<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

東京電力 株価がストップ高

 今回の東日本大震災、地震、津波、原発被害、電力不足被害の被災者の方々には、心からお見舞い申し上げます。
 阪神大震災の時は神奈川県に住んでいて、今は阪神間に住んでいるのでどちらの被災も免れているのですが、とりあえず出来ることとして、義捐金の奮発と、国債購入(災害復興赤字予算に直結はしませんが助けになればと)をさせてもらいました。

 既に諸兄がご承知の通り、現場では、特攻のゼロ戦搭乗員の様な心境で家族に言葉を残して決死の奮闘をつづけておられる「英雄フクシマ50」(関連子会社や日立、東芝のメーカーの方々を含む)の方々、危険な現場に接近して障害を乗り越えるため不眠・不休で放水にこぎつけ、予定を大幅に上回る放水を実施した東京消防局のハイパーレスキュー隊のかたがた、これに引きずられる様に奮闘をつづける自衛隊のかたがたには、その英雄的行動に、心から感謝申し上げます。

 こんな時に株の話かとの誤解を恐れずに、東電の株価の話です。
 先週、東電の株価は大暴落し、終値が948円(56%安)となっていました。ところが今日(3/22日)は、1,098円のストップ高をつけたのだそうです。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 

      平成23年(2011)3月23日(水曜日)

     通巻第3278号 <3月22日発行>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 バフェット(世界一の投資家)が断言した。「日本株は買いだ」

  世界銀行は東日本大地震の損害最悪2350億ドル、GDPを4%押し下げると予測
******************************

 先週、場中で67%、終値で56%も株価を下げた東電、これは大暴落と言って良いが、今日はストップ高。15・8%強の棒上げである。
 
狼狽売りした外国人投資は泣いている。底値を拾った投資家は、たとえば790万円の投資で、300万円の稼ぎとなった(22日の東電の株価は1098円)。

 誰だ? チェルノブイリ型の惨禍になると日本の技術を貶めるような風説の流布に協力したのは。

 今回の地震被害額は阪神神戸大震災の四倍から五倍と見積もられ、世界銀行は、2350億ドル(19兆2700億円)が最悪の数字、少なくても1200億ドル(9兆8000億円)とはじき出した。
世銀は「今年度の日本のGDPはマイナス2・5%から4%に凹むだろう」と推計した。いずれも根拠となるデータは不明。

 ところが逆張りの勧めを断言している豪傑はウォーレン・バフェットだ。
「日本株は最大の買いのチャンス」と韓国で講演した(3月22日付けの『ヘラルド・トリビューン』紙の片隅に、小さな記事があります)。

バフェット率いる全米最大の投資集団「バークシャー・ハザウェイ」は、今日まで日本企業に大規模な投資をなしたことはなく、韓国で浦項製鉄株を大量に取得していることが分かっていた。
 バフェットは24日に来日予定だったが、訪日をキャンセルした。
      ○○○  ◎▽◎
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 米仏の専門機関は、福島第一原発の状況をレベル6とか、7(チェルノブイリ)に拡大する懸念があるとコメントを出しています。日本では、当初の4を、5に修正。
 5にとどめるのか、臨界に達して核分裂が再開し爆発してチェルノブイリの様な惨事にに至るのかは、上述の英雄の方々の踏ん張りにかかっていますね。
 株価がストップ高になったのは、この英雄の方々の存在と行動の評価です。
 世界の、日本に対する信頼が回復したのて゜す。
 英雄の方々のご無事での活躍と、原子炉&使用済燃料プールの外部電力による安定冷却の早期実現を願っています。



b0055292_16195358.jpg



今日は何の日

↓よろしかったら、お願いします。


写真素材 PIXTA


Fotolia

[PR]
by yuji_oga | 2011-03-22 16:23 | 企業改革 | Trackback