夏が終わり、秋が来たと感じる果物に、梨があります。
 私は、出身が島根県なので梨といえば二十世紀で育ち、今でも二十世紀が大好きで、田舎から贈ってもらうと、朝・昼・夜3食の食後に食べています。
 ところが、今住んでいるのは多摩梨の産地で、長十郎があちこちの路上で販売されたり、梨園があります。
 長十郎(1893年川崎市で当麻辰次郎(当麻長十郎)が発見した)は、今日では、幸水(1959年命名)、豊水(1972年命名)などに取って代わられたのですが、二十世紀と共に明治時代に発見され日本を代表する二大銘柄でした。

 東日本は長十郎などの赤梨、西日本は二十世紀の青梨子というイメージがありますが、二十世紀のルーツは千葉県松戸市なのです。
 1888年(明治21年)に、千葉県松戸市に住む13歳の中学生だった松戸覚之助が、親類石井佐平宅の裏庭のゴミ捨て場に生えていた小さな梨の木を偶然発見して、父が経営する梨園「錦果園」に移植して育て、10年後の明治31年に結実したのだそうです。

 松戸は「新太白」と名付けていたのですが、従来の梨と全く違い、皮が薄くて柔らかいこの梨は、二十世紀に王座を成す梨になるだろうと願いを込めて、この年に渡瀬寅次郎により命名されました。西暦の感覚の少ない明治の時代に斬新な命名でした。

 鳥取県に二十世紀梨が初めて入ったのは、命名後 6年経った1904年(明治37年)でした。
鳥取市桂見の旧家に生まれた北脇永治が、松戸覚之助の経営する「錦果園」から苗木10本を購入したものです。
 この樹を親木として苗木が作られ、鳥取県内に広まったのだそうですが、10本のうち 3本は未だ健在で、今でも実を実らせているのだそうです。

 子供の頃は、お腹を充たしてくれる庶民の果物としてよく食べていましたが、今朝のテレビの「はなまるマーケット」では、産直の完熟二十世紀は、400円/個もするそうで、なかなか自分では買えない高級果物になってきています。
 贈ってもらった二十世紀のうちの鳥取産(完熟二十世紀のシールは貼ってありませんが...。)は、よく熟れていて甘くて、口にかすが残らずとけてしまいとても美味しいのですが、貴重品としてゆっくり味わって食べることにします。

 鳥取二十世紀梨物語

b0055292_113594.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2008-09-23 11:36 | 気になる話 | Trackback
トラックバックURL : http://yujioga.exblog.jp/tb/9552728
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< サバにクロマグロを産ませる 2 顔文字の発明者 >>