サムスン電子が、日本での家電販売を撤退

 韓国サムスン電子は、テレビ販売では世界最大手なのだそうですね。知りませんでした...。
 訂正:第3四半期の薄型テレビ北米シェア、サムスン電子が首位 | テクノロジー | Reuters

 そのサムスン電子は、1980年代に日本法人を設立し、洗濯機などの「白物家電」で日本市場に参入していたそうですが、2000年ごろには白物家電の販売から手を引く一方でAV機器に注力していたのだそうです。
 しかし、薄型テレビなどの家電販売について、日本市場から撤退する方針を固め、10月末までに小売店、インターネット販売を停止し、今後は日本向け仕様の製造もやめることにしたのだそうです。
 サムスン デジタルワールド - 日本サムスンニュース/サムスンダイレクトサービス終了のお知らせ

 日本市場ではブランド力などからシェアを拡大できず、今後も収益が見込めないと判断したとのことですが、半導体などの主力製品の粘り腰に比べればさっぱりとした決断に感じられます。これも、世界シェアを抑えている余裕で、コストばかりかかり少子高齢化で市場がシュリンクする日本を見限ったとも言えます。
 
サムスン日本撤退 家電販売 収益見込めず (11/9 産経朝刊)

 テレビ世界最大手の韓国サムスン電子が、薄型テレビをはじめとする家電販売で日本から撤退する方針を固めたことが8日、明らかになった。10月末までに小売店、インターネット販売を停止し、今後は日本向け仕様の製造もやめる。日本市場は国内大手を中心に競争が激しく、サムスンは収益が見込めないと判断、欧米などに経営資源を集中するとみられる。
 サムスンの日本法人「日本サムスン」は今夏までに小売店での販売を停止し、ネット直販サイト「サムスンダイレクト」も10月末で閉鎖した。
 ネット直販では15~46型液晶テレビや携帯型音楽プレーヤー、DVDプレーヤーなどのAV(音響・映像)機器を販売してきたがすべてやめ、パソコン用モニターの法人販売だけを残す。
 修理などのアフターサービスは日本サムスンが継続し、「電子部品の販売を中心に、法人顧客との関係を重視した事業をこれまで通り続ける」(広報担当者)という。

 サムスン電子は1980年代に日本法人を設立し、洗濯機や冷蔵庫など「白物家電」で市場に参入。2000(平成12)年ごろに白物の本格販売から手を引いたものの、前後して薄型テレビなどのAV機器に注力した。
 一時は大手量販店に専用コーナーを設け、多額の広告宣伝費を投じてブランド戦略も展開した。だが、国内市場はソニーやシャープ、松下電器産業など世界シェア上位の競合企業が多く、販売を続けても収益改善は難しいと判断した。今後は欧米に加え、新興国などの成長市場での販売強化にカジを切るもようだ。

 日本サムスンの約1兆円の売上高の大半は、法人向け半導体や液晶パネルで占められ、消費者向け家電は「1%に満たない水準」(関係者)とみられ、「(家電販売停止の)経営の影響はほとんどない」としている。
 米調査会社ディスプレイサーチによると、サムスンは今年第2四半期のテレビ販売額で世界首位だった。
 


 北米での液晶ディスプレー(LCD)テレビの出荷台数はシャープがトップで、薄型テレビ全体の出荷台数ではサムスン電子が首位なのだそうですが、第3・四半期のLCDテレビの販売台数は、薄型テレビ全体の88%を占めていて、前年同期比82%増となっているとのことですから、北米での薄型テレビのシェア首位をシャープが獲得する日も近いかもしれません。

 サムスン電子が今後注力するという、欧州や新興国(中国は?)でも同様に、LCDテレビのシャアを日本企業が伸ばすことで、日本市場で勝ったように、世界のシェアも奪取して欲しいものです。


b0055292_221741100.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2007-11-11 22:18 | 企業改革 | Trackback
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/7694838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 宇宙人を探すのは地球人にとって... 横浜ベイブリッジスカイウォーク >>