<   2016年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

人口減少の日本 発想の転換が必要

 少子高齢化と人口減は、日本が抱える国家の存続にかかわる重要課題です。勿論、日本だけでなく、他の国々でも抱えている課題ですが、そのレベルや対策の有無において、深刻さでは日本はトップレベルです。
 子育てがしやすい環境(出生率の回復)。女性や高齢者の活用。といった声は唱え続けられていますが、効果が見えているとは言えませんね。
 フランス等では出生率の回復が見られていますが、そうした成功例に学んだ施策も進まず、根深い難題となっています。
 そこで、発想の転換をして、無理して増やそうとするのではなく、労働力人口の減少を前提とした社会への作り替えに踏み出すべきだと唱えるのは、産経新聞論説委員・河合雅司氏。


続きはこちら
[PR]
by yuji_oga | 2016-07-18 22:46 | 人口減少 | Trackback

人口減少の日本 発想の転換が必要

 少子高齢化と人口減は、日本が抱える国家の存続にかかわる重要課題です。勿論、日本だけでなく、他の国々でも抱えている課題ですが、そのレベルや対策の有無において、深刻さでは日本はトップレベルです。
 子育てがしやすい環境(出生率の回復)。女性や高齢者の活用。といった声は唱え続けられていますが、効果が見えているとは言えませんね。
 フランス等では出生率の回復が見られていますが、そうした成功例に学んだ施策も進まず、根深い難題となっています。
 そこで、発想の転換をして、無理して増やそうとするのではなく、労働力人口の減少を前提とした社会への作り替えに踏み出すべきだと唱えるのは、産経新聞論説委員・河合雅司氏。


続きはこちら
[PR]
by yuji_oga | 2016-07-18 22:46 | 人口減少 | Trackback

人口減少の日本 発想の転換が必要

 少子高齢化と人口減は、日本が抱える国家の存続にかかわる重要課題です。勿論、日本だけでなく、他の国々でも抱えている課題ですが、そのレベルや対策の有無において、深刻さでは日本はトップレベルです。
 子育てがしやすい環境(出生率の回復)。女性や高齢者の活用。といった声は唱え続けられていますが、効果が見えているとは言えませんね。
 フランス等では出生率の回復が見られていますが、そうした成功例に学んだ施策も進まず、根深い難題となっています。
 そこで、発想の転換をして、無理して増やそうとするのではなく、労働力人口の減少を前提とした社会への作り替えに踏み出すべきだと唱えるのは、産経新聞論説委員・河合雅司氏。


続きはこちら
[PR]
by yuji_oga | 2016-07-18 22:46 | 人口減少 | Trackback

人口減少の日本 発想の転換が必要

 少子高齢化と人口減は、日本が抱える国家の存続にかかわる重要課題です。勿論、日本だけでなく、他の国々でも抱えている課題ですが、そのレベルや対策の有無において、深刻さでは日本はトップレベルです。
 子育てがしやすい環境(出生率の回復)。女性や高齢者の活用。といった声は唱え続けられていますが、効果が見えているとは言えませんね。
 フランス等では出生率の回復が見られていますが、そうした成功例に学んだ施策も進まず、根深い難題となっています。
 そこで、発想の転換をして、無理して増やそうとするのではなく、労働力人口の減少を前提とした社会への作り替えに踏み出すべきだと唱えるのは、産経新聞論説委員・河合雅司氏。


続きはこちら
[PR]
by yuji_oga | 2016-07-18 22:46 | 人口減少 | Trackback

人口減少の日本 発想の転換が必要

 少子高齢化と人口減は、日本が抱える国家の存続にかかわる重要課題です。勿論、日本だけでなく、他の国々でも抱えている課題ですが、そのレベルや対策の有無において、深刻さでは日本はトップレベルです。
 子育てがしやすい環境(出生率の回復)。女性や高齢者の活用。といった声は唱え続けられていますが、効果が見えているとは言えませんね。
 フランス等では出生率の回復が見られていますが、そうした成功例に学んだ施策も進まず、根深い難題となっています。
 そこで、発想の転換をして、無理して増やそうとするのではなく、労働力人口の減少を前提とした社会への作り替えに踏み出すべきだと唱えるのは、産経新聞論説委員・河合雅司氏。


続きはこちら
[PR]
by yuji_oga | 2016-07-18 22:46 | 人口減少 | Trackback