同一労働・同一賃金は、日本で導入できるのか

 アベノミクスの第3の矢が、経済の構造改革により活力を生み出すべき政策でなければならないのですが、薬のネット販売や、カジノの誘致といった、思いつきで、経済基盤にまでは影響を及ぼさないものを目玉に謳う、パフォーマンスが続き、アベノミクスそのものの行きづまり感を呈してしまっています。
 TPPの導入に伴い、少子高齢化し人口減が止まらない日本市場を、参加国と繋ぎ、パイを拡大することこそが、日本の経済構造改革の契機となり、各分野で戦略を練る(製造業の国内回帰、農水産物のブランド化による輸出等々)ことが肝要なのですが、安倍内閣は、アベノミクスの第2ステージとして「一億総活躍社会」なる意味不明(具体策不明)のスローガンを打ち出しています。第3の矢の行きづまりを打開しようと努力していることはうかがえますが、内容は走りながら考えるというものですね。
 そして、その具体的な施策の柱のひとつにしたいということで、安倍首相が、2月23日に開いた「一億総活躍国民会議」で自ら指示したのが、「同一労働。同一賃金」の健闘指示。
 共産党社会のソ連経済が何故破綻したのか、中国の国有企業が、何故今改革が求められているのか、日本経済はお上が統制する共産主義経済でもなく、他方、欧米の様に能力主義が浸透した構造の経済でもないなかで、世界の両陣営が「セイムワーク・セイムペイ」を標準としているからと言うだけで日本に導入してそぐわしいものか、また掛け声だけの迷走に終わらない様、検討が「否定」の答申も含めて、地に足をつけて行われることが望まれます。



続きはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2016-02-29 02:19 | 人口減少 | Trackback

同一労働・同一賃金は、日本で導入できるのか

 アベノミクスの第3の矢が、経済の構造改革により活力を生み出すべき政策でなければなら野ですが、薬のネット販売や、カジノの誘致といった、思いつきで、経済基盤にまでは影響を及ぼさないものを目玉に謳う、パフォーマンスが続き、アベノミクスそのものの行きづまり感を呈してしまっています。
 TPPの導入に伴い、少子高齢化し人口減が止まらない日本市場を、参加国と繋ぎ、パイを拡大することこそが、日本の経済構造改革の契機となり、各分野で戦略を練る(製造業の国内回帰、農水産物のブランド化による輸出等々)ことが肝要なのですが、安倍内閣は、アベノミクスの第2ステージとして「一億総活躍社会」なる意味不明(具体策不明)のスローガンを打ち出しています。第3の矢の行きづまりを打開しようと努力していることはうかがえますが、内容は走りながら考えるというものですね。
 そして、その具体的な施策の柱のひとつにしたいということで、安倍首相が、2月23日に開いた「一億総活躍国民会議」で自ら指示したのが、「同一労働。同一賃金」の健闘指示。
 共産党社会のソ連経済が何故破綻したのか、中国の国有企業が、何故今改革が求められているのか、日本経済はお上が統制する共産主義経済でもなく、他方、欧米の様に能力主義が浸透した構造の経済でもないなかで、世界の両陣営が「セイムワーク・セイムペイ」を標準としているからと言うだけで日本に導入してそぐわしいものか、また掛け声だけの迷走に終わらない様、検討が「否定」の答申も含めて、地に足をつけて行われることが望まれます。



続きはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2016-02-29 02:19 | 人口減少 | Trackback

同一労働・同一賃金は、日本で導入できるのか

 アベノミクスの第3の矢が、経済の構造改革により活力を生み出すべき政策でなければなら野ですが、薬のネット販売や、カジノの誘致といった、思いつきで、経済基盤にまでは影響を及ぼさないものを目玉に謳う、パフォーマンスが続き、アベノミクスそのものの行きづまり感を呈してしまっています。
 TPPの導入に伴い、少子高齢化し人口減が止まらない日本市場を、参加国と繋ぎ、パイを拡大することこそが、日本の経済構造改革の契機となり、各分野で戦略を練る(製造業の国内回帰、農水産物のブランド化による輸出等々)ことが肝要なのですが、安倍内閣は、アベノミクスの第2ステージとして「一億総活躍社会」なる意味不明(具体策不明)のスローガンを打ち出しています。第3の矢の行きづまりを打開しようと努力していることはうかがえますが、内容は走りながら考えるというものですね。
 そして、その具体的な施策の柱のひとつにしたいということで、安倍首相が、2月23日に開いた「一億総活躍国民会議」で自ら指示したのが、「同一労働。同一賃金」の健闘指示。
 共産党社会のソ連経済が何故破綻したのか、中国の国有企業が、何故今改革が求められているのか、日本経済はお上が統制する共産主義経済でもなく、他方、欧米の様に能力主義が浸透した構造の経済でもないなかで、世界の両陣営が「セイムワーク・セイムペイ」を標準としているからと言うだけで日本に導入してそぐわしいものか、また掛け声だけの迷走に終わらない様、検討が「否定」の答申も含めて、地に足をつけて行われることが望まれます。



続きはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2016-02-29 02:18 | 人口減少 | Trackback

同一労働・同一賃金は、日本で導入できるのか

 アベノミクスの第3の矢が、経済の構造改革により活力を生み出すべき政策でなければなら野ですが、薬のネット販売や、カジノの誘致といった、思いつきで、経済基盤にまでは影響を及ぼさないものを目玉に謳う、パフォーマンスが続き、アベノミクスそのものの行きづまり感を呈してしまっています。
 TPPの導入に伴い、少子高齢化し人口減が止まらない日本市場を、参加国と繋ぎ、パイを拡大することこそが、日本の経済構造改革の契機となり、各分野で戦略を練る(製造業の国内回帰、農水産物のブランド化による輸出等々)ことが肝要なのですが、安倍内閣は、アベノミクスの第2ステージとして「一億総活躍社会」なる意味不明(具体策不明)のスローガンを打ち出しています。第3の矢の行きづまりを打開しようと努力していることはうかがえますが、内容は走りながら考えるというものですね。
 そして、その具体的な施策の柱のひとつにしたいということで、安倍首相が、2月23日に開いた「一億総活躍国民会議」で自ら指示したのが、「同一労働。同一賃金」の健闘指示。
 共産党社会のソ連経済が何故破綻したのか、中国の国有企業が、何故今改革が求められているのか、日本経済はお上が統制する共産主義経済でもなく、他方、欧米の様に能力主義が浸透した構造の経済でもないなかで、世界の両陣営が「セイムワーク・セイムペイ」を標準としているからと言うだけで日本に導入してそぐわしいものか、また掛け声だけの迷走に終わらない様、検討が「否定」の答申も含めて、地に足をつけて行われることが望まれます。



続きはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2016-02-29 02:18 | 人口減少 | Trackback

化粧品、おむつ 国内生産回帰

 春節で来日した中国からの観光客。今年は、従来の「爆買い」から、「体験型」への変遷が顕著との報道が多く見られましたね。

 インターネット購入が出来る事、景気減速対策で資本流出を防ぎたいことから、「銀聯カード」を使って海外で外貨を引き出す際の上限額の設定が行われるなど、来日観光客の消費動向の変化がみられるのですね。

 しかしながら、日本製品の品質を評価し、購入する外国人は、来日客に限らず増えていて、化粧品や日用品メーカーは増産を計画しているのだそうですが、これまでの海外での拠点作りではなく、国内生産への回帰が見られるのだそうです。


つづきはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2016-02-14 23:59 | 企業改革 | Trackback

日本海のメタンハイドレートにようやく政府が眼を向け始めた?

 日本の国産エネルギー資源として注目されているメテンハイドレート。日本近海での存在が知られ、開発が注目されていますが、太平洋側と日本海側とでその資源の状態が異なり、日本海側のものが表層型と言われ、深層にある太平洋側のものに比べ安価で埋蔵量も多いと言われている(青山繁晴氏)にも関わらず、太平洋側の開発が優先されていました。
 ところが、今朝(1/24)の読売の記事では、経産省が「日本海側などで新たに771か所確認した」と発表し、日本海側の資源に目を向けるようになった様です。


つづきはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2016-01-25 01:30 | 気になる話 | Trackback

農家は自主的にコメを作れることを証明 TPPはチャンスだと

 国の減反政策に逆らい、裁判を起こし仲間とコメを作り続け、集荷を受け付けない農協に、「ピンチはチャンス」と直販を始め、農家は自主的にコメをつくれることを証明した、大潟村あきたこまち生産者協会の社長・涌井徹氏は、TPPはチャンスとばかり、東北の6つの農業生産法人と「東日本コメ産業生産者連合会」を立ち上げ、耕作放棄地を集約し、農機や肥料の共同購入を進めることでコストダウンを図ると同時に、直販やコメ加工による高付加価値化も進め、農家に利益をもたらすチャレンジに取り組んでおられるのだそうです。

 民主党政権が、その政策の乏しさで日本を沈没させかけた時、国民の多くが政権を自民党に戻し、自民党はアベノミクスで沈没を防ぎ、日本を復活させる方向に向かわせました。

 ところが、金融政策の第一の矢、第二の矢までは効果を発揮しましたが、経済基盤の改革、成長力の復活を産み出すべき第三の矢は、薬のネット販売だとか、カジノの誘致だとか、経済基盤の改革には程遠い目先の話題性だけの政策しか出て来ず、期待に沿うものが打ち出されてきていませんでした。

 それを自覚している安倍政権は、「地方創生」とか、「1億総活躍」とかスローガンを次々に打ち出していますが、具体策に欠け、経済成長の復活には程遠いというのが現状です。


 

続きはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2016-01-04 01:22 | 食の安全保障 | Trackback

「ただの葉っぱがお金になる」は、今や次の奇跡に向け歩み始めている

 「ただの葉っぱがお金になる」  近所の山の落葉を、おばあちゃんたちが集めて、ICTを活用して売って稼ぐ。メディアで幾度も報道され、有名になっていましたね。
 国内市場シェアを席巻した今、更なる飛躍に向けて、世界進出への歩みを始めているのだそうです。攻めのTPP活用で、他の農産物にも共通するところもある様です。


つづきはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2015-12-28 02:31 | 企業改革 | Trackback

ユネスコは日本で批判の的

 ユネスコは戦後日本が最初に加盟した国際機関なのだそうですね。
 教育、科学、文化を通じ、国同士の協力を深め、平和を実現するという高邁な理念。国中が加盟に熱狂したのだと。
 近年は、世界遺産事業への登録で、盛り上がっていました。ただ、一口に世界遺産といっても、種類があります。
 世界遺産条約にもとずく「世界遺産」は、文化遺産、自然遺産、複合遺産の3種類。
 世界遺産 - Wikipedia

 その他、ユネスコ総会で採択された無形文化遺産保護条約にもとずく「(世界)無形文化遺産」、ユネスコ世界記録遺産国際諮問委員会によって選定される「世界記憶遺産」、国連食糧農業機関が認定する「世界農業遺産」、
世界ジオパークネットワーク が認定する「ジオパーク(地質遺産)」などがあるのですね。
 それらへの登録認定騒動が、毎年のように繰り返されています。世界遺産の指定の主旨は何なのか、観光客誘致という誤った目的で認定申請していないか。騒動への問いかけの声が高まっているのも事実です。
 そうした中で、国家間の争いに政治利用すると言う、全く趣旨に逆行するケースが生じています。
 世界文化遺産に日本が登録申請した、「明治日本の産業革命遺産」については、韓国がクレームをつけ、日韓で論戦・協議がなされましたが、日本外交の歴史に残る失政で、第二の「河野談話」として後世に禍根を残しました。
 また、「世界記憶遺産」への中国による「南京大虐殺の文書」の申請・登録では、議論もなされず、申請内容(事実かどうかの証拠等)の詳細はいまだに公開されていない状況です。


続きはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2015-11-30 00:52 | 雑その他 | Trackback

米鉄道会社に官民ファンドが出資 高速鉄道受注を目指す

 インドネシアの高速鉄道建設では、日本の油断もあったのでしょうが。中国に逆転受注獲得されました。

 国内の需要減で大幅な生産能力余剰を抱えている中国は、在庫処分や生産設備稼働確保の為、「一帯一路」構想のもと、海外のインフラ需要の取り込みを進めていて、少子高齢化と人口減に伴う国内需要減を補う為、海外市場での需要を取り込もうとする日本とは、随所で競合していますね。

 コストや納期で分が悪い日本ですが、もう一つ、国の関与の点でも、自由主義の日本と、共産党独裁の中国では大きな差がありますね。

 国策として即断・即決で受注獲得を優先する中国と、民間が主役となる為、利益確保が優先の日本。競争すれば、当然日本が不利になります。

 ところが、日本にも官民ファンド「海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)」という組織が、2014年10月に発足していたのだそうで、米国の高速鉄道事業受注に向け、投資活動を始めたようです。



つづきはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2015-11-23 01:39 | 雑その他 | Trackback