下水汚泥からの天然ガスで、市バス、ごみ収集車が走る

 神戸市と株式会社神鋼環境ソリューションは、下水処理の過程で発生するメタンガスを都市ガス(天然ガス)相当まで精製した「バイオ天然ガス」で、市バスやゴミ収集車などの公用車の試験走行を実施しているのだそうです。
 「バイオ天然ガス」を燃料とした場合、エンジンから排出される炭酸ガスは、都市ガスや石油などの化石燃料とは違い、温室効果ガスとしてはカウントされないカーボンニュートラルなクリーンエネルギーとされていて、CO2のカウントがされないのです。
 第12回 下水汚泥から自動車燃料を製造 天然ガスと同等の性状に精製 - ECO JAPAN〈エコジャパン〉 - nikkei BPnet 環境ポータル
 国内初、下水汚泥から自動車燃料ガスを精製
 日本ガス協会 バイオ天然ガス自動車

 東京都や大阪市も「CNG(圧縮天然ガス)ノンステップバス」の導入で、バリアフリーと低公害に取り組んでいますが、神鋼環境ソリューションが開発した設備を使用することで、下水汚泥や家畜汚泥の嫌気性処理で得られる消化ガスを、燃料や発電用途よりも高い品質を要求される、CNG車の燃料に使える「バイオ天然ガス」が生産されるようになったのです。

 来年には、消化ガスの処理能力を高めた実用設備を2機納入する予定で、バス(1日50km走行)40台分の天然ガスを供給できる見込みなのだそうですが、国や各地の自治体での導入が進み、コストダウンが実現され、民間車両への普及が可能となることを願っています。

 
消化ガス

汚泥を35~40度に加温し密閉して攪拌すると、メタン菌の作用によって汚泥の有機物がメタン、二酸化炭素、水などに分解される。このときに発生するガス(メタン約60%、その他二酸化炭素・硫化水素等)をいう。


 下水道用語集

 
カーボンニュートラル

 石油や石炭、天然ガスは、長い年月をかけて、地球に固定されたもので、このような石化資源を燃焼し、二酸化炭素を大気中に放出した場合には、地球の奥に保存されていた炭素を急激に放出することとなり、大気中の二酸化炭素が大きく増加する原因となります。

 これに対し、バイオガスの原料は、家畜の糞尿などの有機物であり、これを突き詰めて考えると植物の光合成によって生産された有機物です。植物の光合成は、光エネルギーと大気中の二酸化炭素から有機物を合成する反応であり、この光合成由来の有機物が最終的にバイオガスとして利用されて、二酸化炭素を放出しても、大気中の収支はプラスマイナスゼロとなります。
 このような炭素循環の考え方がカーボンニュートラルです。


 国内初、下水汚泥から自動車燃料ガスを精製



b0055292_18331064.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2007-06-24 18:26 | 地球温暖化 | Trackback(2)
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/7015180
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 湯河原 at 2007-09-13 08:05
タイトル : 潜入!湯河原町浄水センター(下水処理場)
湯河原町では、「下水道普及促進活動」を実施しています。 ⇒関連記事:湯河原町役場 下水道いろいろコンクール 今回は、湯河原町浄水センターを見学させていただきました!(しかも管理人一人のためにわざわざ施設内を丁寧に・・・)案内してくださったのは、オザワさんという職員の方です。終始穏やかで、下水処理に関して熱心で深い知識をお持ちの方でした。   上記画像は、湯河原町の海浜公園です。ここ ... more
Tracked from 最新ニュースをお届けして.. at 2007-11-16 10:01
タイトル : 代替自動車燃料、一部はガソリンより環境を汚染、米環境団体報告
米非営利環境団体「憂慮する科学者連盟(Union of Concerned Scientists、UCS)」は13日、石炭液化油など一部の代替自動車燃料は、ガソリンやディーゼル油より有害な温室効果ガスを多く排出する可能性があるとの研究結果を発表した。研究によると、石炭液化油の温室効果ガ...... more
<< 露に日本の新幹線技術売り込み 日本製造業の脱下請けモデル構築 >>