カテゴリ:気になる話( 136 )

WSJが選んだ、2011年の最も優れた発明品ベスト7

 2012年が明けました。2011年に起きた、国内外の歴史的出来事が、重くのしかかり大きな転換機に立つ年となりますが、出口の明かりは見えてきていません。
 それはさておき、新年早々のここでは同じ2011年に話題を集めたものですが、WSJ(Wall Street Journal)が選んだ、2011年の最も優れた発明品ベスト7の話です。
 
WSJが選ぶ2011年の7つの発明 - WSJ日本版 - jp.WSJ.com


 優れたアイデアを思い付く企業はアップルやフェイスブック、グーグルだけではない。
 最新の「iPhone(アイフォーン)」やフェイスブックのモデルチェンジが新聞の見出しを独占した2011年。しかし、他にも多くの企業がその創造力を見せつけた。ハイテク製品(優秀なコンピューターや自動操縦の飛行機)から、驚くほど単純なモノ(世界で最も厄介な病気を診断できる紙切れ)まで、さまざまな発明品が生まれた。
 アップルの共同創業者で、現代における最高のイノベーターの1人と言われるスティーブ・ジョブズ氏の死を多くの人が悼んだが、創造力と発明はなくなるどころか、この世に満ち溢れている。
 ここでは、2011年の最も優れた発明品のうち7つを紹介する。

IBMのワトソン・コンピューター
 2011年2月、現実がとうとう想像の世界に追い付いた。
IBMのワトソン・コンピューター・システムが米国の人気クイズ番組「ジョパディ(Jeopardy)!」に登場、2人の前チャンピオンを打ち負かしたのだ。ワトソンの勝利は人工知能の歴史に残る偉業だ。SF映画の名作「2001年宇宙の旅」に出てきた架空の人工知能「HAL9000」が思い出される。

 ワトソンは語彙や言語、人間の知識という複雑な領域を理解する目的で作られたが、単に優れた研究開発プロジェクト、というだけではない。医療保険会社ウェルポイントはワトソンを使って、医師向けに治療の選択肢や診断を提案することを計画している。IBMの幹部によると、ワトソンがコールセンターやエンジニアリングなど他分野に応用されれば、3年から5年後に10億ドル規模(約770億円)の事業に成長する可能性があるという。

 ワトソンと同様、アップルのアイフォーン向け音声認証ソフト「シリ」も注目を集めた。シリは、機能は限定されているものの、音声で操作する消費者製品の先駆けとなった。利用者の過去の行動や好みに基づいて、利用者に代わって決定を下す改良版ソフトが発売されるかもしれない。

ノースロップの「X-47B」無人攻撃機
 昨年2月、コウモリ型の翼を持つ無人戦闘機1機がロサンゼルス北部の砂漠地帯の上空で29分間の試験飛行を行い、海軍航空機は新たな時代に入った。X-47Bは、飛行経験が豊富な人間が遠隔から操縦かんで操作するような普通の無人飛行機ではない。X-47Bの
飛行任務を管理するのはコンピューターだ。オペレーターがマウスをクリックするだけで、エンジンがかかり、攻撃機が空に飛び立つ
 X-47Bはノースロップ・グラマンが開発した。機内にある2つの兵器倉には最大4500ポンド(約2トン)の兵器を搭載することができる。X-47Bは
空母の移動甲板から離発着できる初の無人飛行機でもある。
 無人飛行機の技術は過去10年間で大きく前進した。しかし、2011年末には、イランが米国の無人航空機RQ-170を撃墜したと主張し、その限界も明らかになった。X-47Bは敵のレーダーに探知されにくいとされ、2020年までの配備が予定されている。

ライトロの「生きている写真(Living Pictures)」
 画期的な技術の多くは大企業の実験室から生まれるが、写真撮影の世界に大旋風を巻き起こしたのは、シリコンバレーに拠点を置く新興企業ライトロだった。

 ライトロのスチルカメラが
デジタル写真技術における革命的な進歩、と言われるのは、撮影後にピントを合わせることができる「生きている写真」を撮影することができるからだ。写真をウェブブラウザに表示して、ピントを合わせたいところをクリックする。
 ライトロによると、100年前に発明された「ライト・フィールド・カメラ」に最新の技術を導入し、通常のデジタルカメラよりもはるかに多くの情報を記録できるようにした。昨年10月に1台399ドルから499ドルで受注がスタート、受け取りは今年初め以降となる。

レバレッジド・フリーダム・チェア(テコの原理を使った車椅子)
 スロープやエレベーターがないだけでも車椅子で町を動き回ることは難しい。発展途上国の道路は舗装されていないばかりか、石が転がり、泥にまみれている。これでは、車椅子での移動は不可能だ。
 マサチューセッツ工科大学(MIT)モビリティ・ラボで誕生した新型の車椅子は、発展途上国に住む幾多の障害者にとって解決策となるかもしれない。途上国の障害者の多くは田舎に住んでおり、学校や職場に行くにしても、家にいるにしても、2~3マイル(約3~5キロメートル)の坂を上って生活している。
 この「レバレッジド・フリーダム・チェア(テコの原理を使った車椅子)」は発展途上国に豊富に存在し、安く入手できる自転車の部品で作られている。従来のプッシュリム式の車椅子を作るには数千ドルかかるが、レバレッジド・フリーダム・チェアはたった100ドルほどで作ることができる。特別なレバーが装備されているため、起伏の多い地形を進んだり、急な丘を登ることができる。
 この車椅子は既に数年間にわたる試験が行われており、今年の早い時期にインドで生産が開始される。その後、他国での生産も期待される。

経カテーテル人工心臓弁「サピエン」
 目詰まりした動脈の治療にステントが使われるように、エドワーズ・ライフサイエンスが開発した「サピエン」は大動脈弁狭窄(きょうさく)症の治療に用いられる。ステントにもサピエンにも、開胸手術は不要だ。
 サピエンは牛の組織やポリエステルなどでできており、昨年11月2日に米食品医薬品局(FDA)の認可を受けた。同製品は開胸手術を行わずに、大腿動脈か胸部の小さな切開部からカテーテルを挿入して置換する初の人工心臓弁である。
 心臓内科医が担当するステントの利用が増加した結果、心臓外科医が扱う手術が著しく減少、心臓内科と心臓外科という2つの分野の間に溝が生じていた。サピエンはこの2つの分野の協力によって開発され、どちらの分野でも使用することができる。サピエンが広く採用されれば、2つの分野の関係修復にも役立つだろう。

「ダイアグノスティックス・フォー・オール(Diagnostics for All)」
 切手サイズの紙で世界中の悩ましい病気の一部を診断することができるかもしれない。しかも、かかる費用は1セント以下だ。
 「ダイアグノスティックス・フォー・オール」はボストンに拠点を置く非営利団体で、バイオテクノロジー企業の幹部であるウナ・ライアン氏が創設し、ビル&メリンダ・ゲイツ財団が資金を提供している。同団体は、特別処理された紙を使った血液検査の手法を開発した。血液や尿1滴を紙にたらし、問題が見つかれば、数分以内に紙の色が変化する。
 この製品はまず、結核に罹患しているアフリカのエイズ患者の検査に使用される。結核にかかったエイズ患者は非常に強い薬を服用しているため、肝不全で死亡することが多い。ダイアグノスティックス・フォー・オールによると、この検査紙を使えば、血液中の毒性を検出する肝機能検査は0.1セント以下で実施できる。外部の電源や機器は不要。

トライゲート・トランジスタ

 半導体チップが改良され続けなければ、パソコンも多機能携帯電話(スマートフォン)も「iPad(アイパッド)」も誕生しなかっただろう。インテルは3次元構造のトランジスタを開発、イノベーションを前進させようとしている。
 トライゲート・トランジスタはチップ上に構築するトランジスタに「フィン」のような立体的構造を採用し、1959年以来の半導体の設計を根本から変えた。インテルは、1つの町に多くのオフィスを詰め込むために高層建築物を開発した建築家、といえる。
 インテルによると、この3Dの設計は平面型のトランジスタとは一線を画しており、
現在の半導体と比較すると、パフォーマンスは37%、消費電力は50%改善する。電子機器のさらなる進化を後押しすることが期待される。



 どれも2012年以降に明るい未来を開いてくれそうな、期待が持てる発明ですね。
 個人の趣味の見地から言わせていただけるなら、「ライトロの「生きている写真(Living Pictures)」に最も期待します。
 写真の出来映えを決める要素にはいくつかありますが、ピントは死活的なポイントのひとつですね。
 「生きている写真」が撮れて、後でゆっくりピントを自在に調整できるのは、複数のピントポイントで撮影して後で選択している現状に比べると、わくわくしてくる画期的な発明です。庶民が入手できるまでにはどれくらい時間がかかるのか、速く使えるようになることを願います。

 世界の産業革命につながると言っても過言ではないと言えるのは、「ワトソン・コンピューター・システム」ですね。
 人工知能と言えば、1997年に、当時のチェス世界チャンピオンに勝利したIBMのコンピュータ・システムである「ディープ・ブルー」が思い起こされますが、今度はクイズ番組でチャンピオンを負かしたのだそうですね。
 医師向けに治療の選択肢や診断を提案したり、オンラインのヘルプデスクや、コールセンターでの顧客サービスなどに活用でき、3年から5年後に10億ドル規模(約770億円)の事業に成長する可能性があるとのことですが、人工知能の技術と活用は、ちょっぴり怖さが臭いますが、更なる発展と産業への影響をもたらす可能性を感じさせられます。

 その他、高齢化社会に向かい、医療や介護関連が多いのも、時代のニーズに応えるものとして、期待できますね。

 閉塞感に満ちた今年ですが、その闇を打ち破るこうした発明が新規産業を産み出し、明るい未来を切り開いてくれることを願います。


b0055292_23372838.jpg

  マムシグサの実  撮影場所;六甲高山植物園

今日は何の日

↓よろしかったら、お願いします。





Fotolia

[PR]
by yuji_oga | 2012-01-02 23:43 | 気になる話 | Trackback

次期主力戦闘機(FX)は、F35

b0055292_21445321.jpg 次期主力戦闘機(FX)の選定が山場を迎えていました。自他ともに素人と認め、問責決議を受けた一川大臣の下での決定が危惧されていました。
 読売新聞が今朝の一面トップで、防衛省がF35を選定する方針を固めたとし、16日に安全保障会議(議長・野田首相)を開き、正式決定されると報じています。TV各局は、16日に決定されると報じていますが、3機種の内どれになるかまでは報じていません。読売のスクープに追随して報じているからなのでしょうか。
 
F35次期戦闘機に 政府16日決定 最新ステルス機 (12/13 読売朝刊)

 防衛省は12日、航空自衛隊のF4戦闘機の後継となる次期主力戦闘機(FX)について、米英豪など9か国が共同開発中の最新鋭戦闘機「F35」(開発主体=米ロッキード・マーチン社)を選定する方針を固めた。16日に安全保障会議(議長・野田首相)を開き、正式決定する。2012年度予算案には4機分(概算要求ベースで計551億円)を計上し、将来的には約40機の配備を目指す。

40機配備目指す
 選定作業を行っている防衛省と空自はF35の性能について、全方位の最新のステルス性に加え、地上レーダーやイージス艦などの情報を統合し、パイロットに伝えるネットワーク力に優れている点を高く評価した。
 国内防衛産業との関連でも、米政府は日本政府に、共同開発国以外では例外的に機体に関する機密情報を開示することを表明済みで、
国内企業が関与することができるため、技術基盤の維持に資すると判断した。

 米国の国防費削減などの影響で研究開発が遅れ、防衛相などが条件としている16年度までの 1号機納入が間に合わない恐れがあるとの指摘もあるが、
米政府が期限内の納入を確約していると言う。
 FXの選定は約30年振り。

<中略>

 防衛相と空自は、①性能②経費③国内企業への影響④整備や修理のしやすさ━━を選定基準に細部まで点数化し、100点満点で評価を進めていた。


 候補の 3機種の内、中露等各国が開発を進めている第5世代に該当するのは、F35だけでした。
 日本は、元々ステルス性能に優れ、韓国哨戒艦沈没事件で朝鮮半島に緊張が高まった時、沖縄に臨時配備されたF22を選定する意向でしたが、自衛隊の情報漏洩が度重なったこともあり、米国議会で日本への輸出を拒否されました。

 性能などについては、以下に特集記事がありましたので、参照ください。
 時事ドットコム:【特集】日の丸ステルス F35

 F35の問題点は3つ。
 一つ目は、開発が遅れに遅れているが、納期が間に合うか。記事では、米国政府が間に合わせると確約していると言うのですが、3機相見の状況下でのセールストークの可能性が強いですね。
 2つ目で、一番肝心なのが、日本企業の関与。日本国内での生産が可能かどうかが焦点で、ユーロファイターなどは可能との売り込みでしたが、F35は武器輸出を禁じる国内事情で共同開発に参加できなかった日本へは、情報開示もおぼつかない状況であったことです。
 日本の純国産機の開発話は、最近は聞こえなくなっていますが、培われてきた技術の断絶は避けたいところですね。
 国内の戦闘機生産が55年ぶりに途絶 航空機産業界が見守るFX(次期主力戦闘機)の行方|inside|ダイヤモンド・オンライン

 3つ目はお金。世界で突出した財政赤字を誇る(?)日本。なかなか選定作業が進まない状況で、財務省が予算化見送りを示唆していました。

 しかし、なんとか選定が決着することで、1日も早く納入され、頻度が増えている中露軍機へのスクランブルで、敵機が知らない間に真後ろに日本のF35が密着している状況を産み出し、枕を高くして眠れる時が来ることを願っています。

 

b0055292_2140930.jpg




今日は何の日


↓よろしかったら、お願いします。



[PR]
by yuji_oga | 2011-12-13 21:46 | 気になる話 | Trackback

今年は貿易赤字の月が半分 トータルでは赤字 その時なにがおきるのか

 かつて、貿易黒字額の多さで、貿易立国国家として高い評価を得ていた日本ですが、このところ月次で貿易赤字の報道を頻繁に見聞きするようになりました。そして、財務省の発表で、10月も赤字で、10月としては1979年の現行統計開始以来、過去2番目の赤字幅となったのだそうです。
 財務省貿易統計 Trade Statistics of Japan
 
 2か月ぶり貿易赤字…円高で輸出減、原油高も : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 財務省が21日発表した10月の貿易統計によると、輸出額から輸入額を引いた貿易収支は2738億円の赤字となり、2か月ぶりに貿易赤字となった。
 10月としては1979年の現行統計開始以来、過去2番目の赤字幅となった。円高と世界経済の減速で輸出額が減った一方、原油高などで輸入額が増えたためだ。
 輸出は特に、財政・金融危機が広がる欧州向けが落ち込んだ。欧州連合(EU)諸国に対する貿易黒字は前年同月比47・1%減の1002億円で、10月として過去最低。全体の輸出額は3・7%減の5兆5128億円で3か月ぶりに減少した。
 輸入額は17・9%増の5兆7866億円で、22か月連続で増えた。原油、液化天然ガス(LNG)の輸入が増えた。原油高に加え、原子力発電に代わる火力発電の燃料としてLNGの需要が増えて輸入額を押し上げた。




 リンク先の記事に、輸出と輸入と差額のグラフがありますので、それぞれの推移が一目で解りますが、震災でサプライチェーンが麻痺し輸出が大きく減った 3,4,5月。その後持ち直したものの円高で低迷する様子。欧州の金融不安で低迷する世界経済の影響で一旦持ち直していたものが減速する 9,10月の様子がみてとれますね。
 一方輸入は、原発停止での火力電力増産に伴うLNGの輸入増を主因として、円高のメリットがあるにもかかわらず、大きく伸びています。円高を利用した買い物も増えている。
 1~10月の貿易収支の累計は、1兆5,897億円の赤字です。

 ギリシャ、イタリアを遙かにしのぐ日本の財政赤字。発行国債の引き受けが国内で賄われていて、その国力の裏打ちの一つの指標に貿易黒字がありましたが、今年の現状では、日本は貿易収支赤字国なのです。そして、原発停止に伴うLNG輸入は増加継続しますから、原発再稼働が見込めない現状では赤字解消の見込みはありません。
 イタリアからスペインへ、更にはフランスへと飛び火するマーケットの攻撃。GDPの200%超の財政赤字をかかえ、さらに貿易収支が赤字転落の日本。国債を国内で引き受ける限界が見えてきたときが、高騰する国債の金利支払い不能に陥り、第二のギリシャ・イタリアになる時です。

 原発の再稼働停止は、CO2発生増加による地球環境汚染増加のほかに、こんな影響もはらんでいるのです。
 女川や、福島第二は、あの大震災と津波を凌いだのです。福島第一だけがこれだけの大災害を生じました。
 その差がなにかは今更申し上げるまでもない人的ミス(安全対策の手抜き)ですね。そのことにより1年足らずで議論の如何にかかわらず、日本の原発を全て停止させ(急先鋒のドイツでも10年かけて停止)、日本の経済=日本の存立を脅かすことになっています。
 大震災と大津波を凌いだ原発の方が多いのです。女川は、近隣住民の避難所にもなりました。
 大震災を凌いだ日本の原発技術ということで、ベトナム、トルコ他の国々は日本からの原発導入を継続交渉しています。
 安全点検がなされたものの再稼働については、急激な停止ではなく長い広い目で見た考察が必要だと考えます。



b0055292_17582691.jpg

  この花の名前は、ツリガネニンジン (撮影場所; 六甲高山植物園)

今日は何の日

↓よろしかったら、お願いします。



[PR]
by yuji_oga | 2011-11-21 18:00 | 気になる話 | Trackback

地球の水の起源は。そして生命の起源は。

 我々生物が生きていくのに欠かせない水。地球上の生物の生まれ故郷と言われる海。その水は、地球が誕生した時から地球に在ったのか、地球が冷えた後で宇宙から飛来した星によってもたらされたのか、外からもたらした星だとすれば、それは彗星なのか、小惑星なのか、科学者たちが学術的な論戦を繰り広げてきているのだそうです。
 1980年代に太陽系内のいくつかの彗星を調査して、これらの彗星の水のD/H比が地球上の水とは大きく異なることが解り、彗星説は大きな打撃を受けていたのだそうですが、海王星軌道の外側のカイパーベルトのハートレー第2彗星の水が地球の水に非常に近いことが発見されたのだそうです。
 
地球の海の起源は彗星?(ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト) - goo ニュース

 地球上の水と化学的に近い水が彗星上に存在することが、初めて確認された。古代の地球の海の形成に、大量の水を伴って衝突した彗星が寄与したという説を裏づける発見だ。
 惑星の形成モデルからすると、原初の地球は熱すぎて、表面に液体の水を保持することはできなかったと考えられる。このことが、地球の海の起源に謎を投げかけている。そこで、地表の水は、地球が冷えた後に衝突した彗星に由来するのではないかという説が生まれた。
 しかし1980年代に、彗星の水に含まれる通常の水分子と「半重水」分子の比率が測定され、この説は大きな打撃を受けた。

<中略>

 1980年代に太陽系内のいくつかの彗星を調査してわかったのは、これらの彗星の水のD/H比が地球上の水とは大きく異なるということだった。
 ドイツ、マックス・プランク太陽系研究所の天文学者で、今回の研究を率いたパウル・ハルトフ(Paul Hartogh)氏によれば、過去の調査結果は、地球の水で彗星に由来するものはせいぜい10%程度であることを示唆するもので、残りはおそらく水の豊富な小惑星がもたらしたと考えられてきた。

◆カイパーベルト彗星で地球に近い水
 今回発表された研究では、ハルトフ氏の調査チームは欧州宇宙機関(ESA)のハーシェル宇宙望遠鏡を使い、ハートレー第2彗星(103P/Hartley 2)のD/H比を調査した。その結果は、ハートレー第2彗星の水が地球の水に非常に近いことを示していた。
 ハートレー第2彗星はいわゆる木星族の彗星だ。彗星の軌道が木星の軌道近くまで達するため、このように呼ばれる。
 重要なのは、コンピューター・シミュレーションから、ハートレー第2彗星の起源がカイパーベルトにあると推定されていることだ。カイパーベルトというのは海王星軌道の外側の領域で、彗星など、太陽系の形成で残った冷たい小天体が集まっている。
 ここから、
地球の海の形成に寄与した彗星の大半は、カイパーベルトに起源を持つものだったと考えることもできる。
<中略>

◆水を持つ小惑星も起源の1つ?
 地球に近い水を持つ彗星が1つ見つかったことで、ほかにももっと同じような彗星があるのではないかと想像できる。つまり、地球の水の多くが結局は彗星に由来する可能性があるということだとハルトフ氏は言う。
 しかし正確にどの程度の水が彗星由来かは、現段階ではわからない。さらに研究が必要だ。
 「具体的な数字を挙げることはできない。原理的には、地球の水がすべて彗星由来である可能性もある。しかし多くが小惑星に由来する可能性、あるいはそれが一番多い可能性も、やはりある」とハルトフ氏は話している。


 ニュース - 科学&宇宙 - “水と生命の起源は彗星”説の根拠とは(記事全文) - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト

 約38億5,000万年前、「後期重爆撃期(Late Heavy Bombardment)」と呼ばれる太古の時代(このころには地球は冷えていた)に、何万もの天体が地球や近隣の天体に衝突したとする説があるのだそうです。
 そして、地球最古の生命の証拠は後期重爆撃期に当たる約38億5000万年前にさかのぼるのだそうです。つまり、衝突した彗星などにより、水と生命体がもたらされた。地球上の水も生命体も、地球以外の天体からやってきた可能性があるのですね。
 
b0055292_21105673.jpg 国立天文台を2年前に定年退職した石黒正人氏が、30年間追い続け主導してきた、国立天文台などが参加する国際共同プロジェクトとして南米チリのアタカマ高原に建設中の「アルマ電波望遠鏡」が、9月30日に稼働・観測を開始しました。
 アルマ望遠鏡ついに開眼! 9月30日初期観測がスタート
 宇宙と生命の謎に迫れ 巨大望遠鏡の挑戦 - NHK クローズアップ現代

 ここの電波望遠鏡群で、宇宙空間での「生命を形づくっている一番根源的な有機物であるアミノ酸」の存在を探ることが出来るのだそうです。
 
 地球の水や生物のルーツに迫る、画期的な動きが展開されています。
 光より速い素粒子ニュートリノの発見で、時間の中の旅行の可能性が唱えられるようになり、未来の自分や過去の自分に逢ったりできるSFの話が現実味をおびてきました。
 一方、私に限らず少なからざる諸兄も思い描いておられたこととぞんじますが、無限な宇宙空間には地球と同じ環境の天体の存在は否定できず、そこには同時に進行形の物や、時差のあるものがあり、やはり未来や過去の自分が居たりする。そんな夢想も、全くの夢想ではなくなってきたようです。

 人類の科学の力に改めて敬服すると共に、日本人や日本が貢献していることを、誇りに思いました。



b0055292_2113779.jpg

  この花の名前は、ガウラ(白蝶草)

今日は何の日

↓よろしかったら、お願いします。





Fotolia

[PR]
by yuji_oga | 2011-10-23 21:16 | 気になる話 | Trackback

東レが電気自動車を開発

b0055292_16215983.jpg 東レがあの炭素繊維を使った電気自動車を、コンセプトカーではありますが創ったのだそうです。
 電気自動車では、従来の自動車メーカーにとどまらず、多くの異産業の企業の参入が話題になっています。ボーイング787を始めとして、航空機への使用で脚光を浴びた東レの炭素繊維ですが、素材使用量が期待できる自動車産業での採用拡大をを目指して、コンセプトカーを開発したのだそうですね。
 
東レ、電気自動車のコンセプトカーを開発---CFRP製のモノコック構造で大幅に軽量化 - 機械・産業機器 - Tech-On!

 東レは、炭素繊維強化樹脂(CFRP)を多用して大幅に軽量化した電気自動車(EV)のコンセプトカーを開発した。同社は炭素繊維を「戦略的拡大事業」と位置付けており、自動車は素材の使用量が最も期待できる分野。コンセプトカーを通じて、自動車メーカーの採用拡大を狙う。
 開発したのは、2人乗り・オープンタイプのEV「TEEWAVE AR1」。TEEはToray Eco Efficient、AR1はAdvanced Roadstar 1の略で、
環境性・効率性に配慮した自動車の開発という波(WAVE)を、東レが仕掛けていくという意図が込められている。

 車体の基本構造には、CFRPを積極的に使った。部位や用途により、熱硬化性樹脂をマトリックスとするCFRTS(Carbon Fiber Reinforced Thermosets)と、熱可塑性樹脂をマトリックスとするCFRTP(Carbon Fiber Reinforced Thermoplastics)を使い分けている。設計思想としては、中央の乗員スペースは強度や剛性に優れるCFRTS製モノコック構造を採用。その前後スペースは衝突時のエネルギ吸収を担う「クラッシャブル・ゾーン」とし、成形性や成形コストなどに優れるCFRTP製の部品を適用している。
 モノコック構造は、Resin Transfer Molding(RTM)法に大幅な改良を加えた「ハイサイクル一体成形法」で製造した。同成形法では、炭素繊維の織物(クロス)を裁断して細かなパーツとし、それらを張り合わせた上でプレスした「プリフォーム」を作製。型内にプリフォームを置き、型を閉じてからマトリックスとなる熱硬化性樹脂(主にエポキシ樹脂)を注入し、複合材料とする。複雑な構造を一体成形できる特徴があり、今回の
モノコック構造の部品点数はわずか3点である。これは、鋼板で同様のモノコック構造を造った場合の1/20だという。
 CFRTS製のモノコック構造は、単体で優れた強度や剛性を実現できるため、複数の車種で共用化しやすいという。今回のモノコック構造も、2人乗り・オープンタイプに限らず、4人乗りのセダンやワゴンにも流用可能な設計にしている。ハイサイクル一体成形法のサイクルタイムは現状で約10分だが、5分に短縮できるメドが付いているという。複数の車種で共用できるという前提であれば、3分まで縮めれば自動車メーカーに受け入れられるだろうと東レでは見ている。

 TEEWAVE AR1の寸法は、全長3975×全幅1766×全高1154mm。車両重量は、846kg(うち2次電池は220kg)である。CFRTSとCFRTPは合わせて約160kg使用しており、その効果として
鋼板の使用量を550kg減らせたという(2人乗り・オープンタイプでの比較)。2次電池には、リチウムイオン2次電池を採用した。電力消費率は11.6km/kWh、航続距離は185km(JC08モード)である。
 車両の意匠設計や構造設計は、環境対応車の企画・設計などを手掛ける英Gordon Murray Desing社に委託した。同社は、かつてFormula 1の車体設計を行っていたGordon Murray氏が代表を務める会社である。TEEWAVE AR1は公道を走行するための車両登録が可能な仕様となっており、現在英国で登録申請中だ。この申請が通れば、所定の手続きを経ることで、日本の公道での走行も可能になる。


 東レの場合は自ら自動車の製造に進出するというのではありませんが、異業種からの参入がありうる、粗材の鉄が異なる素材に変わるなど電気自動車では大きく産業の組み合わせが変化する、時代の節目にあることは諸兄がご承知の通りです。
 環境対応などの波に乗ろうとする東レの仕掛けが、新しい時代の新しい日本の製造業の道しるべとなり、世界に進出することを願って止みません。



b0055292_16272839.jpg

  この花の名前は、キレンゲショウマ

↓よろしかったら、お願いします。





Fotolia

[PR]
by yuji_oga | 2011-09-11 16:30 | 気になる話 | Trackback

福島第一原発汚染水処理 国産「サリー」が本格稼働

 福島第一原発の鎮静化に汚染水処理が大きな壁として立ちはだかったままです。
 原子炉に水をかけて冷やす。底が抜けているのでその水が建屋内にたまる。たまった水が増え続けていたものが、浄化して原子炉にかけることが出来るようになり、なんとか汚染水が増え続けることを止めることが出来ている。
 ところが、汚染水浄化装置(米キュリオン社製の吸着装置と仏アレバ社製の除染装置の組み合わせ)が、1系統しかなくしかも故障がちで稼働率が69%と低迷し不安定な現状でした。
 そこで、故障の多い、米キュリオン社製の吸着装置の補完として、東芝と米ショー社、IHIの3社共同制作の「サリー」が導入されました。
 当初はサリーをキュリオンの代替機に使う予定だったのた゜そうですが、現行装置の稼働率が悪いことから、平行し常時稼働させ汚染水処理能力を、1時間あたり最大50トンから70トンと、1.4倍に引き上げたのだそうです。

 予定より稼働が半日以上遅れたり、装置のポンプの負担が予想以上に大きく、安定稼働の為、装置の除染能力を5分の4に落としているなどがありますが、汚染水の水位が低下してきている効果が出ているそうです。
 
 asahi.com(朝日新聞社):サリー加わり汚染水処理能力1.4倍に 福島第一原発 - 東日本大震災

 
福島第1、新装置「サリー」でセシウム濃度5万分の1に  :日本経済新聞


 東京電力は20日、福島第1原子力発電所で19日に本格稼働した東芝の高濃度汚染水処理装置「サリー」によって、放射性セシウムの濃度が約5万分の1に下がったと発表した。目標の100万分の1を大きく下回るが、東電は「能力的に問題はない」としている。
 サリーでは毎時25トンの汚染水を処理。米仏の装置と合わせると処理量は毎時70トンに達する。汚染水がたまった集中廃棄物処理施設の一部建屋の地下では、汚染水の水位は19日午後4時から24時間に51センチ低下した。
 汚染水は浄化後に塩分を除去し、原子炉の冷却水に再利用している。汚染水処理が順調に進めば原子炉への注水を増やせ、メルトダウン(炉心溶融)した燃料の効果的な冷却が可能になる。

 東電によると事故後初めて1号機の原子炉圧力容器下部など19カ所の測定点すべてで、温度が100度を下回った。ただ燃料の状態はわからず、
安定した「冷温停止」状態には達していないという。また4号機では20日、使用済み核燃料プールの循環冷却装置に新たに取り付けた塩分除去装置の運転を始めた。


 久々の朗報です。日本の技術は健在でした。
 しかし、冷却用に注入している水が漏れて垂れ流されている状況に変わりはなく、管理された循環冷却が行われているとは言えません。漏れている箇所の確認や、原子炉内の様子はいまだに調査の手を付けられない状況にあり、調査・確認の方法での技術開発が求められています。
 さらに装置を増やして、故障に備えるなり、汚染水除去スピードをあげて、漏水個所の発見や炉心状況調査の環境整備が進むことを願っています。

b0055292_2293140.jpg

 この花の名前は、コレオプシス・ムーンビーム

今日は何の日

↓よろしかったら、お願いします。





Fotolia

[PR]
by yuji_oga | 2011-08-21 22:17 | 気になる話 | Trackback

米国債の長期格付格下げ

 米国の格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が、米国債の長期格付けを最上位の「トリプルA」から1段階下の「ダブルAプラス」へと、初めて引き下げ騒然とし世界同時不況の懸念も取りざたされていることは諸兄がご承知の通りです。
 1944年のブレトンウッズ協定で基軸通貨となったドルが世界経済を牽引してきた時代は、終わりに近づいている(朝日)とか、民間の痛みを和らげようと、財政が景気対策などで肩代わりしたツケが回ってきています(日経)といった、これまでの金融・財政基盤の崩壊や限界を指摘されています。

 S&Pの財政赤字の算定で2兆ドルのミスがあることを米国政府が指摘し、S&Pもミスを認めたとの報道も流れましたが、格下げ発表は実施されました。
 時事ドットコム:米財務省が格下げに「待った」=ぎりぎりの努力は徒労に

 S&Pは、日本の国債を格下げした時もそうですが、政治の取り組み姿勢を重要視している様ですね。
 
米国債格下げは「政治」に対する警鐘だ  :日本経済新聞

 米国の格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が、米国債の長期格付けを最上位の「トリプルA」から1段階下の「ダブルAプラス」へと、初めて引き下げた。
 1971年のニクソン・ショックでドルと金の交換が停止された後も米国が世界のお金を引きつけてきたのは、国の信用が高かったからだ。しかし、2008年のリーマン・ショックで米国の金融システムへの信頼が大きく低下した。さらに今回、米国債の格付けは英独仏の国債を下回ることになり、世界で最も安全な金融資産とは言えなくなる。
 米国債格下げは、
ドルという基軸通貨を持つ国への信用の揺らぎを象徴する出来事だ。それと同時に、世界の金融市場で「リスクがほとんどない」とみなされる投資対象がなくなりつつある状況も示している。
 格下げ後も、米国債は最も流動性に富んだ投資対象であることに変わりはない。投資資金が一斉に逃げ出して米国債が暴落し、長期金利が急騰するといった事態は考えにくいだろう。とはいえ、世界の金融システムは不安定さを増す可能性がある。
 欧州では英仏などトリプルAの信用力を維持する国の銀行が、格付けの下がったギリシャ国債の処理で損失を計上している。資産内容への疑心暗鬼から、銀行間で短期資金を調達する金利も高くなってきた。
 こうした欧州発の不安が景気減速の懸念が強まる米国にも飛び火して増幅され、円高・ドル安が進み、世界の株価が大幅に下落した。市場の不安が続けば、実体経済にも悪影響が及びかねない。

 S&Pは米国債格下げにあたって「
連邦政府の債務上限引き上げをめぐる政治駆け引きは、政策立案の実効性や安定性、予見可能性が弱まっていることを示す」と指摘した。
 
財政危機の抜本的解決を先送りする政治の姿勢は欧米に共通する。欧州ではギリシャなどの本格救済にドイツが消極的。米国では連邦債務の上限を引き上げる一方、財政赤字を削減する法律が成立したが、増税や給付削減をめぐる民主党と共和党の考え方の隔たりは大きく、赤字削減の具体的な道筋はなお不透明だ。
 まず政府が財政再建に真剣に取り組む覚悟を見せる必要がある。そして
野党も含めた超党派での問題解決を明確にしないと、金融市場からの信認を回復するのは難しい。
 
米国債格下げが提起したのは、政治のあり方の問題だ。それはバブル崩壊後に構造改革の先送りを続け、欧米よりもはるかに財政状態が劣化した日本への警鐘でもある。


 G7で、トリプルAから陥落したのは、イタリア(Aプラス)、日本(AAマイナス)に次いで3ヵ国目となり、トリプルAで残っている国は、英国、ドイツ、フランス、カナダ、オーストラリア、オランダ、シンガポール、スイス、スウェーデン、香港、ルクセンブルクなのだそうです。
 S&A社の評価で、ムーディーズ他は据え置くとしているのですね。

 米国よりさらに状況が悪い、財政赤字では世界トップの日本ですが、欧米では日本を反面教師にして、日本の様にだけはなりたくないと言っている様です。
 駄々っ子のようなアメリカ政界、反面教師は…日本(JAPANなニュース) - goo ニュース

 政権交代のマニフェストが詐欺だったと判明した与党と、詐欺を働いて総理の座にしがみつく政治のトップのいる日本。AAマイナス(中国と同じ)にとどまっていることが不思議に思えてきます。



b0055292_10532192.jpg

  六甲山ケーブルカーのすれ違い

今日は何の日

↓よろしかったら、お願いします。





Fotolia

[PR]
by yuji_oga | 2011-08-07 10:56 | 気になる話 | Trackback

ボーイング787 やつと飛来。ANAが世界初運行へ。

b0055292_10525290.jpg 当初の予定では、初飛行を2007年9月末、引渡しが2008年5月とされていたボーイング787ですが、2009年12月に、ペインフィールド空港から離陸、キング郡国際空港(ボーイング・フィールド)に着陸し、悪天候ながら無事3時間ほどの初飛行に成功していました。
 引き渡しがさらに遅れていたのですが、全日空仕様の塗装が施されたテスト機が 3日午前 6時20分ごろ、米シアトルから羽田空港に到着したのだそうです。検証後全日空が受け取り、約1カ月後に国内線で運航を開始する見込みだそうです。
 
ボーイング787が日本初飛来 燃費効率高めた注目の次世代機 - MSN産経ニュース

 全日本空輸が世界で初めて導入する米ボーイングの最新鋭中型旅客機787のテスト機が3日、就航に向けた検証を行うため日本に初飛来した。検証の後、全日空は8~9月に1号機を受け取り、約1カ月後に国内線で運航を開始する。
 白地に青という“全日空仕様”の塗装が施されたテスト機は3日午前6時20分ごろ、米シアトルから羽田空港に到着。その後、歓迎の意を込めた防災訓練で、機体への放水が行われた。
 検証は4~8日、羽田に加え、伊丹空港や関西国際空港など4空港で実施。ボーイングと共同で、実際の運航を想定し給油作業や整備訓練などを行う。
 ボーイング787は機体に炭素繊維をベースにした複合材を採用するなど、燃費効率を従来機に比べて約20%高めた次世代型旅客機として注目を集めている。
 全日空への導入は当初、2008年5月を予定していたが、テスト飛行の延期などで納入が大幅に遅れていた。全日空は今年度に14機、来年度には10機を導入し、将来的には55機にまで拡大させる計画だ。



 ボーイング787の最大の売りは、軽量化による燃費コストダウンで、日本の技術の「炭素繊維強化プラスチック(CFRP)」が使用されていることは、諸兄がご承知の通りです。
 CFRPは、このほかにも、欧州のエアバスの超大型機「A380」や中型機「A350XWB」にも採用され、国産ジェット旅客機「ミツビシ・リージョナル・ジェット(MRJ)」や、国産戦闘機にも使用が計画されています。
 
 日本が誇る炭素繊維技術 - ニュース - nikkei BPnet

 約3年遅れの引き渡し機の飛来ですが、量産の本格化や航空機各社への広がり、他用途への拡大が進み、日本の製造業が元気を取り戻す引き金となる幕開けを想起される、嬉しい話です。
 最近は飛行機で出かける機会が減っていますが、窓が広くなったり、機内の装備も変わっているようですので、是非一度は乘ってみたいものです。


b0055292_11243139.jpg

  絶滅危惧種の「サンショウバラ」

今日は何の日

↓よろしかったら、お願いします。





Fotolia

[PR]
by yuji_oga | 2011-07-03 09:44 | 気になる話 | Trackback

津波被害で漂流するガレキは太平洋を漂い続ける

 b0055292_22163832.jpg津波の引き波で太平洋に浮かんでいるがれきは、太平洋を漂いハワイへは、1年後と、5年後に流れ着くのだそうです。
 海に流れ出た屋根に乘っていて、4時間後に携帯の明りを振る嫁・姑の二人を津波で沖合に避難していて港に戻る漁船がみつけて救出したケースが報道されていました。犬は 3週間後に発見救出されていましたね。

 東日本大震災:屋根に漂流4時間…携帯の光、漁船が気付く - 毎日jp(毎日新聞)

 流れ出た屋根やがれきは沈まないものは何年も漂流するものなのですね。一寸驚きですし、ハワイには天災とはいえご迷惑をおかけします。
 1年後、5年後に忘れないように備忘録として転載させていただきます。

 
漂うがれき、1年後にハワイ到達 - goo ニュース

 東日本大震災の巨大津波で海に押し流された家屋やタイヤなどのがれきが、1年後にハワイ諸島に漂着することが、米ハワイ大学を拠点とする日米共同研究機関、国際太平洋研究センターの予測でわかった。

 海流や過去に設置した観測用ブイの動きなどをもとにコンピューターで予測した。
 その結果、がれきは太平洋北西部に広がった後、東へ進み、一部がハワイ諸島の海岸に打ち上げられることが判明。2014年3月にはカナダ・バンクーバー付近から米西海岸に漂着する。大半はカリフォルニア沖の海流に乗って向きを変え、16年春ごろ、再びハワイ周辺に達するという。
 同センターは「ハワイには来年より5年後の方が、多くのがれきが流れ着くだろう」と分析している。


 沿岸や港のの海底に沈んだものも多く、こちらの撤去には多くの時間と労力(お金)がかかりそうです。
 地域の漁業、水産物加工業の復興に、お役にたてることは義捐金くらいしかみつかりませんが、わずかづつですが継続したいとおもいます。


b0055292_22184826.jpg


今日は何の日

↓よろしかったら、お願いします。


写真素材 PIXTA


Fotolia

[PR]
by yuji_oga | 2011-04-14 22:20 | 気になる話 | Trackback

BRICS首脳会議開催

 今回で 3回目となる、BRICS5カ国首脳会議が開催されるのだそうです。
 BRICsは、諸兄がご承知の、ブラジル、ロシア、インド、中国ですが、中国の主導で、小文字のsを、大文字のSにして、南アフリカを今回からメンバーに追加したのだとか。
 14日の首脳会議に先立ち、貿易担当相会議も、13日に開催されたのだそうです。
 BRICS貿易担当相会議が開催 「世界経済の不確実性に対応」  :日本経済新聞

 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
  平成23年(2011)4月13日(水曜日)貳 通巻第3300号 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  海南島のBRICS首脳会議は「新G7」たりうるか?
  要注意! 中国は新覇権をソフトパワーでも希求し始めた
********************************

 2011年4月14日から海南島の三亜市で本格的なBRICS首脳会議が開催される。世界から報道陣は400名近い。
海南島は中国のハワイ。常夏のリゾート地として知られる三亜は、同時に中国海軍の潜水艦基地でもある。

 さて、このBRICS首脳会議には、B(ブラジル)からルセフ大統領(女性、元左翼闘士)、R(ロシア)からはメドベージェフ大統領、I(インド)からはシン首相、C(チャイナ)はホスト役で胡錦濤主席自ら。S(南アフリカ)からはズマ大統領が出席と、文字通り錚々たる首脳会議となる。
 
 当初、BRICsは2001年にゴールドマンサックスのジム・オニールが命名して、資源と人口に恵まれた、これら新興経済群はG7に匹敵するほどの経済グループとなると予測したことに端を発する。最後のsは小文字で集合体の意味、当初のメンバーはブラジル、ロシア、インド、中国の四カ国だった。
09年にはロシアで第一回の首脳会議が開催され、主に通貨問題が話し合われた。
 
その後、中国がSを大文字化して、BRICSと修正、そのSは南アである。中国が南アを加入させた背景には「政治的思惑」がありありとしている。
すでに数年前に南アに本格的進出を開始した中国は、南アの有力銀行を買収し、台湾の影響力を強引に削ぎ、いまやドイツの存在を上回るほどの力を発揮している。

 ちなみにBRICS五カ国合計で世界人口の42%、国土面積は世界の30%、GDPは世界の18%を占める。
 くわえて2015年には世界の22%をしめるだろうと言われる。


 ▼中国はBRICSに異常なてこ入れをする理由とは?

 BRICS会議は14日開幕に先立ち、13日は貿易相会議が開催される。
 中国が俄然、主導権を確立したのは、中国のGDPだけでもブラジルの三倍、ロシアと印度の四倍、そして南アの16倍という、歴然たる数字に裏打ちされている。そのうえ、BRICSには他の新興経済群の参加を呼びかけるという。

 しかし西側先進国の
「G7」に対抗するかのようなBRICSが、新しい世界秩序の担い手にまで発展するか、強固な経済機構たりうるかと言えば、甚だ難しいだろう。

 
第一にG7は自由民主人権法治という共通の価値観を共有しているが、BRICSはばらばらである。全体主義から民主国家まで。

 
第二に貿易ルールの相互理解がまだ得られず、ブラジルは中国の人民元操作を批判してやまない。

 
第三に資源、軍事戦略ではロシアの猜疑心を解消できず、軍事脅威という文脈では中国とインドは鋭角的に対立しているからである。

 同時に海南島の中東部ボーアオでは、恒例となった中国版ダボス会議(ボーアオ・サミット)が開催され、温家宝首相が基調報告、カザフスタン、インドネシアなど世界数十カ国から政治家、実業家、論客などがあつまる。
 
 日本の大震災と福島原発問題で、
西側世界のジャーナリズムはBRICSの意義をあまり報じていない
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 # 赤太字はyuu2が着色

 BRICS五カ国合計で世界人口の42%、国土面積は世界の30%、GDPは世界の18%を占め、2015年には世界の22%をしめるだろうと言われる実力は、BRICsの所以ではありますが、潜在力の強さを改めて認識させられますね。
 
 主導権を握って行おうとする中国の思惑に、インド、ロシア、ブラジルがどこまで追随・強調するのか、3つの障害を乗り越えられるのか、乗り越えられない場合でも世界経済への影響力(例=ドル離れ)はどのようなものなのか、注目は必要ですね。


b0055292_16555829.jpg




今日は何の日

↓よろしかったら、お願いします。


写真素材 PIXTA


Fotolia

[PR]
by yuji_oga | 2011-04-13 16:58 | 気になる話 | Trackback