人気ブログランキング |

少子高齢化で人口減の日本市場 保険・銀行の金融業界はアジア市場に活路を拓く

 少子高齢化で人口減の日本市場。金融業界の保険・銀行はアジア市場に活路を拓くべく進出を進めているのですね。
 日本の保険会社は、「生保レディー」と呼ばれた営業職員が会社や自宅を訪問する昭和のスティルで、地縁血縁が色濃く残るミャンマーへの進出を競い、邦銀は、将来、日本を超える経済規模に達するとの予測もあるインドネシアで「現地化」を着々と進め、勢力圏固め。
 邦銀を迎え撃つシンガポール勢は、東南アジアで独自に進化したキャッシュレス決済で対抗。

 世界が注目する成長市場のアジア。成長を求めて進出する日本の金融企業は、アジア市場の成長に乗れるのでしょうか。

 

つづきはこちら
# by yuji_oga | 2019-05-05 17:28 | 人口減少 | Trackback

日米貿易交渉始動 米側は早期決着を目指す

 4月15、16日 ワシントンで日米貿易交渉の初会合が開催され、26日の日米首脳会談でも話題にのぼり、冒頭、トランプ大統領は、日本との貿易交渉は「とても早く進められる」と述べ、5月下旬の訪日時にも最終合意したいとの考えを示しました。「日本は農産品に非常に大きな関税をかけている」とも指摘し、撤廃や引き下げを求めました。

 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)や日本と欧州連合(EU)が結んだ経済連携協定(EPA)の枠外に置かれることとなっている米国は、牛肉他の農産物で他国との競争力を失っており、大刀慮選挙に向け、支持をとりつける為、早期決着させたいトランプ政権の事情が背景にあるのですね。


続きはこちら
# by yuji_oga | 2019-04-29 03:35 | 気になる話 | Trackback

郭台銘、総統選出馬で揺れる鴻海とシャープの命運

 電子機器の受託製造サービス(EMS)世界最大手である台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘(テリー・ゴウ)董事長(68)が2019年4月17日に、2020年1月の総統選に出馬する意向を正式表明しました。
 幼少期を過ごした台北郊外の板橋の道教寺院「慈恵宮」に祭られる台湾で有名な海の女神「媽祖(まそ)」が夢に現れ、立候補するよう告げられたというのです。
 中台米日の4カ国にまたがり事業を展開する鴻海精密工業の董事長職をなげうってでも総統選に出馬する決意をされた「真意」は、「故郷」中国に貢献したいという思いがあるからだろうと解説するのは、シャープ出身の中田行彦立命館アジア太平洋大学名誉教授。


続きはこちら
# by yuji_oga | 2019-04-22 05:22 | 気になる話 | Trackback

「平成」の30年、なぜ日本はこれほど凋落したのか

 新元号が、ひと月前になってようやく発表されます。
 せっかくの生前退位なのに、学者の固執で、変化に対応できず、国民生活を無視した発表です。メディア新元号云々と煽っていますが、メディアに携わる面々は、評論や解説が生業ですから、うんちくを垂れる時間が長いほど飯の種になる。
 しかし、経済活動の前線にいる多くの国民は、改元に関する作業は効率的に行って、本業への影響を削減してほしい。
 それでも、新天皇が新元号を発表すべきなどとのたまう学者を、政府がなんとか説得して、1ヶ月前まで繰り上げたし、我々一般国民の多くが天皇を敬う意識があり、収まっている。

 平成時代はどんな時代だったかと、姦しい。
 「平成」の30年、なぜ日本はこれほど凋落したのかと解説している記事に出会いました。
 
 明治維新や戦後の日本人は、時代の大きな変化に柔軟に対応していくことが得意な人たちで、日本を世界で伍す国に変革させた。
 にも関わらず、平成の時代に凋落したのは何故か!



続きはこちら
# by yuji_oga | 2019-04-01 03:47 | 気になる話 | Trackback

スマホ解約 3社比較

 たまたまスマートフォンの解約を、3社同時にする羽目になりました。
 関連各社の対応は差があり、特にイオンモバイルの解約が大きく不便で、ユーザー側への負担を大きく求めていました。
 独身の契約者が突然死し、遺族としての解約手続きという条件があるとはいえ、社風が顕れている様でした。

 

つづきはこちら
# by yuji_oga | 2019-03-29 21:20 | 雑その他 | Trackback

経産省 日本の大学からの先端技術流出防止管理体制強化方針

 米中の貿易戦争は、米国の対中貿易収支赤字に留まらず、先端馬術情報の流出や、軍事覇権争いにまで発展していることは、諸兄がご承知の通りです。
 その中で、大学が米国や中国との共同研究を進める中で、米国の技術が中国等第三国へ流出するのを防ぐ為の管理体制を強化する方針を、経産省が固めているのだそうです。

 米国は中国を念頭に置いて、AIなど14分野の先端技術を輸出規制の対象にする方針を示しており、海外の大学や企業であっても、米国発の先端技術を第三国に拡散させた場合に制裁を科す規制を持っていて、それに合わせた対応を講じる必要がある為の措置。


続きはこちら
# by yuji_oga | 2019-03-25 02:02 | 情報セキュリィティ | Trackback

「大阪ダブル選」珍百景 政策なき野合の維新包囲網

 大阪府の松井一郎知事と、大阪市の吉村洋文市長が、知事と市長を入れ替えて立候補する「大阪ダブル選挙」が注目されています。
 関東にいますので、ほとんどのオールドメディアやそこに出てくる評論家・コメンテータの類や、書かれている記事や評論は、寄って集って維新バッシングです。
 更に、大阪では、180度政策が異なる自民党と共産党が手を組むという話がまことしやかに報じられていると言う、信じられない話が報じられています。
 その野合には、政策の欠片もなく、政局しかない、府民・市民無視の、議員の自己保身優先の姿しか見えません。
 メディアも、多勢に乗る輩ばかりです。
 まるで日本の近隣の国々の様に、風に吹かれた様に、一斉に同じ方向に流される、危険な状況に見えます。
 関西人は、人に流されない反骨精神があると誇りにしていましたが、いまどきの関西人は長いものにまかれる気質に変わってしまったのでしょうか。



続きはこちら
# by yuji_oga | 2019-03-18 03:46 | 気になる話 | Trackback

中国企業、ドル調達に苦戦 外貨調達を支援か、自然淘汰容認か、難しい選択に直面

 中国企業がドルの調達に苦戦しているのだそうです。 ドル建て社債の発行金利が、1年前(5.6%)に比べ2%も上昇しているのです。更に、満期までの平均期間も短縮。企業にとっては、高い金利を支払っても以前より短期間の資金手当てしかできないことになっているのです。 

続きはこちら
# by yuji_oga | 2019-02-18 02:29 | 気になる話 | Trackback

韓国海軍は日本を敵国とみているのか

 韓国海軍の駆逐艦から、石川県能登半島沖の海上で通常の警戒監視活動をしていた海上自衛隊のP1哨戒機に、火器管制用レーダーを照射されました。
 2013年1月、中国海軍のフリゲート艦が尖閣諸島沖で海自護衛艦などに火器管制用レーダーを照射したことがありました。
 これと同等の行為に及んだ韓国海軍は、日本を敵国とみていると言えます。
 韓国政府とはことなり冷静な軍は、日米韓の連携重視とされていましたが、軍艦旗の掲揚でトラブルが生じた様に、文在寅政権下では、反日行動が見られる様になっています。
 産経社説が、「反日行動がこれ以上続けば、韓国と友好関係を保つことは難しい」と指摘していますが、見え透いたウソで言い逃れようとしている姿は、世界からも特異かつ異常な国とみられることでしょう。



つづきはこちら
# by yuji_oga | 2018-12-24 03:52 | 気になる話 | Trackback

カナダ・ケベック州議会選挙で、移民受け入れ削減を掲げた野党が勝利

 カナダ東部ケベック州で10月に行われた州議会議員選挙で、州で受け入れる移民を2割削減し、州公用語のフランス語の試験を課すことなどを公約に掲げた新興政党「ケベック未来連合(CAQ)」が勝利したのだそうです。
 カナダは伝統的に移民受け入れには寛容な国。トルドー政権は今年10月、移民の年間受け入れ枠を2021年までに31万人から35万人に引き上げる方針を発表していました。
 しかし、カナダの民間調査機関が8月に公表した世論調査結果では、受け入れ数を「減らすべきだ」は49%に上り、「現状維持」の31%を大幅に上回った。4年前に別の団体が行った調査では、逆に「現状維持」が「減らすべきだ」を13ポイント上回っており、移民に対する感情の変化が見られているのだそうです。。


続きはこちら
# by yuji_oga | 2018-12-10 01:55 | 人手不足 | Trackback