コンビニで料金収納代行額が本業の物品販売を上回る

 代金の支払いには、ネットでのカード決済も信頼できる場合は利用しますが、比較的安全でお手軽な、コンビニでの振り込み(支払い)もよく利用します。
 セブンイレブンが東京電力の料金収納代行を始めて20年になるのだそうですが、コンビニ 2社(セブンイレブンとファミリーマート)では、公共料金、携帯電話通信料、通販代金などの料金収納代行の取り扱い高が、本業の物品販売の売上高を今年度(2008年2月期)に上回る見通しであることが1日、明らかになったのだそうです。
 
料金収納代行が物販上回る コンビニ2社 (5月2日 読売朝刊)

 コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパンと3位のファミリーマートで、公共料金などの料金収納代行の取扱高が、本業の物品販売の売上高を今年度(2008年 2月期)に上回る見通しであることが 1日、明らかになった。1987年にセブン―イレブンが東京電力の料金収納代行を始めてから20年で初の逆転となる。コンビニは小売店にとどまらず、金融機関のような決済の拠点としての役割が増し、生活に欠かせない存在になったことを、改めて印象付けた形だ。

 コンビニの料金収納代行は、ガス、電気などの公共料金や、携帯電話通信料、通信販売の代金などに加え、一部の地方税納付もできる。インターネット通販の増加もあり、取扱額は拡大している。セブン―イレブンの07年 2月期のチェーン全店売上高(単独ベース)は 2兆5,335億円、収納代行の取扱額は 2兆3835億円と肩をならべる規模に達している。同社の収納代行の取扱額はここ数年、2けた増が続いており、同社は「このペースが続けば逆転は確実」とみている。

 ファミリーマートも07年 2月期の収納代行の取扱額が前年同期比15.7%増の 1兆483億円で、チェーン全店売上高(同)の 1兆688億円に迫り、08年 2月期には物販売上高を上回る見込みだ。

 2社にローソン、サークルKサンクスを加えた大手4社の収納代行の取扱額は合計 5兆円を超え、今後も増加が続きそうだ。

 コンビニが単なる小売店舗ではなくなり、金融機能ももち、宅配他の物流中継機能も持つなど多機能化し生活の地元に欠かせない存在となってきていることに改めて驚きを感じます。
 狭い売り場面積で、場所をとらず在庫管理や商品の受け入れ棚だし等の作業が要らないATMも含めた金融機能は、利用者にはこの上なく便利ですが、売上増のメリットはあるのでしょうが、利益はどうなのでしょう。

 セブンイレブンは、2007年2月期の決算で、1979年に株式上場して以来初めての営業減益となります。既存店売上高の伸び率は1.9%のマイナス。1店当たりの1日売上高は61万円で、前の期より1万7000円減ったのだそうです。
 金融関連での来客数は増えているのですが、弁当が苦戦しているのが理由だそうです。

 セブンイレブンでは、店内に揚げたてのフライドチキンやコロッケの香りが流れ、来店客の食欲をそそる「作りたて商品」で巻き返しを狙うそうですし、ローソンは生鮮食品の取り扱いをはじめるそうです。
 減益セブン、「食」で逆襲へ (時流超流):NBonline(日経ビジネス オンライン)

 こちらは、設備投資や人件費の増が必用ですが、増益の切り札となるか、注目してみたいものです。
 コンビニで、遅くなった夕食にお刺身が買えるというのは、便利かも...。


b0055292_10481232.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2007-05-05 10:49 | 気になる話 | Trackback(1)
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/6816360
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from テレマート at 2007-05-07 21:40
タイトル : テレマート
テレマートはテレビショッピングやラジオショッピングさらには新聞などいろんなところで目や耳にします。テレマートの秘密や体験談を暴露します。... more
<< IPCC第3作業部会、技術投資... 首都圏でバイオガソリンの発売開始 >>