<   2016年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「もんじゅ」の廃炉が、高速増殖炉≒核燃料リサイクルの放棄でよいのか

 「もんじゅ」が廃炉の方向で議論が進められています。「核燃料リサイクル」については検討を続けるニュアンスですが、具体的なビジョンは示されていません。現状では、 「もんじゅ」の廃炉=「核燃料リサイクル」開発断念に見えます。
 フランスでは、高速炉・ASTRIDの2030年頃の稼働を目指しているのだそうですが、日本の技術では「核燃料リサイクル」は実現不可能なのでしょうか。
  産経が社説で、廃炉と同時に「核燃料リサイクル」の為の「シンもんじゅ」を具体化せよと唱えています。






続きはこちら
[PR]
by yuji_oga | 2016-09-19 02:22 | 地球温暖化 | Trackback