<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

サムスン電子が、日本での家電販売を撤退

 韓国サムスン電子は、テレビ販売では世界最大手なのだそうですね。知りませんでした...。
 訂正:第3四半期の薄型テレビ北米シェア、サムスン電子が首位 | テクノロジー | Reuters

 そのサムスン電子は、1980年代に日本法人を設立し、洗濯機などの「白物家電」で日本市場に参入していたそうですが、2000年ごろには白物家電の販売から手を引く一方でAV機器に注力していたのだそうです。
 しかし、薄型テレビなどの家電販売について、日本市場から撤退する方針を固め、10月末までに小売店、インターネット販売を停止し、今後は日本向け仕様の製造もやめることにしたのだそうです。
 サムスン デジタルワールド - 日本サムスンニュース/サムスンダイレクトサービス終了のお知らせ

 日本市場ではブランド力などからシェアを拡大できず、今後も収益が見込めないと判断したとのことですが、半導体などの主力製品の粘り腰に比べればさっぱりとした決断に感じられます。これも、世界シェアを抑えている余裕で、コストばかりかかり少子高齢化で市場がシュリンクする日本を見限ったとも言えます。
 
サムスン日本撤退 家電販売 収益見込めず (11/9 産経朝刊)

 テレビ世界最大手の韓国サムスン電子が、薄型テレビをはじめとする家電販売で日本から撤退する方針を固めたことが8日、明らかになった。10月末までに小売店、インターネット販売を停止し、今後は日本向け仕様の製造もやめる。日本市場は国内大手を中心に競争が激しく、サムスンは収益が見込めないと判断、欧米などに経営資源を集中するとみられる。
 サムスンの日本法人「日本サムスン」は今夏までに小売店での販売を停止し、ネット直販サイト「サムスンダイレクト」も10月末で閉鎖した。
 ネット直販では15~46型液晶テレビや携帯型音楽プレーヤー、DVDプレーヤーなどのAV(音響・映像)機器を販売してきたがすべてやめ、パソコン用モニターの法人販売だけを残す。
 修理などのアフターサービスは日本サムスンが継続し、「電子部品の販売を中心に、法人顧客との関係を重視した事業をこれまで通り続ける」(広報担当者)という。

 サムスン電子は1980年代に日本法人を設立し、洗濯機や冷蔵庫など「白物家電」で市場に参入。2000(平成12)年ごろに白物の本格販売から手を引いたものの、前後して薄型テレビなどのAV機器に注力した。
 一時は大手量販店に専用コーナーを設け、多額の広告宣伝費を投じてブランド戦略も展開した。だが、国内市場はソニーやシャープ、松下電器産業など世界シェア上位の競合企業が多く、販売を続けても収益改善は難しいと判断した。今後は欧米に加え、新興国などの成長市場での販売強化にカジを切るもようだ。

 日本サムスンの約1兆円の売上高の大半は、法人向け半導体や液晶パネルで占められ、消費者向け家電は「1%に満たない水準」(関係者)とみられ、「(家電販売停止の)経営の影響はほとんどない」としている。
 米調査会社ディスプレイサーチによると、サムスンは今年第2四半期のテレビ販売額で世界首位だった。
 


 北米での液晶ディスプレー(LCD)テレビの出荷台数はシャープがトップで、薄型テレビ全体の出荷台数ではサムスン電子が首位なのだそうですが、第3・四半期のLCDテレビの販売台数は、薄型テレビ全体の88%を占めていて、前年同期比82%増となっているとのことですから、北米での薄型テレビのシェア首位をシャープが獲得する日も近いかもしれません。

 サムスン電子が今後注力するという、欧州や新興国(中国は?)でも同様に、LCDテレビのシャアを日本企業が伸ばすことで、日本市場で勝ったように、世界のシェアも奪取して欲しいものです。


b0055292_221741100.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2007-11-11 22:18 | 企業改革 | Trackback

横浜ベイブリッジスカイウォーク

 ベイブリッジに展望台があるなんて知りませんでした。横浜ベイブリッジスカイウォークという観光スポットがあるのです。
 
 
横浜のビュースポット展望施設 スカイウォーク

施設紹介


 横浜ベイブリッジスカイウォークは、 自動車専用道路に併設された日本ではじめての歩行者専用道路です。 横浜の名所として定着したベイブリッジ、そこからの展望を可能にしたのがスカイウォークで、 1989年(平成元年)に開通しました。横浜港のベイサイドを始め、富士山、丹沢、箱根、新宿副都心、 房総の山並みまでの360度の展望が楽しめます。また、各種パーティーの利用もできます。
スカイウォークはこうした横浜のスポットとして、また、ベイブリッジの橋の構造 (横浜ベイブリッジ概要(首都高速道路公団HPより))や港の活動をまじかにみられる学習の場としての 活用を図るため、日常の運営を行っています。


 高速湾岸線なのか首都高なのか、その境目に大黒パーキングがあり、ゴルフなどの待ち合わせ集結スポットとして有名ですが、いつも通過するだけでこれまでに一度しか利用したことはありませんでした。
 先日たまたま羽田空港からの帰り道立ち寄ったら、ベイブリッジスカイウォークへはこちらという案内表示があり、ベイブリッジって歩いてわたれるのかなと、案内板に従って行くと、お兄さんが臨時にテーブルを広げて、キャンペーン中で、入場スタンプを押して貰って来れば割引しますとのこと。秋晴れの好天候だったこともあり、年寄り夫婦で散歩してきました。

 大黒パーキングの鉄格子の扉が開放されていて、出るとだだっ広い交通量があまりない道路に出て、向こうに「スカイタワー」が見える。徒歩5分と聞いたように覚えていますが、近そうでなかなかつかない。
 入場料(大人 600円)を払ってエレベーターで 4階へあがる。
 3階は帰り用なのですが、一緒に乗っていた4人の小さな子供連れの家族が間違いそうになったので、受付のお姉さんに聞いていたので教えてあげました。このあたりや展望台の感じは、函館の五稜郭展望タワーを想い出す。五稜郭のほうがスケールも賑わいも数段上ですが...。

 エレベーターを降りると、「スカイプロムナード」。幅2.5メートル片道320メートルで、海抜50~60メートル。粗目の網格子を抜けるさわやかな風に吹かれながら見る景色は絶景です。車道の横についている通路なので、眼下は海で何もありませんし、行き交う船や、横浜港ベイサイド、富士山も綺麗にくっきり見えます。ベンチや双眼鏡のスポットもあり、歩道とはいえ展望施設として十二分、展望台とも遜色ありません。
 展望台(スカイラウンジ)は、直径32メートルの円形で、470平方メートル。海上から50メートルの位置ですが、道路の下についているので、下は海しかなくて、まさにスカイラウンジ。
 外観は、自由の女神の頭部の展望台が橋桁の道路の下にくっついている様です。
 ギャラリーでは、フォトコンテストの展示をしていて、軽飲食が出来るラウンジでは、カモメの飾りを頭につけた、昔嬢様(?)が忙しく接客をしておられました。貸し切りでパーティが出来るらしい。

 思いがけないプチ観光が出来ました。
 高速湾岸線「大黒ふ頭出口」から出て、直下の専用有料駐車場にも行けますが、大黒PAなら無料ですし、ミニ散歩にもなります。ただし、10:00~16:00の時間制限があるらしい。

 そこまでは良かったのですが、横浜市内・第三京浜方面へ帰りたかったのですが、いま来た空港中央方面か生麦方面の表示しか見えず、変だなと思いながら生麦方面へハンドルを着ると、分岐点で、空港中央+第三京浜の表示が...!
 時既に遅しで、首都高・生麦へ。でも、おかげで生麦と川崎大師が意外に近いことを新発見できました。


b0055292_2374729.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2007-11-02 23:08 | 雑その他 | Trackback(3)