トヨタがGMに逆転された

 トヨタ自動車は、今年1~6月の世界販売台数で初めて世界一となっていましたが、1~9月の実績では米ゼネラル・モーターズ(GM)が逆転し、トップの座が元に戻ったのだそうです。
 
GM トヨタを逆転 1~9月販売台数 1万台差の706万台 (10/23 読売朝刊)

 トヨタ自動車は22日、今年1~9月の世界全体の販売台数(速報)が、ダイハツ工業、日野自動車を含めたグループ全体で前年同期比7%増の705万台となり、過去最高を更新したことを明らかにした。同じ期間の米ゼネラル・モーターズ(GM)の販売台数は同2・4%増の706万台。トヨタは上半期(1~6月)は約4万台差でリードしていたが、逆転を許した。両社とも母国市場での販売減に苦しんでおり、年間のトップ争いは年末までもつれそうだ。

 7~9月の3か月間は、トヨタが同4%増の233万7000台だったのに対し、GMは238万6000台。トヨタは中国やロシアなど海外で伸ばしたものの、GMは中国、インド、南米などで大幅に伸ばし逆転につなげた。


 トヨタの今日の伸張を支えてきたのは、北米での販売増で、世界戦略の遅れが指摘されていました。
 記事ではトヨタが伸ばした国は、中国、ロシアの2国で、GMは、中国、インド、南米と国の数でも上回っています。インドでのスズキの大活躍ぶりは触れたことがありましたが、ここへ来てGM等欧米勢の伸張が著しい様です。
 NIKKEI NET(日経ネット):インド自動車市場、シェア争い激化・GM上昇5位、ルノー9位

 1~6月のトップの座を、 7~9月の実績で累計までも逆転されたのは、日本や米国以外の実績の差と言うことですね。これからはBRICSと言われていることが、実績の形で顕在化し始めてきたということになります。
 少子高齢化で市場の縮小が始まる日本から、海外へ重心を置かねばなりませんが、BRICSや他の国々でも価格が勝負を左右しています。(所得との関連)
 日本の環境対応技術は燃費やCO2排出量で大きな強みとなりますが、このあたりのPRを推し進め、頑張っていただきたいものです。

 ベンツは、東京モーターショーで、1.8リットルでも、3リットルのパワーが出せる「ディーゾット」という新技術を採用した試作車(F700)を出品しているそうです。
 燃費とパワーの両立を狙っているもので、こちらの技術の進歩と競争にもまだまだ変化が起きそうですね。


b0055292_18445391.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2007-10-28 18:45 | 気になる話 | Trackback
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/7635172
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 横浜ベイブリッジスカイウォーク 温暖化防止が世界平和への近道 >>