顔文字の発明者

 最近は絵文字が使われる方が多くなってきていますが、私は顔文字派(古い?)なのです。

 この顔文字、起源には諸説あるのだそうですが、1982年9月19日が、世界で初めて顔文字「:-)」が使われた日と言われています。発明したのは、当時IBMにいたScott Fahlmanという研究者で、顔文字の「笑い」 と 「怒り」 を発明したのだそうです。

 開発理由は、ある人が冗談のつもりで書いたメールを、読んだ人が本気にしてしまって誤解を生む事態が度々起こり、文章だけでは伝えられない感情を補って表現するために作った、というのがその起源なのだそうです。文字だけのコミュニケーションで起こりえるギャップを防ごうとしたのでした。

 日本の顔文字は、1986年6月20日 に 若林泰志さんが、当時のパソコン通信「アスキーネット」の電子掲示板で使用したのが最初だそうです。
 2バイト文字での全角文字も含めた文字表現ができるため、登場するとすぐにそのバリエーションはグッと豊富になったのだそうですが、元の欧米型は左が上で右が下の横たわった形で表現されています。
 日本では、(^-^)、(T_T)、m(_ _)m。これが欧米型の代表的な顔文字では、「:-)」(笑顔、Smiley)、「:-(」(悲しみ、しかめ面)、「X D」(大笑い)…。

 文字表現力の不足する私などは、社内のメールでも、相手や状況にもよりますが、雰囲気を伝えるのにしばしば重宝させていただいています。

 顔文字発明者は大手ベンダ社員?/キーマンズネットから

 顔文字の起源 (^_^)

b0055292_2345451.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2008-09-20 23:47 | IT備忘録 | Trackback
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/9537485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 梨 食糧危機と地方の雇用 >>