サムスン、時価総額でインテルを越す

 韓国・サムスンの成長ぶりには留まるところを知らない勢いを感じますが、半導体業界で売上高世界1位のインテルの株式時価総額を、2位のサムスンが抜いたのだそうです。(4/25日経朝刊)
 NIKKEI NET:国際 ニュース/韓国サムスン電子の時価総額、米インテル抜く

 21日のサムスン電子の時価総額は1,212億ドル。インテルは1,121億ドル。
 24日のサムスン電子の株価は値下がりし、時価総額は1,184億ドルに減ったが、21日時点のインテルの時価総額をなお上回った。

 原因は、アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)にシェアを奪われているインテルの株価が下落基調にあるのに対し、サムスン電子の株価が上昇しているためと、ドルに対するウォン高が急速に進んだことなのなだそうです。

インテル・ポール・オッテリーニ社長兼最高経営責任者(CEO)は、1980年代以来、最も徹底的な事業見直しとリストラを実施すると発表していました。
 80年代のリストラは、インテルがDRAM事業から撤退することにつながった日本勢との厳しい競争がきっかけだったのだそうですが、今回のリストラの動きは、アドバンスト・マイクロ・デバイシズ(NYSE:AMD)との競争を受けたものとのこと。
 NIKKEI NET:国際ニュース/インテル、幅広いリストラを計画=CEO

 サムスンとインテルの業績の差も縮まりつつあるとのことで、2005年の半導体売上高はインテルが345億9000万ドルと、サムスン電子の2倍近いのだそうですが、1―3月期決算の純利益はサムスン電子が約20億ドルで、インテル(13億4700万ドル)を上回っているのだそうです。
 
 時価総額は、株価の変動で変わるのですが、この様子ではサムスンの時価総額 1位の座は続きそうですね。
 日本企業にも頑張って欲しいのですが、エルピーダメモリは24日、2005年3月期の連結業績について大幅な下方修正を発表していました。
 エルピーダ業績下方修正の背景と波紋 - CNET Japan

 読売巨人軍も、4番に李承燁(イ・スンヨプ)を迎え、快調な首位スタートです...。

 韓国経営トップには問題があるようで、先にサムスン財閥改革で取り上げたサムスンのトップ層に続いて、現代自動車グループの鄭夢九(チョン・モング)会長が、横領や背任などの疑いで逮捕されています。
 国を代表する、世界的企業のトップが相次いで不祥事で混乱を生じさせています。
 そのぶん、うやむやに済まさず、企業統制管理が進んできていると言うことなのでしょうか?
 NIKKEI NET:国際 ニュース/現代自の鄭会長逮捕・韓国最高検察庁
 
b0055292_1973010.jpg

[PR]
by yuji_oga | 2006-04-30 19:12 | 気になる話 | Trackback
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/4525728
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ダイレクト・マーケティング 松下,NEC,米TI社が合弁会社設立 >>