<   2018年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

平成の30年間は、インターネットの進化・変革の時代だった

 平成が残り1年4ヶ月で終わることになりました。30年余りを振り返るには、1年早いのですが、日経がインターネットの進化で大きく変化し、いままでの10年、20年はネットの中の進化の話だった。これからは技術がすべての分野を侵食すると分析しています。
 インターネットが普及し始めた頃は、「ドッグイヤー」と言う言葉がはびこりましたが、近年、革新的な新技術の登場は見られませんでした。
 しかし、インターネット使用が広まり進化する中で、情報の受け手だった個人は情報の発信側に回る大きな変化が生じた。ネットには情報格差をなくし物事をフラットにする力があるとのこと。
 多数の情報源からの情報収集が可能となり、情報発信も多くのツールで迅速に可能となった。
 デジタル世代が大人になったこれからは、人と人をつなぐ力が強まり、見知らぬ人同士が取引するシェア経済が台頭し、人工知能(AI)のマッチング機能がかつてない出会いを促す。危うさを秘めながらネットの膨張は止まらないと説くのは、村山恵一・日本経済新聞編集委員兼論説委員

 


続きはこちら
[PR]
by yuji_oga | 2018-01-06 16:46 | IT備忘録 | Trackback