中国プラズマ市場、中国企業は撤退、日韓メーカーは勝利

 大画面テレビは、市場活性化の柱商品で、画面についてはプラズマと液晶で各メーカーが覇を競っています。
 経済成長を続ける大市場の中国では、中国企業はプラズマから撤退し、松下、日立、LG、サムスンといった日本や韓国の企業の独壇場となってきたのだそうです。
 携帯電話では撤退を余儀なくされた日本企業ですが、日本企業ががトップシェアとは、最近では珍しく喜ばしい話です。
 
中国企業がプラズマ市場から撤退 賭けに出た日韓メーカー全面勝利 - ニュース解説 - nikkeibp.jp

 2006年に入って中国の薄型テレビメーカーは次々とプラズマテレビから撤退し、松下、LG電子、サムスン、日立など日韓の大手メーカーに主役の座を明け渡した。うち、松下、日立、LGの3社で市場シェアの半分を占める。

 川上のプラズマディスプレイパネル(PDP)出荷状況を見ると、今年第2四半期、松下はLGを抜いてトップの座に返り咲いた。松下、LG、サムスンの3社でシェア84%を占める寡占状態で、プラズマ市場は三つ巴の様相を呈している。

 中国企業がプラズマ陣営から撤退した理由は、40インチの液晶テレビの価格が大きく下落し、42インチ、46インチのプラズマテレビがそれに引きずられ、20%も値下がりし、「もうからない」からということなのだそうです。

 これは、液晶パネルメーカーの過当競争(対PDPの、コストダウン努力とも言えますが)での値下げがあり、中国国内のテレビメーカーにとって、プラズマより液晶が利益が得られる現象が生じたからとのことです。
 中国でのプラズマテレビの市場は、2006年で、前年比50.1%増が見込まれている(IDC)そうで、パネル~テレビ一貫生産の日韓企業は値下げ対応力が強く、増産計画を立てているそうです。 (今後韓国メーカーはパネルに軸足をおき、テレビは地元メーカーと組む姿勢)

 トップ3社の敵は、大型液晶テレビと言うことになり、日本でも日立と組んでいた富士通が撤退するなど、シャープに代表される液晶パネルとの競争は依然として続けられています。
 実は、私個人的には液晶に軍配があがり決着がついたと思っていたのですが、そうでもなさそうなのです。この記事でも中国、米国を問わず価格の比較を、40インチの液晶と、42インチのプラズマで比較しているとおり、大型画面でのプラズマのコスト優位性は、液晶が後を追い近づいているとはいえ、保たれているのです。更に、新技術なので、将来の発展性も大きいというのが、プラズマを継続しているメーカーの考え。

 世界規模で42~43インチのハイビジョン対応パネルの需要が拡大しているそうですが、中国ではプラズマはハイビジョン規格に対応しているのだそうで、シェアを伸ばしているとのことです。
 また、50インチ以上のものでも、シャープが57インチおよび65インチの大型液晶パネルの生産工場を建設し攻勢をかけ、プラズマの市場を脅かすのですが、松下(中国)は、103インチのプラズマテレビを40万元前後で発売する計画だとかで、大型化を進めるそうです。
 
 最新データでは、世界的に見て40インチ以上の大画面テレビは、プラズマテレビが絶対的な優位を占めている。今年1-6月の市場シェアは47%、対する液晶テレビはわずか17%だ。双方がぶつかり合う42インチをメインとするシェア争いは、今年下半期の市場の焦点となるだろう。


 我が家では、場所の制約がある大型テレビですが、市況を牽引する商品で、韓国企業の独壇場とならず、プラズマ=松下対、液晶=シャープと、日本企業が元気なことは何よりで、甲子園の決勝戦ではありませんが、延長戦はエンドレスでも可能なので、どちらも頑張って貰いたいものです。

  
b0055292_18413575.jpg


 ↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2006-08-26 18:51 | 気になる話 | Trackback
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/5560748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 沖縄がIT企業進出先として浮上 ルビー (Ruby) >>