カテゴリ:気になる話( 139 )

ハードだけでなく、アプリも韓国、中国が席捲

 スマホや携帯タブレットPCが主流となってきた情報受発信ツール。
 ハードでは、韓国、台湾(=アップル)勢が席巻していますが、ソフト(=アプリ)でも、韓国、中国勢が台頭しているのですね。
 毎日が日曜日生活の私は、外出先での情報の受発信の必要性が薄く、いまだにノートPCと携帯電話で事足りているのですが、現役諸氏の様子を見聞きしていると、入力が大変だからと敬遠していた人たちもほとんどがスマホには移行してしまっています。
 聞くと、ラインを使わねばならない為とのこと。いまや、ラインを使えないと仲間外れになってしまうのだと...。
 一昔前のメールの草創期に、メールが出来ないと仕事にならなくなり始めた時と同じような現象でしょうか。
 そのメールがそこそこ普及した10年位前に、社内LAN内限定ですが、試験的に導入した「IP Messenger」というソフトが推奨を控えていたのに、爆発的に普及し、セキュリィティとトラフィクの対応に大わらわで追われたことを想い起しました。

 この携帯をスマホに切り替えさせるきっかけとなるラインは、韓国系の企業(親会社は韓国のカカオNHN)でありながら、日本でサービスを開始したのだそうで、東南アジアや中南米、スペインでもユーザーが増え続けていることは、諸兄がご承知の通りです。
 また、韓国ではいち早く、カカオが圧倒的にシェアを確保していて、カカオはインドネシア他への展開を計っているのだそうでね。
 世界規模では、華僑を通じて世界に広まっている、Wechatがカカオとラインをたした数を超える、3億人を超えるユーザー数を誇っているのですね。

韓国から東南アジア市場狙うKAKAOとLINE、激化する無料メッセアプリの市場先取り競争:PC Online

 ハードだけでなく、アプリも韓国、中国が席捲しています。
 日本企業は、大きく水をあけられてしまっていますが、この韓国や中国企業の努力は認め、価格でも、見た目でも、実績でも負けない体質改善が必要です。


b0055292_22443087.jpg

  この花の名前は、ドームギク


今日は何の日

↓よろしかったら、お願いします。



[PR]
by yuji_oga | 2013-04-27 10:13 | 気になる話 | Trackback

ホワイトデーも主力ターゲットは女子

 バレンタインデーのお返しに、男子から女子に贈り物をするのがホワイトデー。日にちが近づいた今、悩む男性が多いのですね。
 日経によると、「バレンタインデーとホワイトデーは面倒だと思う」という男性は65%。」との調査結果が在るのだそうで、そんな気配を察知してか、いまや女子が女子に贈り物をしたり(バレンタインの「友チョコ」のお返し)、自分に贈り物をするケースが増えていて、ホワイトデーも女子の購入者が増えているのだそうですね。

 
ホワイトデーも主役は女子 「友チョコ」お返し  :日本経済新聞

<前略>
 「ホワイトデーは女子同士で手作りスイーツを交換する予定。でも雑貨を贈るのもいいかも」。都内の女子大学生(23)は、小さなボトルに入った米国ブランドのバスソルトを手に取った。
 三越銀座店(東京・中央)は6日、婦人服売り場にホワイトデー向けコーナー「ビューティー マイ ルーム」を開設した。花柄のミニタオルなど雑貨を中心に100種類以上を扱い、中心価格帯は2千~3千円。男性客の少ない売り場に設けたのは「女性同士のギフトを狙った」(佐野恭子アシスタントセールスマネージャー)ためだ。

 男性から女性にお返しするホワイトデーが、女性自ら楽しむイベントに変わりつつある。理由の一つは、バレンタインデーに女友達に贈る「友チョコ」の広がりによる、お返し需要の増加だ。

 西武池袋本店(東京・豊島)の菓子売り場ではホワイトデーフェアの開始から5日までの売り上げが前年同期比4%増。「『友達にもらったチョコがおいしかった』と同じブランドの限定品を購入する女性が多い」。阪急うめだ本店(大阪市)では友チョコのお返し用に「見た目重視のカワイイスイーツ」を展開する。
 「1年の『おつかれさま』も兼ねて自分にコスメを買うつもり」(31歳の女性会社員)。小田急百貨店新宿店(東京・新宿)の婦人服飾雑貨売り場では、ホワイトデー向け商品のパラソル型の爪やすりなどが直近の1週間は各60個のペースで売れている。「購入の9割が女性で自分用が多い」

 第一生命経済研究所の宮木由貴子主任研究員は「好きなものが店頭をにぎわすなか、ホワイトデーを大義名分に買い物をしている」と分析する。
 「ホワイトデーにレストランなどで女子会を開く人が増えている」。京王プラザホテル(東京・新宿)は3月、45階のバーで女子会プランを発売した。1人7500円でシャンパン「モエ・エ・シャンドン」などと魚料理やパスタを味わえる。

 SBIホールディングスの「保険の窓口インズウェブ」の調査では「バレンタインデーとホワイトデーは面倒だと思う」という男性は65%。そんな気持ちをくんでか、プランタン銀座(東京・中央)の調査で男性からのギフトに期待する金額は本命(6456円)、義理(1144円)と今年は大幅減。5年前の調査開始以来、過去最低だ。


 これが良いと選び抜いた品物ですから、自分も欲しくなるのは当然ですね。
 女性自ら楽しむイベントに変わりつつあるとのことで、消費の主役の女性がどんどん消費していただくのも、景気の活性化に貢献ですね。
 ホワイトデーを理由に女子会とは、なんだかんだ理由をつけて「一寸一杯」という、オジサマ族と同じなんて言うと怒られる?
 男性からのギフトへの期待値が過去最低というのは、男性の存在観の低減に繋がってないか、心配です。

 バレンタインデーにも女子同志で贈り物しあって、ホワイトデーにも女子同志で贈り物。個人消費が増えて、景気が良くなることはいいことですね。
 でも、"チョコ"ット大変そうな気もするけど、お買い物選びに時間をかけるのも楽しみのひとつなのでしょうね。



b0055292_16425521.jpg

  この花の名前は、フウロソウ  撮影場所;六甲高山植物園 (2012年10月 撮影)

今日は何の日

↓よろしかったら、お願いします。



[PR]
by yuji_oga | 2013-03-10 16:49 | 気になる話 | Trackback

チャイナプラスワン 期待のタイは親日か親中か

 習近平新政権の誕生で増すチャイナリスク。
 チャイナプラスワン or 脱中国に動き出した日本が期待するアジア市場。その中で注目される国は安倍首相が就任後初の海外訪問をしたベトナム、タイ、インドネシア、岸田外相が訪問したフィリピン他、麻生氏が訪問したミヤンマーやその他いくつかありますが、既に実績もあるタイは注目が必要です。


つづきはこちらから
[PR]
by yuji_oga | 2013-02-18 00:46 | 気になる話 | Trackback

去年(2012年)の貿易赤字が、史上最大に

 去年(2012年)の貿易赤字が、第2次石油危機時の1980年を上回り過去最大の6兆9273億円となったのだそうですね。

 貿易赤字、過去最大の6兆9273億円 2012年  :日本経済新聞


続きはこちら
[PR]
by yuji_oga | 2013-01-24 22:11 | 気になる話 | Trackback

日本から金が流出をつづけている

 2013年があけました。おめでとうございます。
 昨年の文字は「金」でした。個人的には縁が薄いものですが、金メダルは明るい話題を提供していただき、想いだすことで、年の締めを輝かしくしていただきました。
 そんな楽しい金の話題を年初から出来ればいいのですが、日本から大量の金の流出が続いていて、2012年で7年連続になるのだそうです。金の相場が上がっているので買う人が多いのかと思ったら、売る人の方が多いのだそうです。そしてそれが海外へ輸出されている。


続きはこちら
[PR]
by yuji_oga | 2013-01-02 18:25 | 気になる話 | Trackback

海底資源 国産洋上プラント技術開発に国策支援

 海上プラント事業の世界シェア(受注額ベース)は、韓国が世界トップを占め(39%)、中国とシンガポールがともに14%で続いていて、日本は運搬支援などで1%の参画にとどまっているのだそうです。
 造船シェアも、韓国と中国がトップの座を交互に取り争っていて日本は低迷しています。
 中国はもちろんですが、韓国も国と一体となって事業を進めているのに対し、日本は民間が独力で立ち向かっていることによる投資規模の差によって差がついてしまったのですね。
 ようやく政府が重い腰をあげて動き始めたようです。
 
海底ガス・原油 海上プラント国産推進 政府方針 技術開発に補助 (10/21 読売朝刊)

 政府は、海底から採掘した天然ガスや原油を海上で精製・貯蔵する国産技術の開発に乗り出す方針を固めた。海上大型プラント建造に関する国内企業の技術開発に対し、補助金を出して支援する。将来の日本の排他的経済水域(EEZ)での資源開発もにらみ、自前の海上大型プラント建造技術を育成する国家戦略の一環として注目される。

 政府は、韓国や中国などの企業に比べ遅れが指摘される国内企業の技術力を引き上げたい考え。海上大型プラント建造に関する技術開発支援の推進を、今年度中に策定する次期海洋基本計画(2013年度から5か年)に盛り込む方針だ。
 政府が技術開発を支援する海上プラントは、大型タンカーを改造し、採掘機器や精製施設を取り付けるものだ。ガスや石油を洋上で精製・貯蔵できるため、陸地から遠くパイプライン敷設が困難なガス田・油田の開発が容易になる。
 支援事業では、国内の造船会社やプラントメーカーを対象に、天然ガスをマイナス約160度で液化させる際の事故防止や、全地球測位システム(GPS)を使った海上でのプラントの定位置確保などの技術開発に補助金を支給する。国土交通省は来年度予算の概算要求に約16億円を計上した。
 世界の海上プラント事業は、受注額ベースで韓国が39%と世界トップを占め、中国とシンガポールがともに14%で続く。政府系企業が事業に参画するなど国が全面支援する中韓に対し、日本は、民間だけで巨額の事業費を負担しなければならない事情から、運搬支援などで1%の参画にとどまっているのが実情だ。


 陸上のプラントでは欧米のメジャーが君臨していますが、洋上プラントは、韓国や中国がトップ争いをしているとは、不勉強で初めて知りました。
 同時に、日本が技術でも中国や韓国に遅れているのも、造船ではシェアは追い越されているものの、先端技術では負けていないとされているので意外でした。
 
 国内の造船会社やプラントメーカーを国が音頭をとって結集させ、国土交通省が技術開発の補助金を来年度予算の概算要求に約16億円を計上するのだそうです。
 造船は、省エネのハイテク技術を活かした品質要求のあるマーケットに指向を絞っていくとしていました。
 洋上プラントは、これから技術開発を始めて、遅れを取り戻し追いつき追い越そうという話ですが、造船や陸上プラントでは世界トップレベルにあるはずなので、洋上プラントに結集されることを期待します。
 
 完成したら、東シナ海のEEZ境界線でのガス田で、中国との共同開発の話が頓挫したままですが、日本独自での開発に使えますね。



b0055292_22461295.jpg

  この花の名前は、メコノプシス・ホリドゥラ(幻の青いケシ)  撮影場所; 六甲高山植物園

今日は何の日

↓よろしかったら、お願いします。





Fotolia

[PR]
by yuji_oga | 2012-10-21 22:49 | 気になる話 | Trackback

国産ジェット旅客機 「MRJ」 実物大客室模型を初めて展示

 国産ジェット旅客機 「MRJ」で久々の進展の話題です。
 JALのコスト削減再生策のひとつに、ジャンボ機は売却し、運行機種を乗客数に併せて変更選定する新運行方式が紹介されていました。格安航空会社(LCC)の普及もあり、航空機の低燃費化は時代のニーズとして注目されています。
 それに応えて話題を呼んだのが、日本の技術の炭素繊維をふんだんに使用し、軽量化による燃費性能を向上させた、ボーイング787の就航でした。
 これと並んで注目されていたのが、国産ジェット旅客機 「MRJ」でした。リージョナルジェット機では、炭素繊維を使用した主翼での軽量化がコスト削減に繋がらないとのことで素材変更され、開発が遅れていましたが、名古屋で開催された「国際航空宇宙展」に実物大の客室模型が初めて展示されたのだそうです。


続きはこちら
[PR]
by yuji_oga | 2012-10-15 00:54 | 気になる話 | Trackback

トルコ原発計画 日本の優先交渉権は消滅

 トルコの原発計画では、日本が優先権を得ていて福島第一の事故後もトルコは日本との交渉継続を表明し日本の姿勢を待っていました。
 日本側の受注チームに東電が入っていて、今後の対応が停滞する間に時間が経過したことと、韓国、中国の巻き返し攻勢が強いことなどもあり、日本の優先権は事実上消滅したのですね。
 原発増設を進めるトルコの側にたてば、原発への取り組み姿勢が曖昧な日本製の原発を、国家のエネルギーを左右する計画に採用するのに躊躇するのは当然ですし、日本側の企業も力が入らないでしょう。


つづきはこちらから
[PR]
by yuji_oga | 2012-08-06 00:35 | 気になる話 | Trackback

気がついたら、中国製のオリンピック

 オリンピックが始まりました。なでしこのまずまずの滑り出しにつられ、日本勢の活躍への期待が高まります。
 ところが、場外では、米国チームの制服が中国製でったことの騒動が話題となっていました。
 この中国製製品のオリンピック進出は、公式グッズにも及んでいて、6割以上が中国製なのだそうです。開会式を盛り上げた花火も中国製が3/4。
 世界中が財政赤字に苦しむ最中、中国製品の世界への浸透度合いには改めて感嘆させられますね。


続きはこちら
[PR]
by yuji_oga | 2012-07-28 21:43 | 気になる話 | Trackback

Gゼロの世界

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by yuji_oga | 2012-05-16 20:22 | 気になる話