<   2007年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

中型ロケット「GX」計画が見なおしの危機

 日本で初めての官民共同開発ロケットとして、2011年度の打ち上げが予定されている中型ロケット「GX」計画が、官民の亀裂拡大から、見直しの危機にあるのだそうです。

 2003年から始まった「GX」計画は、日本の航空宇宙関係企業グループと宇宙航空研究開発機構 (JAXA)、アメリカ合衆国のロッキード・マーティンが官民共同で開発している、中型ロケットです。
 2段式の液体燃料ロケットで、1段目には米国のロッキード・マーティン製アトラスIIIの1段目と第1段エンジンを輸入、2段目には低公害・安価とされる液化天然ガス (LNG) を推進剤に利用した国産のエンジン(LNG系推進システム)を世界で初めて採用する計画です。
 当初は05年の打ち上げ予定だったのだそうですが、官が担当するエンジンの開発が、燃焼試験のトラブルなどで進まず、打ち上げが当初の予定より6年遅れて11年度の打ち上げ予定になっていました。

 今回の見直しは、米国から購入する民間のエンジンが、米国側の都合で製造中止となり、別のエンジンに変更、大幅な追加費用が生じることなどが判明したためです。
官民の亀裂拡大 新ロケット計画見直し (12/23 読売朝刊)

 日本のロケットは大型化路線を歩み、それに併せて衛星も大型化した。だが、開発に時間と費用がかかるため、最近では中型衛星や小型衛星が注目されている。情報収集衛星も中型衛星だ。
 欧米が大中小のロケットをそろえて商用打ち上げに向けて柔軟な体制を築きつつあることも、日本が官民共同のGX計画を進める動機になった。
 だが、計画が遅れ官民双方の費用が膨れ上がるにつれ、両者の亀裂が広がった。一層の支援を要求する民間に対し、官側は「中型ロケットはGXである必要はない」とけん制。逃げる官、追う民間という構図が繰り広げられてきた。

 ロケットは宇宙開発を支える重要技術で、腰を据えて取り組む必要がある。日本の宇宙開発は中国に追い上げられるなど厳しい状況にあり、無駄に時間や資金を費やす余裕はない。
 GX計画で官民双方の不信感は増幅している。国がいくら立派な計画を描いても、民間の協力なしには実現できない。相互の信頼関係をどう取り戻すかも、課題だ。


 文部科学省は、国産技術を中心にした中型ロケットに計画を見直すことなどを視野に、同省宇宙開発委員会で、〈1〉中型ロケットの需要や開発意義〈2〉新ロケットに切り替える場合の費用や打ち上げ時期〈3〉現計画の費用節減策などを検討するのだそうです。
 世界初で、開発リスクも高いLNG系推進システムを採用した事への批判もあるそうですが、一連の実機大LNGエンジン燃焼試験は成功、完了しており、米国から技術移転の要求もあるほどなのだそうです。

 不安定な他国の供給に頼るより、先進の国産技術を育成採用するほうが、長い目でみた国際競争力の獲得に繋がるし、投資も国内技術になされたほうが、失敗しても何かが残されて良いと考えます。
 自民党は、情報収集衛星打ち上げ用ロケットとして期待しており、国の負担を追加しても、現行計画を続行するよう求めているそうですが、ねじれ国会ではどうなるのでしょう?

b0055292_0482778.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2007-12-23 23:52 | 気になる話 | Trackback(1)

宇宙人を探すのは地球人にとって自分探し

 宇宙人と言っても、映画「E.T.」の大ヒットで注目をあびましたが、最近では忘れがちでした。
 この宇宙人を、2年前から真剣に探し続けている天文台が、日本にあるのだそうです。

 兵庫県佐用町の兵庫県立西はりま天文台で、国際天文学連合が「宇宙人の信号をキャッチした場合、関連する国家当局に連絡する」と規定しているのですが、日本の場合、その国家当局をどこにするのかという会議が、全国から六十数人の学者らが集まり、先月の4日に、この天文台で会議があったのだそうです。

 
宇宙人が地球を見つけたら (12/7 産経)

<前略>
 その西はりま天文台を訪ねた。お城で有名な姫路市から北西に約50キロ、JR姫新線の佐用駅からさらに車で20分ほど登った大撫山の頂上近くにある。着いたのは午後8時半、街の灯(あか)りはまったく見えず、漆黒(しっこく)の闇である。

 この天文台、主鏡の直径が2メートルという国内最大の反射望遠鏡「なゆた」を備えていることで知られる。だが、最近はもっぱら宇宙人探しが話題だという。
 「天文台に見学にくる子供たちからよく、宇宙人はいますかと聞かれるんです。天文学者はたいてい、いてもおかしくないと答えます。なにしろ銀河系だけで1000億の星があるのですから。しかし、もっとはっきりした答えをするために、自分で探してみようと思ったのです」
 宇宙人探しの中心になっている主任研究員の鳴沢真也さん(42)がそう言って迎えてくれた。

 宇宙人は学問的には地球外知的生命(ETI)という。これをサーチするのがSETIである。
 地球人と同じような知能を持つ宇宙人なら、同じような文明を得ているだろう。地球人同様に、宇宙に向かって電波や赤外線を放出しているかもしれない。それをキャッチできればETIの存在を確認できるというのだ。

<中略>

 ではどんな星をターゲットにしているのだろう。火星をはじめ、太陽系の惑星や衛星に高等な生物がいないことは、ほぼ証明されている。となれば、狙いは現時点で254個発見されている太陽系以外の惑星である。
 鳴沢さんらはそのうちペガスス座51番星の惑星などの光を観測してきた。だが、今年になって「朗報」が飛び込んできた。
 20光年ほどの近くにあるてんびん座のグリーゼ581という星に3つの惑星が見つかった。その中の1つが、表面温度0度から40度と地球にそっくりなのだ。
 「もしここにH2Oがあれば、液体の水ができていて、高等な生物がいる可能性は強いのです。いや第二の地球と言ってもいい」。近々本格的にこの星に照準を当てることにしている。

 過去には日本でも宇宙人探査の例はあるが、今、継続的に行っているのはここだけだ。毎晩、虹を見て夢を追いかける。だが鳴沢さんは最近別のことも考えている。実は宇宙人の方が先に、地球人をキャッチしているのではないかということである。
 例えばテレビ電波は毎日電離層を越えて宇宙に放出されている。もしそれを映像に変える技術をもった宇宙人がいたら、地球の様子は手に取るようにわかるからだ。特にグリーゼ581の惑星では、今ごろ20年前のニュースを見ているかもしれないのだ。
 「しかし、宇宙人がそんな地球を見て、良い世界だと思いますかね。疑問ですよ。宇宙人を探すのは地球人にとって自分探しでもあるんです」

 その鳴沢さんが答えに窮する質問がある。
 「本当は鳴沢さんが宇宙人ではないんですか?」だ。(さらき よしひさ)


 日本にそういう天文台が存続している。それだけでも嬉しくなり、まだこの国も見捨てたものではないと、ほっとしました。
 
 地球にそっくりな惑星が、てんびん座のグリーゼ581という星の惑星の中に見つかっているというのも、夢を膨らませてくれます。
 学生の頃、一般教養の科目でしたが、何気なくとった天文学が、やたら面白くて毎回一番前の席に陣取って聴講しました。宇宙のゴミが渦で集まり星が出来るという「宇宙変動論」でした。
 人も、草木も、石ころもすべてもとは宇宙のゴミだった...。
 無限の宇宙には、地球と同じ環境の星があり、全く同じ生い立ちで、10年 or 20年先に進んでいる星があり、そこには0年 or 20年先の自分が居る...。等々。

 天秤座には光の強い星はないのだそうですが、5月に南東の空に見える様です。
 5月の夜空
 てんびん座 - Wikipedia
 地球型新惑星を発見、水が存在する可能性も - フランス 国際ニュース : AFPBB News

 向こうにいる宇宙人が、地球の20年前のテレビをいま観ているのも、おもしろいですね。日本語は判るのかなぁ。
 いまの地球ではなく、20年前なら未だましなので、気に入ってくれるかも...。でも、汚染が進んだいまは...。
 是非、宇宙人の星のテレビも観てみたいですね。地球より綺麗で、表面温度0度から40度の環境がきちんと保たれている、地球の先生の星なら、いろいろ学べます。

 まだ 2年の探索とのことですが、こんごも継続していっていただきたいものです。


 
b0055292_2102022.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2007-12-09 21:12 | 雑その他 | Trackback(1)