<   2015年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ユネスコは日本で批判の的

 ユネスコは戦後日本が最初に加盟した国際機関なのだそうですね。
 教育、科学、文化を通じ、国同士の協力を深め、平和を実現するという高邁な理念。国中が加盟に熱狂したのだと。
 近年は、世界遺産事業への登録で、盛り上がっていました。ただ、一口に世界遺産といっても、種類があります。
 世界遺産条約にもとずく「世界遺産」は、文化遺産、自然遺産、複合遺産の3種類。
 世界遺産 - Wikipedia

 その他、ユネスコ総会で採択された無形文化遺産保護条約にもとずく「(世界)無形文化遺産」、ユネスコ世界記録遺産国際諮問委員会によって選定される「世界記憶遺産」、国連食糧農業機関が認定する「世界農業遺産」、
世界ジオパークネットワーク が認定する「ジオパーク(地質遺産)」などがあるのですね。
 それらへの登録認定騒動が、毎年のように繰り返されています。世界遺産の指定の主旨は何なのか、観光客誘致という誤った目的で認定申請していないか。騒動への問いかけの声が高まっているのも事実です。
 そうした中で、国家間の争いに政治利用すると言う、全く趣旨に逆行するケースが生じています。
 世界文化遺産に日本が登録申請した、「明治日本の産業革命遺産」については、韓国がクレームをつけ、日韓で論戦・協議がなされましたが、日本外交の歴史に残る失政で、第二の「河野談話」として後世に禍根を残しました。
 また、「世界記憶遺産」への中国による「南京大虐殺の文書」の申請・登録では、議論もなされず、申請内容(事実かどうかの証拠等)の詳細はいまだに公開されていない状況です。


続きはこちら
[PR]
by yuji_oga | 2015-11-30 00:52 | 雑その他 | Trackback

米鉄道会社に官民ファンドが出資 高速鉄道受注を目指す

 インドネシアの高速鉄道建設では、日本の油断もあったのでしょうが。中国に逆転受注獲得されました。

 国内の需要減で大幅な生産能力余剰を抱えている中国は、在庫処分や生産設備稼働確保の為、「一帯一路」構想のもと、海外のインフラ需要の取り込みを進めていて、少子高齢化と人口減に伴う国内需要減を補う為、海外市場での需要を取り込もうとする日本とは、随所で競合していますね。

 コストや納期で分が悪い日本ですが、もう一つ、国の関与の点でも、自由主義の日本と、共産党独裁の中国では大きな差がありますね。

 国策として即断・即決で受注獲得を優先する中国と、民間が主役となる為、利益確保が優先の日本。競争すれば、当然日本が不利になります。

 ところが、日本にも官民ファンド「海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)」という組織が、2014年10月に発足していたのだそうで、米国の高速鉄道事業受注に向け、投資活動を始めたようです。



つづきはこちら
[PR]
by yuji_oga | 2015-11-23 01:39 | 雑その他 | Trackback

高齢化の農家 もっと楽に仕事がしたいと生食用のブドウ栽培をワイン用に転換したけど

 長野県松本市の東部に位置する山辺地区にある山辺ワイナリー。創業以来10年以上にわたって黒字経営を続けているのだそうです。
 ところが、「もう少し楽な仕事がしたい」と始めた目的は。。(笑) いえ、笑いごとではない?


つづきはこちら
[PR]
by yuji_oga | 2015-11-02 01:20 | 気になる話 | Trackback