営業秘密(不正競争防止法)も法改正

ブックマークレット知財Awareness - 増大する知的財産権の「犯罪リスク」 - 不正競争防止法改正における刑罰規定強化の方向性

 個人情報保護と共に、企業にとって漏洩を防止しなくてはならないものに、営業秘密(知的財産)があります。
 情報セキュリィティ管理システムとして、技術的には共通の部分が多く、一括して進めるべきだと考えますが、犯罪が高度化しつつ増えているという背景とはいえ、法律を作る方も、コンプライアンスを実行する方もきりが無くなりそうですね。

 ITの新規需要が増えるかも知れませんが、企業のコスト増もバカになりませんね。
[PR]
by yuji_oga | 2005-01-30 17:20 | 情報セキュリィティ | Trackback
トラックバックURL : https://yujioga.exblog.jp/tb/1875262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 聯想(レノボ)とIBMの取引に... 【続】電線ネット >>