歴史的転換点の自動車産業

 2007年は、グローバルな自動車産業の潮流が大きく変わる年になるのだそうです。
 いくつもの要因が重なり合って、同時に進行する難しい局面を乗り切ってゆかねばならないとのことで、これを、8つに整理して書いてある頁がありました。

 2007年を斬る:自動車産業に「8つのシフト」 - ニュース - nikkei BPnet

ポイント1 トヨタ世界一の後に来る「デジタルシフト」の衝撃
 2007年にトヨタ自動車が米ゼネラル・モーターズ(GM)を抜いて生産台数で世界一になることは確実視されていますが、年内か2008年にはホンダがフォードを追い抜くことにもなりそうなのだそうです。
 これらは、日本メーカーの生産性や、品質のみならず技術開発などモノづくりのすべての技術が優れている結果で、特に自動車の機械技術に電子技術が融合した底力の結果なのだそうです。
 ここまでは、喜ばしいニュースとして知られている事ですが、問題はその後どうなるのということです。
 自動車を「機械」から「デジタル商品」に変えてしまったことの影響は想像以上に大きく、日本メーカーは、膨れ上がるソフトウエアの開発・維持の重さとデジタル製品に特有の価格下落の速さという怖さを数年後に痛いほど味わうことになるということだそうです...。
 ということは、韓国のメーカーの追い上げが激しくなる...?

ポイント2 再編の台風の目となる「軽自動車シフト」
 スズキ自動車のインドでの活躍については、このblogで書いていましたが、自動車に対するニーズの変化、軽自動車の居住性や機能の進化に伴い、軽自動車へのシフトは欧州はじめアジア各国など世界中でさらに進むと考えられます。
 ここではトヨタが安価なコンバクトカー開発を進めているとはいえ、軽自動車メーカーが優位にたち、特に価格競争でのシェア争いにこだわらないスズキが注目されます。
 利幅の薄い軽自動車を売るには現在ある高コストのディーラー網は重荷になる。必然的に販売形態の見直しが流通再編を引き起こす。2007年にその予兆が表れてくるはずだそうです。

ポイント3 「内陸シフト」で変容する中国の巨大市場
 中国は日本を抜き、台数規模で世界第2位の自動車市場となる。遠くない将来には米国を抜いて世界最大の座を獲得すると予測されています。
 そして、中国市場における競争の焦点が沿岸部から内陸部に広がっていくのが2007年の注目ポイントで、品質よりも、価格が安くて、丈夫な軽トラックと、地域の幹部の共産党員とのコネが成否を決めるのだそうです。
 ただし、内陸部への開放経済の進展は、これまでもかけ声ほどには進んでおらず、政府の安定成長への引き締め策もあり、物流や製造工場環境などのインフラ整備とともに大幅には進まないとも予測されます。
 中国離れで、インドなど他国への投資が注目されています。

ポイント4 生産の「インドシフト」の規模と速さに注目
 英語で高い教育を受けたインドの労働者の圧倒的な数とコストの低さは強力な吸引力で、自動車メーカーだけでなく、多くの欧米企業が進出しやすい国と言えます。
 小型車の世界の工場を目指すインドですが、自動車部品の輸出は年率3割を超える猛烈な勢いで増加しているのだそうで、自動車部品の輸出も注目されるとのことです。

ポイント5 ビッグ3の「低コスト国シフト」が加速
 今、カリフォルニアでビッグ3の新車を見かけたら、それらはかなりの確率でレンタカーである。さらには米国製ではなくメキシコ製である。純米国産ビッグ3は既に西海岸では消えつつあるのだそうです。
 北米ではかつてカラーテレビで起こった「生産の空洞化」が、自動車でも起こり始めているのだそうです。
 「ビッグ3」は、中国やインドなどの低コスト国からの調達を急増させていて、10年後、北米から米国メーカーの生産拠点は消滅しているかもしれないというのです。そして、その時、アジア系メーカーは現地生産のメリットを見いだせずに北米に設備投資をしたことを後悔することになるだろうと...。

 今、日本や韓国製の車か、メキシコ製のピック3の車しか見かけないのが、中国やインド製のピック3の車に変わるという話です。国内の雇用を護るアジア系の車をとるか、名前はピック3でも輸入車をとるかは、攻守逆転した貿易摩擦も考えられます。

ポイント6 北米部品メーカーの「脱自動車シフト」が招く負の連鎖
 ギリギリまで下げさせられた部品価格のうえに、原材料高、さらにはビッグ2の減産・工場閉鎖が追い討ちをかけ、生き延びるためにやむなく「脱自動車シフト」に踏み切る部品メーカーが続出するだろうとのことで、部品メーカーの破綻が連鎖倒産を起こすことも予想されるのだそうです。
 北米の自動車メーカーは、部品調達を海外、特に中国やインドなどの低コスト国にシフトさせると予想され、北米の自動車産業の中心は、デトロイト周辺のミシガン州から、次第にアジア系現地工場が集中する中西部から南部にシフトしていくそうで、北米の自動車産業が大きく構造変化を迫られる1年となりそうだとのことです。
 ポイント4のインドの部品輸出の伸張や、ポイント5の「空洞化」と繋がる話です。

 北米の経済は緩やかな景気減速が予想され、ビッグ2による「0%ファイナンシング」「従業員向け価格」「フリート(レンタカー向け)販売強化」の3点セットによる需要維持策も限界にあり、北米の自動車需要は、2007年からは市場の縮小へ向かうだろうとのことです。
 従って、OEMおよび部品メーカーは北米の現地生産比率が高いほどダメージも大きくなる。つまり、北米に利益と売り上げを依存しているメーカーほど危ないとも...。

ポイント7 技術競争の焦点は「パワートレインシフト」
 環境対応した、新しいパワートレイン(駆動系)をめぐる動きが具体化してくる年になると言うことです。
 欧州勢はディーゼルや燃料電池、水素自動車、電気自動車など新しいパワートレインへのシフトを明確に打ち出し、技術リーダーとしてのポジションを強調してくるはずだと言われています。
 トヨタとホンダ(燃料電池車も販売)は、ハイブリッドエンジンで先行しています。
 多様なパワートレインが広がりを見せ、競い合うとしとなると予測されています。ガソリンの高騰がそれを後押しします。

ポイント8 欧州メーカーの「高級車シフト」に追随できるか
 欧州メーカー各社は量産車では利益なき戦いを強いられているため、高級車へのシフトを進めているのだそうです。
 独フォルクスワーゲンは苦戦するが、同じグループのアウディは好調を続けるだろう。ポルシェ、BMW、ベンツの上級車種は、値段を下げずに販売を続けて十分な利益率を確保する。欧州メーカーの重点が高級車種へシフトするのは必然であるのだそうです。
 日本版Lexusの登場はベンツやBMW、アウディに全くダメージを与えていないとのことで、Lexus(トヨタ)やAcura(ホンダ)、Infiniti(日産、投入計画未定)などの日本車高級ブランドは、日本市場で難しい戦いが続くのだそうです。
 
 日本という階層のない社会において、高級車の価値をどのように表現し、理解してもらうかというのが日本メーカーの前に立ちふさがった厚く高い壁である。
 「機能価値」から「ブランド価値」へのシフト。トヨタをはじめとする日本の自動車メーカーの首脳が最も苦手とするものである。作り手が、発想のコペルニクス的転換を経ない限り、永久に理解できない世界なのかもしれない。

 「発想のコペルニクス的転換」ですか...。「機能価値」よりも、「ブランド価値」を重んじる文化は、日本にも古来あったものですが、文明開化以後、少しづつ薄れてきていたものです。
 文明の象徴の車を、文化(それぞれのユーザーの)と融合させるということになりますかね...。

 日本の自動車メーカーでも、この記事を読む限り、トヨタ、ホンダ、スズキがあげられますが他のメーカーは、多くのポイントに対応しながら追いかけていく厳しさがありますし、トップのトヨタといえども、多重の同時変化の時代の中で、かたときも手を緩めることは出来ないということですね。
 国内需要や、北米需要が減る中で、ひろく世界に適応して展開して行かねばならない時代になってきていますね。


 
b0055292_2113456.jpg

 
 ↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2007-01-28 21:14 | 気になる話 | Trackback(1)
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/6400843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from BMW中古車 at 2007-01-29 15:18
タイトル : BMW中古車
BMWの中古車を買おうと思っている人には必見です。維持費の価格や注意点などについてまとめました。 ... more
<< 【続】まぐろ戦争 まぐろ戦争 >>