<   2006年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

高級腕時計 フランク・ミューラー・ウォッチランド

 1992年に会社を設立し、わずか10年余りでスイスの高級時計業界で急成長し確固たる地位を築いたのが、フランク・ミューラー・ウォッチランドです。
 フランク・ミューラー、時計の概念を変え続ける経営 - 企業・経営 - nikkeibp.jp

 
 スイスの高級時計ブランドは、今や大手資本の時代である。70年代のクオーツショック(クオーツ時計が市場を席巻して機械式時計を駆逐したこと)で壊滅的打撃を受けて以来、資本の集約化が進んだ。老舗ブランドの中には、スウォッチ・グループやLVMHモエヘネシー・ルイヴィトンといった大手資本の傘下に入った企業も少なくない。

 100年以上の歴史と伝統を持つブランドもあれば、資本力を兼ね備えた大手ブランドもある。フランク・ミューラーの成功それ自体が伝説と言ったのは、こうした競争環境の中で、ごく短期間で成功を収めたからだ。

 何がフランク・ミューラーを成功に導いたのか。
 ひとつは、18世紀フランスの天才時計技師、アブラアン・ルイ・ブレゲの再来と言われる創業者のフランク・ミューラーと、共同経営者でCEO(最高経営責任者)でもあるヴァルタン・シルマケス氏との出会いで、宝飾品の細工師でもあるシルマケス氏の経営の才能なのだそうです。
 研究開発投資には毎年莫大な金額を投じるとともに、積極的なM&Aでケースメーカーや部品メーカーを傘下に収め、部材のほぼ100%をグループ内で調達する体制も整えたのだそうです。
 ホンダの本田宗一郎と藤沢武夫、ソニーの井深大と盛田昭夫。技術者と実務者の絶妙の組み合わせで成功を収めた日本企業と通じるものがあります。
 また、株主主導で独自の経営路線を乱されるのを排除するため、株の上場公開はしないのだそうです。

 そして、成功の最大の要因はやはりその独特の製品です。
 高度な技術で従来の時計の概念を壊した他に類を見ない製品が、伝統ある他のブランドに押しつぶされることなく、成長できた源となっています。
 
クレイジーでマジックを見せる製品

クレイジー・アワーズ
 フランク・ミューラーの時計の多くは決して実用的ではない。例えば2003年に発表した「クレイジー・アワーズ」。この時計では普通の時計と違い、時刻を示す数字は12時から順番に右回りに配置されてはいない。12の位置には8があり、6の位置には2が、といった具合だ。時計の針もその不規則な文字盤に合わせて時刻自体は正確に表示する。

 また「ヴェガス」はその名から想像できるように遊びの要素を取り入れている。時計中央が実はルーレットになっている。常に針が12時00分を指し、一見止まっているように見える「マジックタイム」は、ボタンを押せば正確な時刻を表示する仕掛けだ。

 フランク・ミューラーは高度な技術で高級時計を、高価な装飾を施した時間を計る道具、時間に追われるビジネスマンのステータスシンボルといった長らく占めてきた定位置から解放したのである。

 「公の場ではどうぞ他のブランドを身に着けてください。当社の時計はプライベートな時間にこそふさわしい」とのことで、有名人に無償提供して着用してもらって宣伝するなどの方法はとらず、堂々と製品の独自性で勝負して成長してきているのです。

 独特な時計を生み出す方法について、ミューラー氏は以下のように語っています。
 
急成長するスイスの時計ブランド創始者フランク・ミューラー氏に聞く (「欧州ブランドビジネスの舞台裏」):NBonline(日経ビジネス オンライン)

 大事なことは、末端の消費者の近くに身を置くことです。消費者こそが私に色んなアイデアを与えてくれます。「どうしてこの色がないの?」「どうしてこの時計にはムーンフェースがないの?」…、といった具合ですよ。

 もっとも、アイデア段階のものには技術的には様々な障害が往々にしてありますけどね。ただ、それらは後から解決すればいいんです。


 芸術品の業界、セレブを相手にしたニッチな市場だからとも言えるかも知れませんが、人が使うものの、ものづくりには欠かせない考え方といえます。

b0055292_18431969.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2006-07-30 18:44 | 企業改革 | Trackback(2)

キリンがビール系飲料のシェア(2006年上半期)首位奪回

 2006年上半期に、5年ぶりにアサヒビールからビール系飲料のシェアトップをキリンビールが奪還しました。
 荒蒔会長がキリン復活までの軌跡を講演された内容が載っていました。
 首位奪還のキリン荒蒔会長が復活の軌跡を語る - IT - nikkeibp.jp

 荒蒔会長が社長に就任したのは、48年ぶりにアサヒビールへトップの座を明け渡した2001年なのだそうですが、「当時はライバル会社ばかり見ていて、顧客のほうを向いていなかった」とのことで、次々に商品を開発したものの、ほとんどが成功しなかったのは、あまりにメーカー・オリエンテッドになっていたからだ、と振り返って語られています。
 キリンは長期に渡りシェア60%以上を続ける中で、自分たちがやることはすべて正しいと考えていたが、アサヒビールは顧客志向だったことを荒蒔会長は感じていたのだそうです。

 首位転落の状況を打破するために、全社員が顧客志向となる様意思改革を行うこととし、「顧客に期待させて、それに応えられる会社」を目指し、2001年11月に「新キリン宣言」としてまとめて、社員の意識改革を始めたのです。

 新キリン宣言の冒頭には、シェアが低下した要因として「経営者が悪い」と自ら記し、シェア低下の犯人探しをするのではなく、原点に立ち返ることが重要だというメッセージを全社員に送ったのだそうです。
 原点とは、キリンビールが経営理念に基づいて唱ってきた「お客様本位」と「品質本位」である。荒蒔会長は、これら2つが劣化していると考えていた。

 「お客様本位」と「品質本位」を徹底することで、顧客が望む商品づくりを目指し、顧客のし好の変化(市場の変化)への対応を図ろうとしたのです。
 20代でビールが最も好きだという層は、1995年には65%だったが、2005年には48%にまで低下。好きなお酒の種類も平均2.63種類から平均 3.43種類へと拡大した。「ビールだけやっていては駄目で、(商品ジャンルを拡大して)広い範囲で顧客との接点を増やさなければならなくなった」(荒蒔会長)。市場や顧客のし好の変化を基に商品開発することで、家庭の冷蔵庫の中で最も高いシェアを取れることを目指した。のだそうです。

 具体例のひとつは、2001年に発売した缶チューハイの「氷結」です。
 開発当時、缶チューハイのイメージは決して良くなかったのですが、居酒屋では若い世代を中心に飲まれているので、潜在的な顧客はいると考えて、「従来のチューハイを越えるチューハイ」をスローガンに、果実をそのまま凍らせるなど品質にこだわって新規顧客の開拓を目指したのだそうです。
 
 氷結は大ヒットし、たちまちシェアトップに躍り出し、しかも、購入した6割が缶チューハイを初めて購入した顧客であるという、新規開拓にも成功したのでした。
 # 私も、出張の車中や、ホテルの部屋などで愛飲させて頂いています...。

 
 荒蒔会長は講演の最後に、「“昔はこれで良かった”というのは衰退の第一歩だ」と指摘。「競争が激しい市場環境に対応するには、発想や行動を変えて顧客の満足度を向上させるために何をすべきかを必死になって考えていくことが重要だ」と締めくくった。

 2006年上半期のビール系飲料(ビール、発泡酒、第3のビール)のシェアはキリンが37.6%(前年同期は34.4%)、アサヒは37.3%(同(9.5%)で0.3%差。
 ビール系飲料全体の出荷量は前年同期比2.1%増の2億3065万5000箱(1箱は大瓶20本=12.66リットル)。上半期の出荷量がプラスとなったのも5年ぶりだったのだそうです。

 アサヒはその気になれば、6月末に強引に出荷して量を積み上げることで、追いつける範囲だったのですが、「当社は適正な取引を重視している。シェアはあくまで結果にすぎない」(アサヒ幹部)とのことでシェアに固執はしなかったのでした。
 ビールだけの市場で見ると、アサヒは50%のシェアを有していて、今年上半期のビール系飲料の総出荷量におけるビールの割合は54.4%(発泡酒25.8%、第3のビール19.8%)なのだそうです。
 2006年上半期のビール系飲料 首位はキリン、追い上げ図るアサヒ - ニュース解説 - nikkeibp.jp

 この業界のシェア増減の波は敵失の歴史でもあるのだそうです。
 今年3月、経営不振に陥ったアサヒ飲料の建て直しで手腕を発揮した荻田伍氏が、アサヒ飲料社長から移って、アサヒビール社長に就任したのだそうですが、ビールでトップシェアのスーパードライの商品力の強さは、いっぽうで営業力の弱さを招いたとし、営業再強化という課題の克服に挑む事としています。
 卸はもちろん、酒販店、飲食店、さらに消費者まで、みんながスーパードライを知っている。このためアサヒの営業マンは、商品説明の必要はなく、数量と金額の交渉だけでスーパードライを売り込み、実際に売れてきた。商品を説明するという営業行動の基本となる経験が希薄なのだ。

 ビール系飲料でシェア逆転したのは、アサヒが第3のビールで出遅れたのが直接の原因です。さらに、今年に入ってからは、発泡酒市場においても、アサヒはキリンに引き離されたのだそうです。
 きっかけとなったのは5月の税制改正。増税見送りの決定を受けて、キリンは発泡酒の新商品を2月に投入した。これに対し「アサヒは何ら手立てを打たなかった。キリンに対して、明らかに敵失を与えることになった」(アサヒ幹部)。のだと!
 
 技術革新のスピードが速いIT系業界はともかく。伝統的な産業で短期間に首位が逆転、再逆転を繰り返すのはビール業界ぐらいではないか。

 営業再強化という課題の克服に挑むアサヒ。ビール単体では1998年以来アサヒの後塵を拝したままのキリン。自らが開拓した第3のビール市場で各社から攻勢を受けているサッポロ。1963年の参入以来、初めてのビール事業黒字化を目指すサントリー。

 いずれのメーカーも、最終消費者に向けた戦略、表現を変えれば消費者本位のマーケティング力が勝負の決め手になる。少なくとも、単年度に焦点を当てた短期的な勝利を優先すると、必ず敵失が発生し、後退と衰退を余儀なくされていく。

 一瞬の過ちが直ちにシェア変動に結びつく厳しく、熱い戦いがまだまだ続きそうで、これからも目が離せない各社の戦略です。

b0055292_17574695.jpg

[PR]
by yuji_oga | 2006-07-23 18:08 | 企業改革 | Trackback(1)

トヨタも三菱と同じ企業体質に!

 トヨタ自動車ののリコール対象台数は2004年度が188万台、05年度は192万台と急増しているのだそうです。(7/14 読売朝刊)
 欠陥放置事件 トヨタ信頼揺らぐ : ニュース : @CARS : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 トヨタ自動車の品質保証部は1995年から96年ごろにRV車「ハイラックス」のかじ取り装置に強度不足があることを認識、不具合情報5件を確認していました。しかし5件のうち4件が、車庫や駐車場などで低速走行あるいは停止している状態でハンドルを切る「据え切り」したときなど限られたケースに発生していたとして、リコールの必要がないと判断したのだそうです。
 2004年の3―4月に再び3件の不具合情報が報告されたため、7月からリコールについて再検討を始め、同年10月にリコールを実施したのだそうです。
 RV「ハイラックスサーフ」をリコールした際、国内で起きた部品の破損は2000年から04年までで計11件と国交省に報告し、対象期間の車種の部品交換をしていました。

 今回の歴代品質保証部長3人がリコール隠しで業務上過失傷害容疑で書類送検されたのは、2004年8月に発生した事故で、1988年から販売している「ハイラックス」が対向車線に飛び出して走行中の車両に衝突し、5人が負傷したものです。

 熊本県警は1992年からリコール実施までに、トヨタが海外を含め80件の破損を把握していたとみているのだそうです。
 熊本県警から説明受ける トヨタ事件で国交省担当者 (共同通信) - goo ニュース

 # 記事により期間、件数の数値が異なります。それだけ真相の究明はこれからと言ったところで、内容が公開されていないということでしょうか?

 lリコールの対象期間外で事故を起こした車種が、リコールすべき欠陥車であり、それをトヨタの品質保証部は認識していたということです。
 
7/14 読売朝刊 自動車経済開発研究所の吉田信美所長 談
 トヨタはこれまで、北米トヨタの前社長によるセクハラ問題など、トラブルが発生した場合の対応は評価できた。
 だが、今回の事件に関しては、情報開示などの対応は明らかに良くない。販売台数が世界 1位に達しようとしている中で「大企業病」が発生しているとすれば、ゆゆしき事態だ。

 車は機械である以上欠陥は起こりうる。
 メーカーはその際、いかに迅速、正確、誠意を持って対応するかが問われている。対処に失敗すれば(リコール隠しで信用を失った)第二の三菱自動車にもなりかねない。

 国交省の安富正文次官は13日の会見で、「把握している事実はできるだけ詳細に公表することが一番大切ではないか。利用者の不安を解消する必要がある」と指摘し、今回の事件で記者会見を開いていないトヨタに対して、詳しい情報公開を促し、「不具合の件数や内容、リコールを届け出た際の説明に訂正すべき事実があるかどうかなど、多岐にわたって報告を求めたい」として、徹底した調査を進める方針を示しているそうです。

 トヨタでリコールが急増している理由については、以下の3つがあげられています。
 一つは、三菱自動車が00年7月に発覚したリコール隠しで経営に深刻な打撃を受けたことから、リコールを積極的に届け出る傾向になったこと。
 もう一つは、トヨタの場合、輸出の増加で部品メーカーを含め国内の生産現場に過度の負担がかかっているが、これに見合った現場の人材育成が追いついていないことが指摘されているのだそうです。
 そして、生産体制の効率化が、リコール増加の構造的な要因につながっているとも指摘されています。
 コスト削減を図るため部品の共通化が進め等れていて、一度不具合が生じれば、リコールは複数の車種で膨大な数にのぼってしまうということなのです。

 トヨタへの消費者の信頼が揺らげば、日本メーカー全体のイメージに悪影響が広がる恐れもあり、品質管理と、情報開示の一層の強化が望まれます。

 品質向上のための取り組みの一環としては、新型車の開発プロジェクトで、直接担当していない第三者による品質のチェックを、全ての新車開発プロジェクトで必ず行うようにするのだそうです。
 情報開示については、国交省がトヨタの届け出と発表の数字の食い違いなど、改めて報告書の提出をもとめ、追求することとしていますが、トヨタ側の、日本を代表するグローバル企業(日本の製造業のイメージの代表)としての、的確な対応が望まれます。

 書類送検された歴代の品質管理部長には、前任の部長でトヨタのリコール監査室長(58)が含まれているそうです。
 こういったことから、企業統制論が強まり、企業のコスト増に繋がる要求事項が増えてしまいます。トヨタといえどもまだまだ古い体質が残っていたのですね。

 それにしても、熊本県警はよくぞ天下のトヨタを相手に摘発までこぎつけたものです。
 ISOの認証など低レベルで不用と言い、独自の品質管理を進めてきたこれだけの企業。見解の相違と頑張っていますが、捜査での抵抗もいかばかりであったかと推察しますし、ひいては日本のイメージに大きく影響を与える事件です。あっぱれの一言です。
 国交省が、徹底的調査ということで熊本県警に出向いていますが、よもや圧力ということは無いと信じていますが、県警と協力し、トヨタの姿勢を改善させていただきたいものです。


 
b0055292_2158210.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2006-07-16 21:58 | 気になる話 | Trackback(1)

福岡市が世界で最もダイナミックな都市10選に

 ニューズウィークが「10の(世界で)最もダイナミックな都市:The Ten Most Dynamic Cities」というのを発表しています。
 よみうりテレビ ウェークアップ! 松岡洋子のトレンドPLUS/ダイナミックな都市10選に福岡
 The 10 Most Dynamic Cities - Newsweek: International Editions - MSNBC.com

 九州は東芝、キャノン、ソニー他、日本を代表するハイテク関連企業の主力工場が各地にあります。また、高速道路が発達していて、福岡から各地へは渋滞がほとんど無いこともあり、驚くほど速く行けてしまいます。
 
よみうりテレビ ウェークアップ! 松岡洋子のトレンドPLUS/ダイナミックな都市10選に福岡
 近年、「シリコンアイランド」と言われるようになった九州。
日本国内のなんと4分の1もの半導体を生産しているのだ。

 福岡市が元気な背景には、県の支援策もあるのだそうです。
 百道浜(ももちはま)に大手コンピュータメーカーを次々に誘致し、ここに半導体の開発センターを県が設立し、資金の不十分なベンチャー企業に助成金を出して支援しているのです。

 また、福岡市内から車で1時間ほど走った場所にある宮若市に、トヨタ自動車が工場を設立しているのです。
 
 製造されていたのは、高級車・レクサス。輸出仕様の車の多くを福岡で生産しているのだ。

(トヨタ自動車九州 定村一洋副社長)
 「もともとベースに工業が発展していたということもあって、優秀な人材を確保できる」「行政の、特に最近では100万台構想だとかいろんな強いサポートがある」

 今や「カーアイランド」とも呼ばれる九州。
 30年前はゼロだった車の生産量が、今年は100万台を突破する見込みだ。

 キャノンの他に、中部経済を日本で最も活況のある地域として引っ張っているトヨタがそろったのでは、活気が出てくるのは当然です。

 そして、これらの企業の物流の要となる港があるのが福岡市なのです。

 港には、韓国からの観光客を乗せた船も入り、放送では観光客のインタビューをしていましたが、「一度は訪ねてみたかったんです」との声。免税店で争うようにして買い物をしているとか。
 韓国を中心としたアジアからの観光客が、この10年で、2倍に増えているのだそうです。
 博多どんたくといったイベントや、買い物客の集客力を上げる市の努力もあり、アジアのツーリストが推奨することが上げられていますが、物流と同様に近いというのも理由なのでしょうか。

 東京一局集中の経済発展が危惧される中、地方都市の地の利を活かした活性化は、おみごとですね。

 ちなみに、福岡は2位で、1位はラスベガス、3位がミュンヘン、4位ロンドン、5位ツールーズです。

b0055292_17195352.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2006-07-09 17:26 | 気になる話 | Trackback

Web 2.0 って?

 「Web 2.0」という言葉を見かける様になったので、少し調べてみたので、備忘録にアップしました。

 きっかけは、6/26日経の第二部の特集です。

 
 インターネットの本格的な普及から10年。いつでもどこでも情報が得られるユビキタス技術のひろがりでネット上の様々な情報が連係し合う「Web 2.0」の時代がやってきた。

 Web 2.0の大家として知られるTim O'reilly氏の論文「What is Web 2.0」によれば、Web 2.0を特徴付けているのは、次のような事柄なのだそうです。
 
 IT用語辞典~Web 2.0特集:Web 2.0とは 意味・解説 - IT用語辞典バイナリ

 (1)ユーザーの手による情報の自由な整理
   代表的なサービスとしては、はてなブックマークなどが挙げられる。
 (2)リッチなユーザー体験
   代表的なサービスとしては、GoogleMapやGoogle Suggest、Gmailなど
 (3)貢献者としてのユーザー
   代表的なサービスとしては、AmazonのレビューやGoogleのPageRankなど
 (4)ロングテイル
   代表的なものとしては、Google Adsense
 (5)ユーザ参加
   代表的なサービスとしては、ブログ、ソーシャルネットワーキングなど
 (6)根本的な信頼
   代表的なものとしては、Wikipediaなど
 (7)分散性
   代表的なものとしては、WinnyやWinMXなどのファイル共有ソフト、あるいはWebサービスなど

 結構古くから注目されていた用語の様で、多くのblogで用語の理解と整理をされているのが見つかりました。
 なかでも、以下の「社長blog」さんの「WEB2.0って最近よく聞くけど、意味が本当のところは分からないし、誰かに聞くのも恥ずかしいと思っていた皆さん、言葉自体に意味はないので気にしなくてもいいよ。」との記述に納得しました。
 社長ブログ@freshEYE: WEB2.0という言葉に、大した意味などない

 ウインテルの時代から、Yahoo、Googleの時代へ変わってきたと言われて、日本でも、ITから、ICTと言われる様になってきた、時代の変革の総称という理解をすることにしました。


b0055292_1334114.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2006-07-02 01:39 | IT備忘録 | Trackback