<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

インドのタタが、ジャガーとランド・ローバーを買収

 インドが世界の小型自動車の生産工場となるべくインフラ整備を進めていて、スズキが古くから貢献している話は、以前に書いていました。
 yuu2雑記帳 : インドの乗用車生産が、世界ベスト10入りの見通し

 それが、インドの自動車メーカーで最近では乗用車シェアーが、スズキ、現代に続いて 3位に伸びてきたタタ自動車が、あの「ジャガー」と「ランド・ローバー」を買収することになったのだそうです。繰り返しますが、かつて植民地支配されたイギリスの「ジャガー」と「ランドローバー」をです。

 
タタ 世界市場へ足場 高級車でブランド力強化 ジャガー・ローバー買収 (3/27 読売朝刊)

 インド自動車大手タタ自動車は26日、米自動車大手フォード・モーター傘下の英高級車ブランド「ジャガー」と「ランド・ローバー」を買収すると発表した。買収額は23億ドル(約2300億円)。ブランド力のある高級車メーカーの買収により世界市場に挑む基盤を整える狙いとみられる。世界の自動車業界で新興国メーカーの存在感が一段と高まってきた。(シンガポール 実森出、ニューヨーク 池松洋、ロンドン 中村宏之)

 タタ財閥の総帥でタタ自動車会長のラタン・タタ氏は同日、「我々は二つのブランドに大きな敬意を持っており、遺産や競争力を維持し、高めるよう努める」との談話を発表し、両社の経営体制や雇用を守る考えを示した。
 インドでトラックやバスなどを扱う商用車メーカーとして出発したタタは、1990年代にインドの乗用車市場に本格参入した。インド自動車工業会(SIAM)の統計によると、インド市場における2007年4月~08年2月のタタの乗用車シェア(市場占有率)は13%の3位で、トップのマルチスズキ(43%)には及ばないが、韓国・現代自動車(21%)を急速に追い上げている。

 タタは、インドでイタリアの大手自動車メーカー、フィアットと小型車の合弁生産を行っているほか、今年1月には自社開発した1台10万ルピー(約25万円)の超低価格車「ナノ」を発表し、乗用車事業を一段と強化する方針を打ち出した。
 ジャガー、ランド・ローバーの買収は、商用車から低価格車、高級車までをそろえる総合自動車メーカーに脱皮し、ブランド力を強化して「世界市場に打って出る足場を築く狙いがある」(インドの自動車業界に詳しいムラード・アリ・ベイグ氏)とみられる。
 ただ、両ブランド車の販売台数は少なく、低価格車との部品共有化は難しいため、買収によるコスト削減の利点は小さい。「イメージアップにはつながるが、何のために買収するのかよく分からない」(日本の業界関係者)と買収の効果を疑問視する声もある。
 しかし、鉄鋼業界では同じインド勢のミッタルが買収を繰り返し、短期間で世界最大手に上り詰めた。
 グループ全体でインドの国内総生産(GDP)の3%超に匹敵する売上高を誇るタタ財閥の資金力を背景に、世界の自動車業界の再編で「台風の目」となる可能性は十分にありそうだ。

在英インド人誇り

 タタ自動車による「ジャガー」「ランド・ローバー」の買収を英国在住のインド人は歓迎している。英金融街シティで働くインド出身の会社員ヘムラージ・ブルジューさん(36)は「インド企業が英国の高級車ブランドの経営を担うのは素晴らしいことで、インド人として誇りに思う。タタはこれら高級ブランドを手に入れ、今後も一層利益を上げて行くだろう」と話していた。


 タタ製鉄やIT、電力、化学、ホテル、紅茶などの分野に上場企業27社を含む98社のグループ企業(世界80カ国以上)を有するタタグループのイメージアップに繋がることは間違いないですね。

 小型自動車だけではなく、高級車や4駆クルザーの分野へも進出しよとするのは、まさに急成長を進め始めたインド経済の象徴でもあると言えます。世界の自動車業界の再編で「台風の目」となる可能性は十分にありそうだとは、そのとおりだと思われます。
 日本のメーカーも、新たな新興勢力の台頭で、油断は出来ません。


b0055292_0175436.jpg
 

↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2008-03-31 00:18 | 気になる話 | Trackback

国産ジェット機 事業化の目途

 下請け専門となっている日本の航空産業の育成・発展のため、国と三菱重工業などが官民共同で国産初のジェット旅客機(MRJ)の開発を進めてきました。
 yuu2雑記帳 : 国産ジェット機生産へ、政府補助金拠出

 採算に乗せるには少なくとも350機、十分な利益を確保するには600機の生産が必要とされていると言われていましたが、三菱重工は100機の事前受注をMRJ事業化の目安としているのだそうです。
 全日本空輸と日本航空が最大で合計70機を購入する方向で最終調整しており、アジアの航空会社からの打診を含め一定の受注数が確保できると判断した三菱重工は、事業化の方針を固めたのだそうです。

 
日の丸ジェット機、悲願の就航へ 全日空・日航が購入 (3/20 産経)

 全日本空輸と日本航空は、平成24年以降導入する短距離用次期小型ジェット旅客機に、三菱重工業が開発中の国産ジェット「MRJ」を購入する方向で最終調整に入った。全日空グループは30機前後、日航も同程度以上の機数を購入する見込み。三菱重工は100機の事前受注をMRJ事業化の目安としており、初の“日の丸ジェット旅客機”実現に弾みが付きそうだ。
 MRJは、70~90席の小型ジェット機。燃費性能に優れた最新の次世代省エネ機として、燃料費の高騰に苦しむ航空各社の導入需要が期待されている。

 全日空は、グループ会社で運航中のボンバルディアDHC-8(56~74席)と、共同運航や予約システム代行で親密な関係にある地方路線専業のアイベックスエアラインズ(東京)のボンバルディアCRJ(50席)の次期代替機購入に向け、今年1月に社内に「機種選定委員会」を設置した。カナダのボンバルディア機とブラジルのエンブラエル機にMRJを加えた小型ジェット機3候補から、絞り込み作業を進めている。
 全日空は正式決定に至っていないが、「国を挙げたプロジェクトを応援しないわけにいかない」(関係者)と、MRJ購入の意向を固めたもよう。日航も全日空に追随する方向だ。

 ただ、両社は国産のプロペラ旅客機「YS11」が昭和48年に生産中止となり、機種計画変更を迫られた苦い経験がある。購入に厳しい注文をつける見通しで、契約内容は流動的だ。

【用語解説】MRJ(ミツビシ・リージョナル・ジェット)


 経済産業省が旗振り役で、三菱重工業が事業化を進める国産初のジェット旅客機。東京-香港間など短・中距離路線で平成24年就航を目指す。座席数は70席超と90席前後の2種類。開発費1500億円を見込む。


 三菱重工は、ボーイング787の機体の主翼を中心に35%を、炭素繊維複合材の新しい技術を導入することで受注を獲得していました。
 国産ジェット機にも当然この新技術が導入され、競合他社との差別化を図って受注を伸ばし、事業を成功させ、日本の製造技術の力を世界に広めていただくことを願っています。

 「国を挙げたプロジェクトを応援しないわけにいかない」という全日空の姿勢にも、当然のこととはいえ拍手を贈ります。


b0055292_22103898.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。


Takeshima belong to Korea or Japan? の投票頁があります。是非投票をお願いします。
[PR]
by yuji_oga | 2008-03-20 22:12 | 気になる話 | Trackback(3)

韓国でマグロが大漁

 韓国でこのところマグロが大量に水揚げされているのだそうです。その代わり韓国人が好きな寒流系のタラやニシン、サンマなどはさっぱり獲れなくなっているそうです。
 赤身の人気が薄い韓国では需要が少なく、獲れたマグロの多くは日本へ輸出されているそうです。

 
ソウルからヨボセヨ マグロが大漁 (3/15 産経)

 韓国でこのところマグロが大量に水揚げされている。南端の済州島沖で大漁が続き、1隻で2000尾も網にかかった例もある。これまで暖流系のマグロは韓国ではほとんど獲れず、時に小型のものが網にかかる程度だった。マグロの漁獲は昨年から急に増え、日本海側のかなり北に位置する鬱陵(ウルルン)島あたりでも見られるようになった。体長1メートル以上の大型を含むマグロの大漁は韓国では史上初めてのことという。

 原因は明らかに地球温暖化だ。韓国近海では近年、マグロのほかこれまでは全くいなかった暖流系の魚種が多く見られる。その代わり韓国人が好きな寒流系のタラやニシン、サンマなどはさっぱり獲れなくなった。また日本海側でしか獲れなかったイカが、西の黄海側でも獲れ始めたと話題になっている。獲れたマグロの多くは釜山経由で日本に輸出されたというが、日本の食卓に韓国産マグロとは異変(?)である。

 ただ、赤身嫌いだった韓国人も近年、マグロを食べる人が増え専門店も多い。韓国ではまだ“トロ信仰”は弱いため、上物が結構安くいただけるのは日本人にはありがたい。しかし韓国人は伝統的に白身好きで刺身に歯触りを求めるせいか、トロの刺身にスジが入っているのはいささか困ります。(黒田勝弘)


 原因は地球温暖化により暖流の魚が韓国沿岸でも捕れはじめたということで、寒流の魚が捕れなくなっているということのようです。
 韓国からマグロを輸入して、ニシンやサンマを輸出することになる....?
 それとも韓国の人たちも、マグロを食べるようになるなど、温暖化で食べ物も変わっていかざるを得なくなるのでしょうか?


b0055292_20443985.jpg

 
↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2008-03-16 20:45 | 地球温暖化 | Trackback

ネットスーパーの人気が上昇

 何年前になるのか、5, 6年前だったと記憶していますが、NIFTYのフォラムがWebに変わった頃、スーパー(IY等)のチラシがネットで見られる話題の書き込みで盛り上がったことがありました。今では、そのweb版サイトも閉鎖になり、書き込みも見ることが出来ません。
 当時も、ネットで申し込んで宅配をして貰うモデルがスタートしていたと記憶しています。

 フォーラムなどの話題性はありましたが、売上そのものの比率は小さかったようですが、ガソリンの高騰や、中国製ギョーザ中毒事件を機にした食の安全意識の高まりの影響で、「ネットスーパー」の人気が高まってきているのだそうです。

 
ネットスーパー人気 食品に安心感/店までの車代節約 (2/29 産経)

 インターネットのサイトで食品などを注文し、自宅に配送してもらう「ネットスーパー」の人気が高まっている。中国製ギョーザ中毒事件を受けて、有機栽培野菜など安心できる品ぞろえが消費者の心をつかんでおり、2月に入り、新規利用者が従来の倍近くになったというサイトもある。ガソリン価格の高騰が続き、自家用車で買い物に行かずに済むことも人気の背景にあるようだ。(田村龍彦)

 店舗を持たず、有機野菜などの安全・安心な食品をネット販売するオイシックス(東京都品川区)では、中国製ギョーザ事件の報道以降、新規利用者が急増。2月の第1週は前月平均と比較して80%も増えた。
 大雪などが影響した可能性もあるが、中心顧客である30代のほか、50代以上の利用者も少なくない。新規利用の理由を聞いたところ、「安全だから」と回答する人が目立ったという。資料請求も1月の5倍にのぼり、同社は「平成12年にサービスを始めてから、これほどの増加は記憶にない」と驚きを隠さない。

 大手流通系のネットスーパーも好調だ。セブン&アイ・ホールディングス傘下のイトーヨーカ堂が展開するネットスーパーでは、1日当たりの売上金額が昨年12月から伸び始め、2月は前月比15%増。米など店頭で買った重い商品を自宅まで配達してくれるサービスも人気で、セブン&アイは「ネットで買ったり、徒歩で来店したり、お客さまが車の利用を控えている。ガソリンの値上がりが数字を押し上げているようだ」と分析する。
 同社のネットスーパーは今年1月に全店舗の半分の80店舗まで拡大し、会員数は約17万人。認知度不足の面もあったが、主婦のパートに商品選びを担当させ、鮮度のいい肉やできたて総菜を配達するなど商品の充実に取り組んできた成果が実を結びつつある。

 食品スーパーのマルエツが首都圏で展開するネットスーパーも、12月、1月の月別売上高が前月比で10%程度増加した。

 スーパーにとって、ネットスーパーでの売り上げは店頭と比べると微々たるもの。システム費用や輸送費などのコストもかかるため、「採算が合わない」(中堅スーパー)との声もある。ただ、1月の全国スーパー売上高(既存店)は前年同月比1・7%減で、25カ月連続の前年割れ。2月もギョーザ事件の影響で冷凍食品を中心に低迷するとみられており、セブン&アイでは「店で待つだけの商売が通用しなくなっているのも事実」と話している。


 IY・鈴木会長は、少子高齢化、地域密着を問え、宅配サービスのニーズが高まると言っておられたと記憶しています。
 スーパーだけでなく、「食材宅配サービス」専門のサイトも出来ているのですね。こちらは、新鮮で安全な食品を、居ながらにして入手できる。
 食材宅配サービス比較|クチコミランキング

 久しぶりに、IYやマルエツ(イオンはオンラインショップはあるが、宅配サービスといった思想はない様に見えます)のサイトを除いてみました。
 懐かしいチラシも、以前に比べると簡単に見られるようになっていますね。
 商品の選択、もちろんチラシに載っていない商品もカテゴリから選択して選ぶ方法も改善されていて、選びやすくなっています。

 ちなみに、オーストラリア産サーロインステーキ肉を見ると、IYでは、100g当り333円で、150g/枚=500円。マルエツは、100gが414円で、140g/枚=580円。
 こうなると、IYとマルエツをまたいで宅配してくれるところが欲しくなる...。
そんな場合は、「買い物代行サービス」というのがあったと、ネットで検索すると、読み切れないくらい出てきますね。
 近所のスーパーや商店街を巡って買ってきてくれるものや、海外の都市(パリなど)で買ってくれるもの、ネットで買い集めるものなどいろいろあります。
 高齢者こそ買物代行サービスを

 高齢化社会のニーズ、また、安全な食材や新鮮な食材を求める消費者のニーズ、ガソリンの高騰での省エネ、CO2削減の地産地消などが混在するこれからの日本市場で、ようやく動き出した感のあるネットスーパーや買い物代行が伸びるのか、今後も注目してみたいビジネスモデルです。


b0055292_21134366.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2008-03-02 21:21 | 気になる話 | Trackback