<   2010年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

石垣島 西表島 上地島に行ってきました

 台風7号や6号、熱帯低気圧に囲まれた中、石垣島、西表島、上地島を巡ってきました。夏の八重山諸島ですが、35度近い東京に比べると、30度前後と、どっちが南の国なのとぃった気候でした。
 
 石垣島といえば川平湾で、今回2回目でしたが、あいにくのどしゃぶりの波状攻撃で、グラスボートでの遊覧は無理かと思いましたが、部屋状の船がちゃんと動いていて、遊覧できました。陽光がなくても、濁りがないので、澄んだ海底の珊瑚や魚が楽しめました。

 今回は石垣島を拠点にして3泊4日のゆっくり旅行なので、石垣島一周に一日を宛てました。川平湾では早めの昼食に、ガイドブックで案内されている「ぐるくんそば」を食べて、北西側の道を一路平久保崎に向けて走りました。石垣港から川平湾に向かう途中にも景色の良い道並がありますが、北西岸沿いの道は眺めの良い場所が多く、洒落たお店や別荘も結構散在し、是非また走ってみたいドライブコースで、新発見でした。
 海沿いのいくつかある坂道にさしかかり登ったところのお店で、コーヒーを飲みましたが、ベランダの席には外人さんの家族がランチしていて、我々は室内の海に向かったカウンター席に座り、水平線を眺めながら、カキ氷まで食べてしまいました。

 吹通川のヒルギ群落に立ち寄りたかったのですが、知らぬ間に通り過ぎてしまい(カーナビが安い車だったせいか、設定できなかった) 、雨も激しくなってきたので、平久保崎は中止・右折して一周しようかとも思ったのですが、時間が余ることから、時間つぶしで平久保崎へ向かいました。

 ところが、単なる一周の折り返し点として計画したのですが、大当たりのスポットでした。
 雨の降りしきる道路を、赤く長い足をした鳥がゆっくり横断しているのです。危うくひきそうになり、急ブレーキをかけ難を逃れましたが、ヤンバルクイナだっ...と思いました。帰り道でも、また同じようなところで遭遇、やはり急ブレーキ。本島の研究施設に行ったことがあったのですが、絶滅稀少品種が石垣島でそんなに頻繁に出会うものかと、疑問半分、興奮半分で後で調べたら、「シロハラクイナ」という鳥だそうで、石垣島では道路で遭遇することが多く、ひいてしまうことも多いのだとか。平久保崎へ向かう道では要注意です。

 b0055292_22172942.jpgそして、今回の石垣島で一番感激したのは、平久保崎灯台と周辺の景色。
 平久保崎に近づくにつれ、放牧された牛たちがのんびり草を食む景色が増え、やがて石垣島北端の平久保崎灯台に着きます。
b0055292_22213176.jpgぐるっと見渡す水平線と小さな灯台や島は、放牧されている牛さんになったような、ゆったりした気分をあじあわせてもらえました。

 
b0055292_22333391.jpg西表島では、日本最南端のバス停があり、神奈中バスが走っていましたが、その一寸先の国道終点の標識は初めてみるもので、印象的でした。

 仲間川のマングローブクルーズ、由布島への水牛が曳く牛車は、今回の旅のメインでした。それぞれ雨がやんでくれて、楽しむことが出来ました。
b0055292_2243958.jpg
b0055292_22441120.jpg
b0055292_22454293.jpg

 
 そしてまた、最後の時間調整にツアー会社が組み入れてくれた、上地島の島めぐり。シュノーケリングでは有数のスポットと後で知ったのですが、シュノーケリング客の合間の船を利用して、西表島から上地島に渡り、島を散策すると言うものです。
 b0055292_23151983.jpg上地島は、石垣島の南西24km、黒島と西表島の中間に位置し、上地島と下地島の2島からなる新城島のひとつ。島と島が離れているところから、パナリ(離れ)と呼ばれているのだそうです。下地島は島全体が牧場。牧場に働く人だけが住み、特に集落はない。上地島には昔ながらの集落があり、人口は5人。島周辺は手つかずの海で、集落では沖縄の原風景が見られるとの観光案内文です。
 実は、ガイドさんつきでないと、島の住民(含元住民)以外は立ち入り禁止なのだそうです。
 観光資源としての保護が目的であることもありますが、島で願い事をしてはいけないとか神聖化された戒律があり、空き家が多いのですが、多くの家の庭の芝生はきれいに刈り込まれるなど、元住民の方々の聖地となっているのですね。
 今年の新入社員(会社名はマリン海遊)という「ゆうきくん」というイケメン海人が、小一時間島と浜辺の案内散策をしてくれました。
 八重山諸島の原風景と、綺麗な海岸を、めずらしい島の人々の暮らしぶりを聞きながらの散策は、とても新鮮でした。既に有名らしいシュノーケリングだけでなく、新しい穴場スポットになる予感がしました。

 今回は、意外なところで想定外の感激スポットに遭遇できて、お天気の悪さを十分に補ってもらえた新鮮な旅が出来ました。
 いずれも、また、天候が良いときに行ってみたいコースです。



今日は何の日

↓よろしかったら、お願いします。



[PR]
by yuji_oga | 2010-09-05 23:18 | 雑その他 | Trackback