<   2007年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日立製作所がHDD事業売却を検討

 「♪ この~木なんのき、ふしぎな木~...♪♪」。 コマーシャルなのに聞き入ってしまう曲です。
 日立のコマーシャルは、自然に見聞き出来る物が多く親しみを感じるのですが、企業としては利益率向上が大きな経営課題となっています。日立の街が、活況を減らしてからいくとしも経ちました。

 そんな中でも、2002年12月に米IBMから2000億円以上を投資して、HDD事業を買い取り積極経営を展開する姿勢をみせ、日本の製造業の力を世界に示してくれると、大きな期待を持たせてくれていました。
 レコードが突然CDに変わったように、ライブラリィ用途を除けば、CD, DVDは、使い勝手の良さと、大容量であること、読み書きのスピードにも優れることでHDDに切り替わるというのが私の持論でもありました。事実、HDD搭載のカーナビが出現するなど、多方面での新規需要の拡大が期待されていました。

 ただし、価格を下げ続けねばならないという業界の宿命があり、懸念材料でもあり、これはIBMがパソコン同様に早期に撤退・売却した所以でもありました。
 そこに、新規技術によるフラッシュメモリが価格競争でも参入出来る水準に発展してきたことから、新規需要で小型技術を要し需要拡大と利益をみこめた市場も、厳しい環境を強いられる事態が生じてきました。
 yuu2雑記帳 : HDDが消える日

 日立は、ノートパソコン向けHDDの市況価格の下落と、生産効率の悪さから、4期連続の営業赤字を続け、08年3月期も330億円の営業赤字見通しとなり、5期連続赤字となるHDD事業の売却と、遅れている経営資源の「選択と集中」を加速することとするのだそうです。
 日立がHDD事業売却へ、候補に複数ファンド=関係筋 | Reuters
 asahi.com:日立、不振のHDD事業売却を検討 投資ファンドと接触 - ビジネス

 やっぱり駄目かと、ひとごとでなく落胆の思いがつのるニュースですが、技術進歩の速いこの業界ならではの宿命で、時代の流れとも言えます。
 ただ気がかりなのは、「生産効率の悪さ」が、どの記事を見ても理由のひとつに挙げられていることです。日立がそう公表したからでしょうか。
 日立から買い取る企業が在るわけですから、日立GSTにファウンドリィ企業としての資質はなかったが、世界にはHDD生産で利益をあげられる企業が存在するということです。日立GSTでの「生産効率の悪さ」とはどういうことなのか、何故それが改善・克服できすに売却する事になったのかは、是非知りたい話ではあります。

 古川社長は「絶対に黒字にする」と強調しておられ、全面売却か、部分売却かなどの具体策も未明の様ですが、新技術(フラッシュメモリ)市場への方向転換も含め、日本を代表する製造業の総合的生産技術力を発揮して頂けるよう、期待しています。


b0055292_1295459.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。



 
[PR]
by yuji_oga | 2007-09-30 12:11 | 企業改革 | Trackback

NECが、米SOX法をギブアップ

 NECは、2006年3月期連結決算の年次報告書を、9月25日までに米証券取引委員会(SEC)へ再提出するよう求められていましたが、期限に間に合わず提出を断念しました。
 NEC、米ナスダック市場で上場廃止へ:ITpro
 FujiSankei Business i. 総合/NECが断念、米ナスダック上場維持

 米SOX法は基準が厳しくなり、米国企業のデル、ノベル、アップルなども上場廃止警告を受けるなどしていましが、監査の厳格化への対応コストが膨大になってきていることから、見直し緩和の話も出ていました。
 日本企業でも2007年3月期決算の発表を、米国で上場していて米SOX法が適用されることから、決算発表を延期する企業(日立製作所、ソニー)が出ているそうです。
 イトーヨーカ堂は、自主的にナスダック上場廃止していました。(2003/5月)
 ただ、NECの場合は監査法人の要求する資料を、期限までに提出出来ないと言う、上場維持努力を続けてきた結果が、退場せざるをえなくなったというもので、事情が違います。

 会計監査の厳格化と国際的な基準統一の流れは、日米欧間でも進められており、企業が対応して行かねばならないものとなってきています。
 この厳格化に対応出来ない企業が、資本調達市場から閉め出されることを、現実にしめしたものです。
 グローバルなマーケットでのブランドイメージが必用な企業は、金融市場での資金調達量の多少だけではなく、会計監査が目的とする信頼できる会社との評価をえることを放棄することとなりかねません。

 今回の監査法人の要求する資料は、保守などを含んだ複合契約の詳細を、10年分さかのぼって出せと言うものだそうですが、保管することとしていなかったもの等もあり、提出を断念したというものです。
 そのことが、どの程度決算内容に影響を与えるのか、潜在するリスクがあると考えられたのかは不明ですが、会計処理業務や監査対応作業が、企業の利益を圧迫しすぎて企業が潰れてしまうことがないよう、お願いしたいものです。

 でも、NECのJ-SOX関連のソフトやコンサルへの打撃は大きいでしょうね。


b0055292_15245946.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2007-09-24 12:46 | 企業改革 | Trackback

サバにクロマグロを産ませる

 魚への世界的な需要増に対応すべき資源の確保は、世界規模での課題です。
 魚の養殖、畜養、海洋牧場などの技術の開発が注目されていますが、ヤマメからニジマスを産ませることに、東京海洋大学の吉崎准教授らが成功し、この技術はサバ等の小型魚を使ってクロマグロなどなどの大型魚を産ませる可能性があるということで、各紙が取り上げています。
 ヤマメが両親でも子供はニジマス マグロ生むサバも?|科学|カルチャー|Sankei WEB
 ヤマメがニジマス産んだ…東京海洋大 : ニュース : グルメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 
ヤマメがニジマス産んだ マグロ養殖応用に期待 (9/14 読売朝刊)

 ニジマスの卵と精子を、ヤマメに作らせて、ニジマスを誕生させることに、東京海洋大学の吉崎悟朗准教授(発生工学)らが成功した。

 これまでは雄ヤマメの腹を使って、ニジマスの精子を作るところまではできていた。乱獲で資源量の減少が心配されるクロマグロなどに、この技術を応用できれば、養殖しやすいサバなどの小型魚を使って、マグロなど大型魚を誕生させ、増やすことが期待できるという。14日の米科学誌サイエンスに発表する。

 吉崎准教授らは、ヤマメの卵を作らないように不妊処理した雌ヤマメの稚魚を用意。雄ニジマスから精子の元になる精原細胞を取り出し、この稚魚の腹に移植した。その結果、成長したヤマメの腹の中で、ニジマスの精原細胞が卵に変化していた。

 この卵と、同様の方法で雄ヤマメに作らせたニジマスの精子を交配させたところ、ニジマスの稚魚が誕生、繁殖能力を持つ成魚に育つことを確認した。吉崎准教授は「サバを使ってマグロを誕生させるには、いっそうの工夫が必要だ」と話している。

 オーストラリア、地中海、メキシコ、日本などで行われている畜養マグロは安価なトロを提供する手段として発展してきましたが、漁獲制限が重量であることや天然資源の減少から、小魚状態のマグロの漁獲・畜養が始まり、資源の更なる減少に拍車がかかっています。

 小型魚から、大型魚を産ませることが出来れば、資源の枯渇に歯止めがかかります。
 畜養でのもう一つの問題の、エサ用の小型魚の問題は、逆に増えるかも知れませんが、エサ用の小型魚も、養殖・放牧などで増やしていくことで、解決の糸口がつかめるかも知れません。
 マグロについて:蓄養の問題:WWFの活動/WWFジャパン

 日本の人口や需要は、少子高齢化で縮小していくのですが、世界規模では増加を続けているのですから、石油・ガスなのどの天然地下資源依存から再生可能な資源への移行と同様に、食糧も資源の生産のトータルコントロールが望まれます。
 陸よりは広く、資源が豊富で、まだまだ天然資源を消費する一方の海洋資源ですが、いまや転換期を迎えており、この様な生産管理技術が、日本から生まれて世界に広まることを、きたいしています。

 ヒラマサを孵化、稚魚までの養殖に成功…大分県の水産試験場 : 地域版ニュース九州 : 九州発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 ヤマメ稚魚展示…島根・出雲の宍道湖自然館 : 動物トピックス : 季節自然 : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 養殖マグロの「孫」誕生…近大水産研 : 経済 科学 ピックアップ : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 地方の輝き~オホーツク「海の牧場」 (ニュースを斬る):NBonline(日経ビジネス オンライン)
 海の牧場整然と…九十九島(長崎県佐世保市) : 景 空から : 九州発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 沖縄型海洋牧場の創造・支援に関する養殖技術開発調査に参加して/中央水産研究所


b0055292_18254084.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2007-09-16 18:26 | 気になる話 | Trackback

パスモ 販売再開

 在庫切れと生産量不足で販売を中断していた「PASMO(パスモ)」が、9月10日に販売再開されるそうです。

 3月18日に販売開始されましたが、今年の販売目標が500万枚であったのに対し、発売 3週間で300万枚売れてしまい、用意した400万枚の在庫が底をつきそうになり、追加生産もままならず新規販売を中止していました。(定期券は販売していた。)

 
「PASMO(パスモ)」 10日に販売再開 新サービスで巻き返し (9/8 読売朝刊)

◇人気殺到
<前略>
 JR東日本の「Suica(スイカ)」は私鉄での利用も可能になったのに、スイカを持っていながらパスモを買う人が多かった。パスモの調査では、パスモ所有者の約6割がスイカも持っていた。そのうち半数は、どちらか一方しか使っていないと回答している。
 パスモの早川弘之事業部長は「スイカを持っている人が、こんなに買ったことは想定外」と振り返る。さらに、首都圏以外の人が「デザインがかわいい、と東京みやげに買っていく例が多かった」(私鉄大手)ことも誤算だった。
 販売再開は恐る恐るだ。購入者が殺到しないよう、再開日は夏休み明けから間をおいた9月10日。一部の私鉄は販売する駅を限定し、様子を見ながら徐々に本格販売へ移行することにしている。

<中略>
◇利用拡大へ
 パスモ陣営は、販売再開を機にサービス拡充を進める。東京急行電鉄は12月から、子どもがパスモを使って改札を通ると、保護者の携帯電話にメールで知らせるサービス「キッズセキュリティ・駅」を始める。
 08年からは、コンビニエンスストア「エーエム・ピーエム(am/pm)」の関東約1000店でパスモが使えるようになる。

 東武鉄道は今年5月以降、パスモがカギ代わりとなり、料金もパスモで払えるコインロッカーを5駅に設置した。同鉄道は、関連会社が発行する「東武カード」の会員をパスモ関連分だけで年間6万人増やす計画だった。販売中止前にすでに4万人を獲得し目標は達成されそうだが、「販売中止がなければさらに増やせた」(同社)と意欲的だ。

 パスモは非接触型カードのため、従来の磁気カード「パスネット」より機器の補修費が少なくて済む。所有者の個人データが入った記名式パスモなら、改札を通過した人の年齢や性別などが分かり、運行計画などに反映しやすくなる。私鉄各社は、カードの付帯サービスを増やして、沿線住民の利用を拡大する考えだ。

 先行するスイカが2,193万枚と大きな数字なのですが、スイカを持っていながらパスモを買う人がパスモ所有者の約6割に達したのが予想外だったとのことです。
 私鉄の定期を利用する人は、私も含め、私鉄の定期とスイカ(私はスイカ・イオカード)を持っていて、一枚で済むパスモを待ち望んでいました。
 スイカでも私鉄定期が買えるので、スイカを持っている人は、そのまま私鉄の定期でもスイカを使うとも考えられますが、多くの人がパスモにしたのは、どんな理由だったのでしょう。

 住んでる沿線の駅の売上に協力したい、紛失時に購入駅(券面左側に表示される駅)に届けられるので近所の駅が便利などが考えられますが、記事ではこのあたりは不明です。
 
 再開を機に、新サービスも始まるとのことですので、スイカとの両者によるサービス競争が始まり、より便利になることに期待しています。
 「キッズセキュリィテイ・駅」は、内容の詳細が解りませんが、東急以外でも始めて欲しいし、大人でも「帰るコール」代わりに、指定駅の改札通過時にメールを飛ばしてくれたりしたら、嬉しいですね。(混んでる電車の中で、帰るメールしなくてもすみますよね。)
 大阪や名古屋でも使えるようになれば、スイカとの差が埋まりますね。

 私鉄沿線の人が、スイカよりパスモを持つ動機が知りたいものですが、私鉄利用者(JRと乗り継ぎしますが)の人数が、スイカとパスモのカード発行数の差ではないはずですので、更なるシェア拡大に向け、魅力あるカードとなるよう頑張って欲しいものです。


b0055292_1921564.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2007-09-09 19:26 | 気になる話 | Trackback(2)

じゃがポックル

 b0055292_21423797.jpg
 北海道のおみやげのお菓子類でポピュラーで美味しいのは、白い恋人、ロイズの生チョコ、六花亭のバターサンドですが、このうちの白い恋人が亡くなった今を、26日に札幌のホテルで見たテレビで特集していました。
 
 白い恋人の分、他のお菓子が買われて、シェアやランキングが変わったのではとおもいきや、お菓子のおみやげとしては減っていると、業界の人らしきかたがインタビューに答えていました。
 その中で、「じゃがポックル」が連日売り切れの爆発的売れ行きなのだそうです。
 たしかに、おみやげ屋さんを覗くと、どの店も売り切れの表示板があるだけ。その、売り切れの表示板が、綺麗に印刷されたもので、長期的に常用されていることを物語っているのは、一つの風物というか景色でした。
 ものはないのですが、お一人様 3つ迄との表示も、現品が入荷したときの争奪戦が想像されます。

 「じゃがポックル」は、カルビーが「ポテトファーム」のブランド名で製造している、じゃがいもを主材料とするスナック菓子で、正式な商品名は「じゃがポックル オホーツクの焼き塩味」といいます。
 2002年に「ぴゅあじゃが」という名称で販売され、その後「じゃがポックル」に商品名を変更し、大きな宣伝はしていなかったが、「とてもおいしい」と評判が立ち、たちまち人気商品となったのだそうです。
 商品が売れる要素には、ブランドと品質が重要と言われますが、「じゃがポックル」のネーミングと、手作りに近い材料と製法を吟味した品質へのこだわりが今日の売れ行きのもととなっています。

 この商品が生まれたのは、カルビー・千歳工場の閉鎖話が出て、千歳工場のみなさんが起死回生の為に知恵を絞って産みだしたという、物語もあるのだそうです。
 鋭い市場の読みもあり、スナック菓子として菓子ルートで売るのではなく、おみやげ市場にターゲットを絞ったところも、発想の改革でした。

 おみやげ屋さんからは、増産の依頼が殺到しているのですが、手作りに近い製法で小ロットで品質の確保を優先させているとのことで、増産が出来ないのだそうです。
 全国版に同様の製法で作られているのですが、原材料がことなり機械科された製法の物で、「Jagabee」というのがあります。こちらは、通常のお菓子の販路で売られています。

 おみやげ品なので、現地でないと入手できないという売る方にも、買う方にもおもしろい制約があるのですが、カルビー直ではないのですが、ネット販売はされています。

 カルビー・千歳工場のみなさんのお知恵と頑張りとに拍手を贈るとともに、明るい元気に触れるさせていただき、ありかとうとお礼をひとことです。

  『じゃがポックル』と『Jagabee』は、同じものなんですか?


  
b0055292_22343454.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2007-09-02 22:41 | 気になる話 | Trackback(1)