種として投入される,W-CDMA/GSM方式の携帯電話機「Vodafone 804SS」で、日本市場に初登場していましたが、韓国のもう一方の雄LG社製の携帯電話機も日本登場となるそうです。

 LG電子、日本市場参入に勝算あり - nikkeibp.jp - 企業・経営
 今度はLG製が日本市場へ,ドコモがFOMA低価格機として発売 - モバイル - Tech-On!

 今回の日本進出は、LGが単独で端末を売るのではなく、ドコモに製品を納める形になる。「端末のデザインや仕様まで、ほぼすべてをドコモと共同で開発した。日本市場というより、ドコモ向けのモデル」(李代表取締役)なのだそうです。
 Samsungは、日本メーカーとの長年の関係を重視し、日本への本格進出には消極的なのですが、「日本市場はこれまで唯一攻めていなかった有力市場。(ドコモと提携できて)ようやくチャンスが巡ってきた」とLG電子ジャパンの李揆弘・代表取締役はニンマリ顔だそうです。
 さらに、高機能版の製品への積極的な進出も準備中とのことです。

 世界シェアでも上位の韓国の両社の製品が、3Gの廉価品として、日本国内に相次いで登場してきたことは、国内のメーカーの限界を示すものなのでしょうか?

 世界市場での競争に出遅れている国内メーカーですが、中国市場でも次々と敗退しています。
 日系企業が中国携帯電話市場から続々撤退、日本政府の「過保護」が裏目に - nikkeibp.jp - 企業・経営

 元気を取り戻してきていると言われている日本の景気、日本の製造業ですが、携帯という大きな市場でのグローバルな競争での敗退が、先行きに暗雲を感じさせます。
 高付加価値、高性能の技術で勝負は理解できますが、多くの消費者が望む製品(過剰品質はマニアと製造側の自己満足)の開発に期待します。

b0055292_231628100.jpg

[PR]
by yuji_oga | 2006-03-26 23:18 | 気になる話 | Trackback
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/4304337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< セブンイレブンが「団塊」の退職... ウィニー対策 >>