国産原木栽培のシイタケが、日本の森を守る

 桜が開花し、お花見のシーズンとなり、大好きなお鍋の季節が終わろうとしています。
 お鍋の具に欠かせないもののひとつに、シイタケがあります。このシイタケ、スーパーで売っているるものには、中国産と国産があり、国産は原木栽培と菌床栽培があるそうです。
 原木栽培はクヌギやコナラなどの広葉樹を伐採して原木とし、原木に穴をあけ、シイタケ菌の蔓延した木駒(種菌)を打ち込みます。
 菌床栽培はオガクズやヌカを混合した培地や、おがくず入りのカップを植木鉢のようにして栽培します。

 最近では、菌床のシイタケが増えてきているそうですが、原木の値上げや、生シイタケの年間を通じた安定供給が原因だそうです。
 値段は、中国産 < 菌床 < 原木の順に高くなります。
 2006年10月1日から、商品に必ず原木栽培品か菌床栽培品かを表示する事を義務付けられるようになったのだそうで、日本産原木乾シイタケには統一マークのシールが貼ってあります。

 原木栽培は、森の広葉樹を伐採しても、切り株からまた芽が出てきて若い森になります(萌芽更新)。シイタケの原木栽培が森林の新陳代謝につながり、森林の手入れがされるという「多面的機能」が最近注目されているのだそうです。
 生シイタケでは50%程度が原木栽培なのだそうですが、表示されていなければ、表示は義務化されているので、確認して、国産原木栽培品を食べて、森林の管理や林業の活性化に協力しようと思います。
 
 国産原木シイタケは、日本の森と自然を守り水や空気を浄化しています
 里山〜里山の木の利用法(後編) - 環境 - nikkei BPnet
 ながの 食農教育情報プラザ/シイタケの栽培方法



b0055292_17541218.jpg
 

 ↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2007-03-25 16:48 | 地球温暖化 | Trackback
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/6648111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 地球温暖化で、サンマがやせる 未来の充電池 >>