<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

首都圏でバイオガソリンの発売開始

 脱石化資源、地球温暖化抑制、農業振興などで注目されるバイオエタノール入りガソリンが、27日から首都圏のガソリンスタンドで試験販売が開始されました。
 大きな期待をもたれているバイオエタノール入りガソリンですが、いろいろな課題も内蔵してのスタートの様です。
 
政府計画、ガス欠の恐れ CO2削減、達成難しく (4/27 読売朝刊)

<前略>
★宙に浮く計画
 「石油業界は、環境先進産業として、自動車燃料の新しいページを開きたい」
 26日朝、バイオガソリンの初出荷式が開かれた横浜市の製油所で、あいさつに立った石油連盟の渡文明会長はこう力説した。
 2010年までに輸送用バイオ燃料を年間50万キロ・リットル(原油換算)導入――。2005年に閣議決定した京都議定書の目標達成計画で、バイオガソリンなどのバイオ燃料は二酸化炭素(CO2)の排出が止まらない運輸部門対策の“有望株”として位置づけられた。今回の試験販売は、その先駆けとなる。

 しかし、その一方で、政府の導入計画は足元でぐらついている。
 バイオエタノールのガソリンへの混合法は2種類ある。バイオエタノールをガソリンに直接混ぜる「E3方式」と、バイオエタノールを石油ガス(イソブテン)と化学反応させたETBEと呼ばれる液体燃料を、ガソリンに混ぜる「ETBE」方式だ。

 導入が決まっているのはこのうち、ETBE方式の21万キロ・リットルのみ。残り29万キロ・リットルをどう達成するのかは道筋さえ見えない。

 というのも、国内の8割以上のガソリンスタンドを傘下に置く石連が、環境省が導入を進めるE3方式に反対を表明。E3に混ぜるガソリンを販売しない意向を示しているのだ。

 海外では農業振興の面からもバイオエタノールを直接混ぜる方式が主流なのだそうです。
 今回農水産省もなびいた石連の「ETBE方式」では、エタノールとともに一定量のイソブテンを混合する必用があり、ガソリンを使わずETBEだけにしても50%はイソブテンとなり、石油精製時にできるイソブテンは供給量が少なく、40万キロリットルが限界とされ、安倍首相が導入を指示した600万キロリットルはおろか、京都議定書の目標(温室効果ガス排出量 6%削減(1990年比)で、運輸部門ではバイオエタノールを50万キロリットル導入し、約140万トンののCO2排出量削減)が達成できないものなのです。
 
 石連が反対する理由は、施設改造費が「E3方式」だと数千億円余計にかかることと、品質や脱税面で不具合があるというものです。
 
 環境庁は「E3方式」の実用化に向けた実証実験を、大阪府で計画しているそうです。
 首都圏が農産省+石連、大阪が環境省と、東西対抗の様相です。
 石連が反対する「E3方式」では、出来たエタノールを混ぜるガソリンが無いとのことで、石連に加入していない石油元売り会社のガソリンを使うのだそうですが、供給量がわずかで目標を達成できません。

 原油高騰で利益を出した石油会社が、地球を救う為の投資として数千億円の設備投資を渋ることへの非難もさることながら、混合方式を1種類に絞り込み限定し、他方式の実験を阻害している自由のなさ、チャレンジの欠如には理解できない姿勢と言わざるをえません。

 バイオガソリンは、レギュラーガソリンと同価格に設定されていて、製造原価は高く、その差額は国と石油会社が折半するのだそうですが、京都議定書の運輸部門の目標を達成する為の政府の中長期の政策確立と、方策の実施・指導が強く求められます。

 ブラジル等の果実生産国が、バイオエタノール用サトウキビに転作を進めていることから、輸入果実が値上がりし、大手飲料メーカーの果汁入り飲料が、5月から値上がりするのだそうです。
 エタノール需要急増で果汁飲料値上げ : 経済ニュース : 経済・マネー : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 そういえば、近所のスーパーのオレンヂも一個100円だったのが、125円に値上がりしていました。それではと、国産のはっさくを見ると、こちらも同様に値上がり...。

 また、バイオエタノールは地球温暖化抑制に寄与するのかとの研究論文も出始めています。
 
温暖化ガス、増加の試算も (4/27 読売朝刊)

 カリフォルニア大学のアレクサンダー・ファレル助教授は昨年 1月、米科学誌サイエンスに発表した論文で、燃料をガソリンからエタノールに切り替えた場合、温室効果ガスの排出量は最大で32%減らせるが、逆に20%増えることもあると述べている。
 バイオエタノールの原料となるトウモロコシやサトウキビなどの耕作には、燃料が必用な農業機械が使われ、エタノールをブラントなどで生成する際も石油などが使われるからだ。

<中略>
 国内でも、産業技術総合研究所ライフサイクルアセスメント研究センターが、生産から輸送、使用までの全課程で出る温室効果ガスの量を、ガソリンと100%エタノール(E100)で比較した。
 国内で使うエタノールをタイ産サトウキビで作るという想定で、その結果はエタノール製造にかかる温室効果ガス排出量は、ガソリンと比べて39%減から 8%増とばらついた。エタノール生産でガスが増えてしまう理由は、CO2の数百倍の温室効果を持つ亜酸化窒素が、耕作に使う肥料から出るからだ。
 これに対し、エタノール導入計画を議論した経済産業省の調査会では、エタノールを海外から輸入した場合、CO2を約 8割減らせ、国内の建設廃材を材料にしても約 7割減らせるという見積を示している。

 そのほかにも、エタノール生産用原料の耕作面積拡大のための森林伐採も上げられています。

 石化資源は有限であり、その争奪に各国が競い合っていますし、石化資源産出・供給を質にして覇権を拡大する国も出現しています。
 生産工程の温暖化効果ガス排出量が極度に増えてしまうのは困りますが、脱石化として、さらに栽培可能資源として更なる研究が進められる事を願っています。

 それに対し、将来の展望のない目先の自分の利益にこだわり、実験への協力も拒む石油連盟の姿勢は、なんとしても改めて頂きたいものですし。政府(経産省あたりか、首相)の強いリーダーシップが求められます。

 
海外のバイオエタノール導入手法 (4/27 読売朝刊)

■米国
  自国産のトウモロコシなどを原料に、エタノール10%を直接混合したE10ガソリンが増加。
  一部でE85も使用。
  2012年までに年間2,800万キロリットルのエタノール使用を計画

■ブラジル
  自国産サトウキビを原料に、ガソリンに20~25%のエタノール混合を義務づけ。
  E20~25が主流だが、地区によってはエタノールだけで走るE100も流通

■欧州
  余った麦などを使い、スエーデンやポーランドで、エタノールを 5~10%を直接混合したガソリンを市販。
  ドイツ、フランス、スペインではETBEを利用

■アジア
  インド、タイでE5、E10などの直接混合方式を導入。
  中国でもE10の試験導入を開始



b0055292_222717100.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2007-04-29 22:40 | 地球温暖化 | Trackback(3)

「自主開発バイオエタノール」計画

 カーボンニュートラルの考え方から、燃焼により発生する二酸化炭素は、排出量としてカウントされないバイオマスエタノールやバイオマスフィルムが脚光を浴びています。
 バイオマスエタノール - Wikipedia

 政府は、バイオエタノールを自動車燃料に活用する計画を進めていますが、東南アジアでバイオエタノールの生産・加工から引き取りまでの一連の権益を確保し、安定供給体制の確立を目指す事としたのだそうです。
 
CO2削減策 バイオエタノール 東南アジアで自主開発 経産省構想 (4/20 産経朝刊)

 経済産業省は19日、東南アジアでサトウキビなどの原料を生産し、バイオエタノールに加工したうえで日本に輸入する「自主開発バイオエタノール」計画を明らかにした。政府は二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス削減策の一つとして、バイオエタノールを自動車燃料に活用する計画を進めている。東南アジアでバイオエタノールの生産・加工から引き取りまでの一連の権益を確保する方針で、安定供給体制の確立を目指す。

 政府は温室効果ガスの削減目標を決めた「京都議定書」達成のため、平成22年度ごろをめどにバイオエタノールを年間80万キロリットル利用する計画を打ち出している。バイオエタノールは燃焼しても、植物が吸収したCO2が大気中に戻るだけで総量に変化がないとされるため、温室効果ガスの排出抑制につながる。

 経産省は、バイオエタノールの生産地としてフィリピンやマレーシア、インドネシアなどを想定しており、今年度中に候補地を決定する。商社など日本企業がサトウキビなどの原料生産段階からかかわり、現地の工場でエタノールに加工し輸入する計画だ。現地農家と10年以上の長期契約を結ぶことで安定した権益を確保する。

 輸入段階での単価は1リットル80円前後で、60円前後のガソリンより若干高くなる見通し。ただ、国内で生産した原料を利用した場合に比べると3分の2程度に抑えられるという。サトウキビは収穫まで3年程度かかるため、輸入開始は早くて4年後になる見通しだ。

 バイオエタノールの世界生産量は年間3650万キロリットルだが、日本ではわずか30キロリットルにとどまる。ディーゼル車が多い欧州ではすでに、東南アジアで生産したパーム油を化学処理した軽油代替燃料が使用され始めている。

                   ◇

【用語解説】バイオエタノール

 サトウキビやトウモロコシなどを糖化・発酵・蒸留して生産される。国内では今月27日から、輸入バイオエタノールと石油系ガスを合成した「ETBE」を混合したガソリンが首都圏50カ所で試験販売される。一方、環境省はバイオエタノールを直接ガソリンに混合する方式を推進しており、普及に向けた調整が求められている。


 温暖化対策と、有限な石化資源節約の両方に有効なバイオマス資源の開発確保は、石化資源の獲得競争が国家単位で競争が激化している中、新たな未来のエネルギーや産業素材確保を図るための有望な手段として推進が必用です。
 生産国としても、石化資源を持ち世界の経済に影響力を持ち冨を集めている今の国々に取って代われる可能性を持つバイオ資源の生産は魅力的なもののはずです。

 日本の技術と、生産国とが相互に利益を得られるよう連携し、将来のエネルギー安全保障や産業素材確保の為、政府も一体となり取り組みを開始するとは、近年希な喝采すべき動きですね。
 是非是非成功と、更なる拡大発展が出来るよう、祈っています。


b0055292_23234328.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2007-04-22 23:24 | 地球温暖化 | Trackback

温暖化はすでに、世界中の自然と社会に影響を与えている

 国連「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」第2作業部会の報告がまとまりましたが、6年前の「地域によって温暖化の影響が出始めている」という内容から、「温暖化はすでに、世界中の自然と社会に影響を与えている」に変わり、事態の悪化を訴えるものです。
 
気候変動報告 影響はもう世界中に及んでいる (4/8 読売社説)

 有効な対策を講じなければ、地球は今世紀末までに様々な危機に直面する。

 科学者たちが温暖化について評価した国連「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」第2作業部会の報告がまとまった。

 先に報告書を公表した第1作業部会は気候の変化そのものを分析したが、第2部会はおもに、温暖化が自然や社会・経済に及ぼす影響を検討している。

 6年前の報告は、「地域によって温暖化の影響が出始めている」と警告した。それが、今回は「温暖化はすでに、世界中の自然と社会に影響を与えている」に変わった。

 将来はどうか。今後、何の対策も講じられなければ、約1度の気温上昇で、深刻な水不足に直面する人が、今より数億人増える、とされた。

 仮に、世界の平均気温が1・5~2・5度上昇すれば、生物種の20~30%が絶滅する危険が高まる。地球上のほとんどの珊瑚(さんご)礁が白化し、死滅寸前となる。2度以上になれば、洪水の被害者も沿岸域で毎年数百万人ずつ増えるという。

 IPCCは今回初めて、全地球での平均気温の上昇幅について"許容レベル"を明記したのだそうです。(4/7 読売朝刊)
 1990年レベルから約2~3度未満であれば、農作物がよく育ち、冬場の暖房費が安く済むなどの便益をもたらすが、「それ以上の場合は、すべての地域で便益の減少かコストの増加が生じ得る」というものです。
 EUが、「2度」の目標を持ち出したのに対し、日本は中国や米国を含んだ削減の枠組みを作ることや、産業界の抵抗への配慮から、高い目標に同調するのは得策ではないとし、現段階での議論には反対したのだそうですが、EUの提示より緩い数値ながら明記されました。
 各国代表が、数値を盛り込むことで合意したことは、全世界が気温上昇幅との関連で長期目標を共有し、CO2削減に取り組む体制造りが国際交渉レベルで進展すると期待されるとのことです。

 日本に生じている影響のひとつに、九州の 4年連続の米の不作があるのだそうです。
 
暮らしに異変の足音 「まるで亜熱帯」嘆く農家 (4/7 読売朝刊)

 「九州は亜熱帯になってきよるじゃないですか」
 長崎県の米どころ諫早市。春には水田に変わる二毛作の野菜畑を見つめ、兼業農家の古賀昭三さん(51)はつぶやいた。「米ではもう食べてはいけん」
 九州は 4年連続で、米の不作に見舞われている。1等米より60キロあたり1,000~2,000円安い 2,3等米が増え、市内の収穫量は昨年、平年の半分以下に落ち込んだ。

 原因は米が熟する 8月末~9月初めの暑さ。
 県総合農林試験場の古賀潤弥主任研究員によると、主力品種「ヒノヒカリ」は、26.5度を超えると、1等米の収穫は絶望的だが、ここ数年、その水準を超える年が珍しくなくなった。

 この日採択された報告書は「気温上昇や降雨量の変化が農作物の生産性を低下させ、アジアでは食糧不足が深刻化する」と警告した。日本でも、温暖な西日本を中心に、最大40%の米の収穫減少が予測されている。
 

 畜産や魚養殖の餌に欠かせない南米沖のカタクチイワシ、豪州や北米の穀倉地帯の水不足など、食料を輸入に頼る日本には世界中で生じている温暖化の影響が、輸入価格の高騰というかたちで反映され、国内の畜産や魚養殖産業へも連鎖を生じます。
 報告書によると、「気温が1.5~2.5度上がると、20~30%の生物種が絶滅する可能性がある」。 1度上昇するだけで、生物の被害は甚大なものになるとしています。
 
 ある特定の種が絶滅すれば、これをエサにする動物、さらにその動物をたべる大型哺乳類なども連鎖的に絶滅への道をたどる。森林火災の増加による自然の回復力の喪失などとあわせ、最終的に生態系そのものが崩壊、回復出来なくなるとの懸念も報告書は指摘しています。

 IPCCのパチャウリ議長は、「気候変動の影響を最も強く受けるのは貧しい人々だ。気候変動と貧困問題と関連づけて考える必用がある」と警告しています。
 温家宝首相の来日の共同声明に、中国がポスト京都議定書交渉への積極参加の方針が盛り込まれ、日本の省エネ・環境対応技術の導入に取り組むとのことです。アフリカからの資源獲得に熱心で、資金援助を行っている中国ですが、大国になった証として、地球規模の視野での積極参加は、歓迎ですし、米国と並ぶCO2多量排出国がくわわることで、効果も期待できます。

 
気温上昇(1990年比)による生態系への影響 (4/7 読売朝刊)

■ 1度 地球全体への影響
  林地ツンドラの47%、寒帯の針葉樹林の23%、低木地の21%、草原(ステップ)の15%、サバンナの14%、ツンドラ地帯の13%、温帯の落葉樹林の12%が消える

■ 1.6度 アフリカへの影響
  141国立公園の中の277哺乳類のうち、8~12%が絶滅の危機

■ 1.8度 地球全体への影響
  主要165河川のうち 63河川で、10%以下の魚種が消える

■ 1.9度以上 地球全体への影響
  陸地の生態系の酸素吸収が飽和状態になり、排出源へと転換

■ 1.9度 南米への影響
  アマゾンの熱帯雨林、生物種が広範囲に消える

■ 2.3度 北極圏への影響
  北域の森林限界の緯度が西ヨーロッパで0.5度、アラスカで1.5度、グリーンランドで 4度北に移動する。

 豪州への影響
  21~30%のチョウが絶滅

■ 2.8度 地球全体への影響
  6~22%の沿岸湿地が消滅。米国、地中海などで渡り鳥の生息域に大きな被害

■ 3.1度 地球全体への影響
  林地ツンドラの68%、寒帯の針葉樹林の44%、低木地の34%、草原(ステップ)の28%、サバンナの27%、ツンドラ地帯の38%、温帯の落葉樹林の26%が消滅

■ 3.4度以上 豪州への影響
  ユーカリの73%が生息限界を超える



b0055292_18395036.jpg



[PR]
by yuji_oga | 2007-04-08 18:48 | 地球温暖化 | Trackback

地球温暖化で、サンマがやせる

 気温の上昇が2℃をこえるとみられる2040年前後には海面水位が5~20cm程度高くなると予測されています。
 海面上昇により海に沈む地域を日本地図上で確認できるソフト「SeaLevel 海面上昇シミュレーター」v1.00という、フリーソフトがあり、海面水位の変動値を入れると、水没部分が黒く変わります。
 SeaLevel3 海面上昇シミュレーター3 日本詳細版

 地球温暖化で、海水温度が上昇すると、海面水位が上昇する他に、海中でもいろいろなことが起きる様ですが、海水温が1℃上昇するとサンマ1尾の平均重量が約7%(約10グラム)減少すると、水産総合研究センター東北区水産研究所で計算されているのだそうです。
 地球からの警鐘:日本が受ける温暖化の影響 2004年2月号 ナショナルジオグラフィック NATIONAL GEOGRAPHIC.JP

 以下の連鎖によるものだそうです。
 温暖化で海面に近い水が温まると、膨張して比重が小さくなり、深海水と混合しにくくなる。
   
 栄養塩が豊富にある深海水が上昇しないと、植物プランクトンが減る。
   
 動物プランクトンや、それを食べるサンマやマイワシなどの魚類に影響する。

 そのほかにも、海水温度の上昇で以下の影響があるそうです。
 魚介類の産卵、成育の場となっている西日本の沿岸の藻場は、海水温の上昇に伴って生息数が増えたり、採食が活発になった南方の藻食性魚類によってバリカンで刈ったみたいに荒らされ、沿岸漁業に被害が出る。

 「日本の200カイリ内にマイワシやサンマ、カツオなど冷水性の回遊魚の漁場ができなくなる可能性があります。マダラやスケトウダラなどの底魚類は産卵場所の条件が厳しいため、北上しても産卵場が確保されずに絶滅するかもしれません」とは、上述の、水産総合研究センター東北区水産研究所の伊藤さんのお話です。

 乱獲でのお魚の減少が懸念されているのですが、温暖化とのダブルパンチになります。
 特集:地球の悲鳴 魚が消えた海 2007年4月号 ナショナルジオグラフィック NATIONAL GEOGRAPHIC.JP

 魚は貧しい人々のタンパク源として重要な役割を果たしてきたのだそうですが、アフリカでは欧州への輸出する魚を捕ると同時に、輸出しない他の魚も混在して乱獲廃棄され、アフリカのタンパク資源としての魚が無くなってきているそうです。
 温暖化も、乱獲ももとは全て人が引き起こしています...。


b0055292_21275942.jpg

[PR]
by yuji_oga | 2007-04-01 21:28 | 地球温暖化 | Trackback