2018年 10月 29日 ( 1 )

安倍首相の訪中 真の狙いはもしかして

 日本の首相として約7年ぶりに公式訪中を果たした安倍首相。その成果については、諸説ありますね。
 米中貿易摩擦で苦境に立つ習近平が、手のひらをかえして対日接近し、日米同盟に亀裂を生じさせようとする狙いに、あえて乗った安倍首相の真の狙いは何だったのか。
 表面上は、金融協力や、「一帯一路」への協力が目立ち、ODAの終了は成果とはいえ、新たな日中共同間第三国支援に姿を変えただけともみえなくはない。
 中国に利はあっても、日本には成果の少ない訪中だったというのが、YUU2の印象です。
 しかし、ふと気づいたのが、共青団派の李克強首相の動きと安倍首相の対応。
 先ず、李克強首相が来日し、安倍首相が訪中、習近平と首脳会談。
 しかし、訪中時の安倍首相の発言は、「日中両国の関係は今まさに新たな段階へと移りつつある。李克強首相とともに関係を大きく前進させていきたい」でした。

 中国の今日の世界第二位のGDPを誇る経済大国にたどり着いた発端は、鄧小平の改革開放経済政策。その手本とされたのが、戦後の目覚ましい経済成長を遂げ、米国に次ぐGDPを達成した日本。
 胡耀邦が鄧小平の下で改革開放経済政策を推進し、共青団派が今日も継承していることは、諸兄がご承知の通り。胡錦濤、李克強へと引き継がれてきました。



続きはこちら
[PR]
by yuji_oga | 2018-10-29 05:17 | 気になる話 | Trackback