純国産自然エネルギーの水力発電 既存ダムの活用で1350億kWの電力量が増やせる

 電話の発明で知られているグラハム・ベルがの明治31年(1898年)に来日し、「日本は豊かな水力エネルギーを保有している」「日本は水力発電で発展する」と演説したのだそうです。
 日本列島は平均すると68%が山地で、しかも列島の北海道から九州まで中央を脊梁山脈が走っている。太平洋側、日本海側を問わず、全ての土地が均等に川という水流のエネルギーに恵まれている。そして、雨の多い気候。雨と山岳地帯は自然が日本に与えてくれた恵みで、雨を水流というエネルギーに変えてくれる。
 元国土交通省河川局長の竹村氏は、山岳地帯のダムで貯めることで、ダムに貯められた雨水は石油に等しく、ダム湖は国産の油田ようにもみえると。


続きはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2018-08-13 04:18 | 気になる話 | Trackback

ソニーはサムスンの足元にも及ばない

 かつて世界の製造業の先頭を走り、高度経済成長を遂げていた日本の製造業。
 それは、米国流の大量生産によるコストダウンで多くのユーザーの購買を可能にしマーケットを拡大する製造の時代から、顧客のニーズに合わせたきめ細かな商品を生産・販売する日本流のきめ細かさによりなしえられていました。
 その日本の製造業が、いまや韓国勢、中国勢によってその地位を追われ凋落著しい状況となっています。
 市場競争で追いつかれた、当初の原因は安価な人件費での組み立てによる低価格が原因でした。その時代には、高品質・高付加価値で一定の分野に勝つ道を見だしていましたが、白物家電あたりから、韓国、中国勢のほうが日本よりマーケティング力が上回り、プロダクトアウトの過剰品質ではない、顧客ニーズに沿った品質と価格での品ぞろえが出来るようになり、今日の日本の製造業の凋落に至っています。

 そしてその敗因は、いまだに自覚が無い様子です。日本の製造業が世界のトップレベルになって以後入社した幹部が、トップのプライドだけ身に着けて、顧客ニーズ(その昔は、ニーズの一歩前を先取りするシーズという言葉が流行ったこともありました。)の探求をなおざりにしている様です。
 サムスンとソニーを比較して指摘している記事がありました。


続きはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2018-08-06 02:49 | 気になる話 | Trackback

不況造船に「神風」 「モーダルシフト」が進みフェリー特需

 国内造船業に「神風」が吹いているのだそうです。
 運転手不足を背景に物流をトラックから船に切り替える「モーダルシフト」が進み、受け皿となるフェリーの新造が相次いでいて、世界的な需要減と中国・韓国勢との価格競争で厳しい状況に追い込まれた国内造船業に特需が生じているのだそうです。


続きはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2018-07-23 01:25 | 気になる話 | Trackback

トランプ大統領の輸入増税 国内経済への影響は

 トランプ大統領が連発している輸入関税の増税。これまでに発動された比較的小規模な関税による米経済にもたらす影響が出はじめている様です。
 未だ小規模なものの影響なのかどうか、関税の幅広い影響を見極めるのが難しいことも明らかになってきていると報じているのは、米紙・WSJ。


続きはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2018-06-25 03:12 | 気になる話 | Trackback

在庫が底をつく大人気の国産ウィスキー

 日本産ウイスキーの人気のあるブランドの在庫は尽き、販売中止が続出しているのだそうです。
 今日のヒット商品が蒸留されて樽に詰められた21世紀初頭の予想をはるかに上回るペースで飲まれていることが原因。今回の原酒不足から学べる真の教訓は、あちこちの日本企業で埋もれたり隠されたままになっていたりする、と市場ストラテジストらは指摘しているのだと。

  

続きはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2018-05-28 18:13 | 企業改革 | Trackback

米中貿易協議 共同声明の発表は異例の1日遅れ

 米中両国は19日、ワシントンで17~18日に開いた貿易協議の共同声明を発表して「米国の対中貿易赤字を減らすため、中国が米国のモノとサービスの輸入を大幅に増やすことで合意した」と表明しました。
 共同声明の発表は協議終了から異例の1日遅れとなったことが示す通り、「中国が米国のモノとサービスの輸入を大幅に増やすことで合意した」と表明したものの、米国が検討する対中制裁の撤回には触れておらず、両国は具体策を取りまとめるため、米国が中国に代表団を派遣して再協議することとなり、世界経済には引き続き米中両国の「貿易戦争」の懸念が残っている状況です。


続きはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2018-05-21 02:55 | 気になる話 | Trackback

米中貿易協議 共同声明の発表は異例の1日遅れ

 米中両国は19日、ワシントンで17~18日に開いた貿易協議の共同声明を発表して「米国の対中貿易赤字を減らすため、中国が米国のモノとサービスの輸入を大幅に増やすことで合意した」と表明しました。
 共同声明の発表は協議終了から異例の1日遅れとなったことが示す通り、「中国が米国のモノとサービスの輸入を大幅に増やすことで合意した」と表明したものの、米国が検討する対中制裁の撤回には触れておらず、両国は具体策を取りまとめるため、米国が中国に代表団を派遣して再協議することとなり、世界経済には引き続き米中両国の「貿易戦争」の懸念が残っている状況です。


続きはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2018-05-21 02:55 | 気になる話 | Trackback

米中貿易協議 共同声明の発表は異例の1日遅れ

 米中両国は19日、ワシントンで17~18日に開いた貿易協議の共同声明を発表して「米国の対中貿易赤字を減らすため、中国が米国のモノとサービスの輸入を大幅に増やすことで合意した」と表明しました。
 共同声明の発表は協議終了から異例の1日遅れとなったことが示す通り、「中国が米国のモノとサービスの輸入を大幅に増やすことで合意した」と表明したものの、米国が検討する対中制裁の撤回には触れておらず、両国は具体策を取りまとめるため、米国が中国に代表団を派遣して再協議することとなり、世界経済には引き続き米中両国の「貿易戦争」の懸念が残っている状況です。


続きはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2018-05-21 02:55 | 気になる話 | Trackback

米中貿易協議 共同声明の発表は異例の1日遅れ

 米中両国は19日、ワシントンで17~18日に開いた貿易協議の共同声明を発表して「米国の対中貿易赤字を減らすため、中国が米国のモノとサービスの輸入を大幅に増やすことで合意した」と表明しました。
 共同声明の発表は協議終了から異例の1日遅れとなったことが示す通り、「中国が米国のモノとサービスの輸入を大幅に増やすことで合意した」と表明したものの、米国が検討する対中制裁の撤回には触れておらず、両国は具体策を取りまとめるため、米国が中国に代表団を派遣して再協議することとなり、世界経済には引き続き米中両国の「貿易戦争」の懸念が残っている状況です。


続きはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2018-05-21 02:55 | 気になる話 | Trackback

米中貿易協議 共同声明の発表は異例の1日遅れ

 米中両国は19日、ワシントンで17~18日に開いた貿易協議の共同声明を発表して「米国の対中貿易赤字を減らすため、中国が米国のモノとサービスの輸入を大幅に増やすことで合意した」と表明しました。
 共同声明の発表は協議終了から異例の1日遅れとなったことが示す通り、「中国が米国のモノとサービスの輸入を大幅に増やすことで合意した」と表明したものの、米国が検討する対中制裁の撤回には触れておらず、両国は具体策を取りまとめるため、米国が中国に代表団を派遣して再協議することとなり、世界経済には引き続き米中両国の「貿易戦争」の懸念が残っている状況です。


続きはこちら
[PR]
# by yuji_oga | 2018-05-21 02:55 | 気になる話 | Trackback