「もんじゅ」の廃炉が、高速増殖炉≒核燃料リサイクルの放棄でよいのか

 「もんじゅ」が廃炉の方向で議論が進められています。「核燃料リサイクル」については検討を続けるニュアンスですが、具体的なビジョンは示されていません。現状では、 「もんじゅ」の廃炉=「核燃料リサイクル」開発断念に見えます。
 フランスでは、高速炉・ASTRIDの2030年頃の稼働を目指しているのだそうですが、日本の技術では「核燃料リサイクル」は実現不可能なのでしょうか。
  産経が社説で、廃炉と同時に「核燃料リサイクル」の為の「シンもんじゅ」を具体化せよと唱えています。






続きはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2016-09-19 02:22 | 地球温暖化 | Trackback

人口減少の日本 発想の転換が必要

 少子高齢化と人口減は、日本が抱える国家の存続にかかわる重要課題です。勿論、日本だけでなく、他の国々でも抱えている課題ですが、そのレベルや対策の有無において、深刻さでは日本はトップレベルです。
 子育てがしやすい環境(出生率の回復)。女性や高齢者の活用。といった声は唱え続けられていますが、効果が見えているとは言えませんね。
 フランス等では出生率の回復が見られていますが、そうした成功例に学んだ施策も進まず、根深い難題となっています。
 そこで、発想の転換をして、無理して増やそうとするのではなく、労働力人口の減少を前提とした社会への作り替えに踏み出すべきだと唱えるのは、産経新聞論説委員・河合雅司氏。


続きはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2016-07-18 22:46 | 人口減少 | Trackback

人口減少の日本 発想の転換が必要

 少子高齢化と人口減は、日本が抱える国家の存続にかかわる重要課題です。勿論、日本だけでなく、他の国々でも抱えている課題ですが、そのレベルや対策の有無において、深刻さでは日本はトップレベルです。
 子育てがしやすい環境(出生率の回復)。女性や高齢者の活用。といった声は唱え続けられていますが、効果が見えているとは言えませんね。
 フランス等では出生率の回復が見られていますが、そうした成功例に学んだ施策も進まず、根深い難題となっています。
 そこで、発想の転換をして、無理して増やそうとするのではなく、労働力人口の減少を前提とした社会への作り替えに踏み出すべきだと唱えるのは、産経新聞論説委員・河合雅司氏。


続きはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2016-07-18 22:46 | 人口減少 | Trackback

人口減少の日本 発想の転換が必要

 少子高齢化と人口減は、日本が抱える国家の存続にかかわる重要課題です。勿論、日本だけでなく、他の国々でも抱えている課題ですが、そのレベルや対策の有無において、深刻さでは日本はトップレベルです。
 子育てがしやすい環境(出生率の回復)。女性や高齢者の活用。といった声は唱え続けられていますが、効果が見えているとは言えませんね。
 フランス等では出生率の回復が見られていますが、そうした成功例に学んだ施策も進まず、根深い難題となっています。
 そこで、発想の転換をして、無理して増やそうとするのではなく、労働力人口の減少を前提とした社会への作り替えに踏み出すべきだと唱えるのは、産経新聞論説委員・河合雅司氏。


続きはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2016-07-18 22:46 | 人口減少 | Trackback

人口減少の日本 発想の転換が必要

 少子高齢化と人口減は、日本が抱える国家の存続にかかわる重要課題です。勿論、日本だけでなく、他の国々でも抱えている課題ですが、そのレベルや対策の有無において、深刻さでは日本はトップレベルです。
 子育てがしやすい環境(出生率の回復)。女性や高齢者の活用。といった声は唱え続けられていますが、効果が見えているとは言えませんね。
 フランス等では出生率の回復が見られていますが、そうした成功例に学んだ施策も進まず、根深い難題となっています。
 そこで、発想の転換をして、無理して増やそうとするのではなく、労働力人口の減少を前提とした社会への作り替えに踏み出すべきだと唱えるのは、産経新聞論説委員・河合雅司氏。


続きはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2016-07-18 22:46 | 人口減少 | Trackback

人口減少の日本 発想の転換が必要

 少子高齢化と人口減は、日本が抱える国家の存続にかかわる重要課題です。勿論、日本だけでなく、他の国々でも抱えている課題ですが、そのレベルや対策の有無において、深刻さでは日本はトップレベルです。
 子育てがしやすい環境(出生率の回復)。女性や高齢者の活用。といった声は唱え続けられていますが、効果が見えているとは言えませんね。
 フランス等では出生率の回復が見られていますが、そうした成功例に学んだ施策も進まず、根深い難題となっています。
 そこで、発想の転換をして、無理して増やそうとするのではなく、労働力人口の減少を前提とした社会への作り替えに踏み出すべきだと唱えるのは、産経新聞論説委員・河合雅司氏。


続きはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2016-07-18 22:46 | 人口減少 | Trackback

Windows 10 アップグレード 泣ける話

 Windows 10 の無償アップグレードが 7月末までということに加えて、Windows Up date でも可能とりましたね。
 現在は、Windows 7 を使用していて、特に不自由はないし、別マシンで、Windows 8 を使用して、使い勝手の悪さに辟易していたのでアップグレードは敬遠していました。
 ただ、いずれWin.7 がサポート中止になったときには、PCの買い替えとか、有償アップグレードが必要となるのでと、Win.10 に、アップグレードしました。


続きはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2016-06-04 15:53 | IT備忘録 | Trackback

日銀のマイナス金利導入の是非

 日本銀行がマイナス金利政策を導入してから3ヶ月がたちました。
 マイナス金利導入に機を併せた様に、円高が進み株価も低迷し、銀行の貸し出しも顕著な増加は見られないと、マイナス金利導入失敗論が姦しくなっている様です。
 日銀の金融政策は手詰まりとなったことが明らかになったとの声も増えていますね。
 一方、黒田総裁は、マイナス金利政策はまだ奥があると、手詰まり論を否定しておられます。
 はたして日銀のマイナス金利導入は間違いだ、日本の金融政策は手詰まりだと、今の時点で断じてよいのでしょうか。


続きはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2016-05-16 01:13 | 気になる話 | Trackback

鴻海はシャープのホワイトナイトか

 シャープの再建を巡り、官民ファンドの産業革新機構と、鴻海(ホンハイ)精密工業との支援競合を経て、鴻海との合意があった後、鴻海から値切り交渉が勃発するという異常事態が発生しましたが、出資は約1千億円減の3888億円で落着し最終調印されました。
 いろいろな評価がなされていますが、ひとつは、シャープ経営陣の無能な交渉で鴻海に上手く買いたたかれたというもの。二つ目は、シャープ経営陣にとっては、産業革新機構に比べ、保身が可能な鴻海案がホワイトナイトの様に見えたと言うもの。三つ目は、少し論点は変わりますが、鴻海の脱中国の世界戦略に呑み込まれたと言うもの。
 そもそもが、事実上経営破たんし、支援を仰がねばならなくなったのですから、経営陣が無能であったことは、事実が証明しているのですが、この期に及んでも、良きパートナーを得て云々と、今後も経営に携わる様なのんきな発言をしているシャープの経営陣には、これでは破綻して当然と開いた口が塞がりません!


続きはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2016-04-03 22:52 | 企業改革 | Trackback

トランプ政権が誕生したら 大手シンクタンク研究員の予測

 米・大統領選挙で、共和党のトランプ氏への支持が、失速するどころか勢いが止まりません。
 病める米国の姿が露呈されているのですが、この勢いで彼が大統領に選ばれてしまったらどうなるのか。ワシントンの民主党系大手シンクタンクのブルッキングス研究所上級研究員で米国政治研究が専門のフィリップ・ワラック氏が、三つのパターンを予測しています。



続きはこちら。
[PR]
# by yuji_oga | 2016-03-14 01:07 | 気になる話 | Trackback