<   2008年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今年は花水木の当たり年?

 桜の季節が終わった街並みみを、今年はこぼれる様に満開の花を咲かせた花水木が毎日目を楽しませてくれています。
 花水木の花や実は、年によってバラツキがありますが、今年はあたりどしの様ですね。
 
 花水木の名前の由来は、水木の仲間で、花が目立つのでこの名前になったのだそうです。
 花水木は、北アメリカが原産で、1915(大正4)年に、東京市長の尾崎行雄氏がアメリカのワシントン市へ桜を寄贈した返礼として、アメリカから贈られ渡来したのです。
 花言葉は、私の想いを受けてくださいとか、返礼。

 前回アテネ五輪のディフェンディングチャンピオンとして、女子マラソンで史上初めて五輪2連覇なるかどうかが注目を集める野口みずき選手の名前の由来は、この花水木なのだそうです。
 市区町村の木・花にしていしているのは、関東では蓮田市、武蔵野市、西東京市、東京都港区、横浜市港北区、川崎市多摩区があり、徳島県小松島市も市の花に指定しています。

 また、花水木と言えば、 一青窈さんの曲が一体化して思い起こされます。
 YouTube - 一青窈 hanamizuki Live Ver
 ♪ 僕の我慢がいつか実を結び
 ♪ 果てない波がちゃんと
 ♪ 止まりますように
 ♪ 君とすきな人が
 ♪ 百年続きますように

 9.11の時に感じて創られたのだそうですね。好きな人の好きな人をすきになることで、地球が優しくなる...。好きな人と、その人の好きな人が百年続きますように。
 歌詞の意味は私にとっては難解ですが、フレーズ毎にバラバラで勝手に解釈して、しかししみいって聞いています。

 我が家の庭の花水木も、去年は花も実も付きませんでしたが、今年は小振りりながらも花が咲きました。秋にはまた実が付くのが楽しみです。
 

b0055292_2291757.jpg


↓ よろしかったら、お願いします。

[PR]
by yuji_oga | 2008-04-27 22:12 | 雑その他 | Trackback