カテゴリ:気になる話( 139 )

日本海のメタンハイドレートにようやく政府が眼を向け始めた?

 日本の国産エネルギー資源として注目されているメテンハイドレート。日本近海での存在が知られ、開発が注目されていますが、太平洋側と日本海側とでその資源の状態が異なり、日本海側のものが表層型と言われ、深層にある太平洋側のものに比べ安価で埋蔵量も多いと言われている(青山繁晴氏)にも関わらず、太平洋側の開発が優先されていました。
 ところが、今朝(1/24)の読売の記事では、経産省が「日本海側などで新たに771か所確認した」と発表し、日本海側の資源に目を向けるようになった様です。


つづきはこちら
[PR]
by yuji_oga | 2016-01-25 01:30 | 気になる話 | Trackback

高齢化の農家 もっと楽に仕事がしたいと生食用のブドウ栽培をワイン用に転換したけど

 長野県松本市の東部に位置する山辺地区にある山辺ワイナリー。創業以来10年以上にわたって黒字経営を続けているのだそうです。
 ところが、「もう少し楽な仕事がしたい」と始めた目的は。。(笑) いえ、笑いごとではない?


つづきはこちら
[PR]
by yuji_oga | 2015-11-02 01:20 | 気になる話 | Trackback

安倍首相 中央アジア5カ国歴訪

 安倍首相は、野党の国会開催要求がある中、中央アジア5カ国歴訪に出発しました。
 日本の首相が中央アジアの国を訪れたのは、2006年に小泉純一郎元首相がカザフスタンとウズベキスタンを訪問して以来だそうで、その他の国々は初の訪問になるのだそうです。
 「21世紀版防共回廊」の一環と言える歴訪で、「防共回廊」が、ソ連にたいしてのものであったのに対し、中国に対象を変えた、戦略です。


つづきはこちら
[PR]
by yuji_oga | 2015-10-26 01:52 | 気になる話 | Trackback

危うし インドネシア高速鉄道受注合戦

 昨年10月に就任したインドネシアのジョコ大統領は、初の外遊先に日本を選び、今年3月に来日して、首都ジャカルタの都市高速鉄道、首都近郊の港湾整備、スカルノハッタ空港拡張などのインフラプロジェクトを引き続き日本の協力の下で進めたいとの意向を表明していました。
 一方、同じ3月に中国も訪問して、高速鉄道のセールスに興味を示す中国と事業化調査に合意していたのです。追いかける中国と、守る日本との攻防が繰り広げられていますが、今週中にも結論が出されるのだそうです。


つづきはこちら
[PR]
by yuji_oga | 2015-08-31 00:26 | 気になる話 | Trackback

TPP交渉が大詰 今回が妥結のラストチャンス

 TPP協定を巡る交渉参加12か国の首席交渉官の会合は、日本時間の25日午前9時ごろから4日間の予定でハワイで始まりました。
 交渉は大詰めを迎えている様で、残された課題は絞り込まれつつあるそうですが、鶴岡主席交渉官が「限られた問題こそが非常に困難な問題」と語っておられる様に、今後の協議は予断を許さない情勢でもある様です。
 今回の会合で合意に至らなければ、来年に大統領選を控える米国の政治日程上、交渉を進めることが困難になるとの指摘も出ているそうで、成り行きが注目されますね。


続きはこちら
[PR]
by yuji_oga | 2015-07-27 00:24 | 気になる話 | Trackback

コーヒーが注目を浴びていますね

 「スタバが無くてもスナバがある」と、鳥取県が自虐PRに使っていた、スタバの無い唯一の県だった鳥取県にスタバが開店したと、姦しくまた微笑ましく報道が盛り上がっていますね。
 鳥取はコーヒー消費量が全国2位と言うことですが、全体の人口数や家庭内消費などで、店舗の進出が遅れていたのでしょうか。
 1,000人を越す来客があり、テレビのインタビューに答えているお客さんが「どこにこんなに人がいたのだろう」と驚いていたのも、県民の方々の関心の高さを象徴していましたね。

 人口減が進む日本で、諸々の消費は減って当然なのですが、コーヒーの消費は増えているのだそうですね。最初に就職した会社が、某大手コーヒー輸入・卸&直売の会社だったyuu2ですが、業界の発展にはかつて携わっていただけに、喜ばしく、成長と変革が始まったころの昔のことを想いだします。


続きはこちら
[PR]
by yuji_oga | 2015-05-25 02:11 | 気になる話 | Trackback

日本&ADB アジアへのインフラ投資増強へ

 アジア開発銀行(ADB)の年次総会と関連会合が、アゼルバイジャンの首都バクーで開幕(2日)され、中尾武彦総裁は記者会見で、ADBの融資能力を現在の年間約130億ドルから、2017年に最大で1.5倍の約200億ドル(約2兆4千億円)に拡大すると発表しました。
 中尾総裁は「AIIBとは関係ない」としていますが、ADBは機能を強化し、融資手続きの迅速化するとのことで、AIIBを意識した変革と言えますね。
 一方、麻生太郎副総理・財務相は、日本からアジアへのインフラ投資を拡充するための包括策をつくる方針を表明(3日)しています。



つづきはこちらへ
[PR]
by yuji_oga | 2015-05-04 01:50 | 気になる話 | Trackback

沖縄近海などで有望鉱床次々発見 世界で先駆けて海底資源商業化技術を開発しビックビジネス化に期待

 沖縄近海等、日本近海で有望鉱床が次々と発見されていて、「資源小国」のレッテルの返上につながる可能性もあるのだそうです。
 石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)が調査を実施し、三菱重工業や三井三池製作所などと共同で専用採掘機を製作し、同年、世界で初めて海底鉱床での採掘試験に成功したのだそうです。




つづきはこちら
[PR]
by yuji_oga | 2015-02-22 18:20 | 気になる話 | Trackback

三井住友FG・住商 ボーイングから航空機80機購入

 三井住友FG・住商が、航空機リース事業を拡大するために、ボーイングから航空機80機購入するのだそうです。

続きはこちら
[PR]
by yuji_oga | 2014-11-11 00:59 | 気になる話 | Trackback

ホンダは小型機様ジェットエンジンも販売

 先日は、三菱が遅れていた国産ジェット旅客機の機体のお披露目をしましたが、ホンダは、小型ジェット機と、小型ジェット機用エンジンで、市場に新規参入をするのですね。
 かつては名機ゼロ戦を産んだ日本の航空機関連技術は、終戦後は、YS-11で復活しかけた時期もあましたが、その生産が絶え、技術の継承が危ぶまれていました。
 しかし、ボーイング787で、炭素繊維が使われたことで、航空機産業の先端技術への日本企業の復活が始まり、国産ジェット機への注目が高まっていした。


続きはこちら
[PR]
by yuji_oga | 2014-10-19 23:21 | 気になる話 | Trackback